<食からひもとく世界4-①>一思い通りのおいしさに変身する雑穀たちの秘密発見! 

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

食からひもとく世界 連載4-1

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの
小さな気づきがいつしか、この世界のしくみを
知ることとつながっていました。

 

 

私の手で、生命エネルギーを思うように扱える楽しさ。

 

その結果を予測する楽しさ。

 

エネ ルギーに満ちた言葉に表せない「うまさ!」 を
口にした時の全身が小躍りするような満足感!

その幸せを分かち合う歓び、伝えます。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

思い通りのおいしさに変身する雑穀たちの秘密発見!

 

大谷 ゆみこ

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

日本では粉にして団子粉として食べられてきた高キビを、
粒のま ま炊いてみたら、まるで挽肉色。

 

 

遊び心でアレンジしてみたら、
おいしくて臭みのないハンバーグや
ミートボールになりました。

 

 

金時豆と合わせてお粥状に炊いてみたら、
大好きだったチリコンカンも作れて大満足。

 

 

3月号で紹介したチャパティーを素揚げして作る
熱々プーリーとの相性抜群です。

 

 

不思議だなあと思いながら、次々と色々な雑穀で、
私が好きだった現代食メニューを作る遊びをはじめました。

 

 

白身魚の味も卵の味もたらこのおいしさも、
カスタードクリームもマヨネーズも、
どんな味も作れる秘密に、ある時気がついたのです。

 

 

そのきっかけは、穀物が太陽の光の結晶だということを
知ったことからです。

 

 

(つづく)

 

1/3

 

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/