節約したい人、高級食材がおすすめ!

こんにちは、
つぶつぶ総店長池田義彦です。

 

今日は節約のため、高級食材を買う

といった一見矛盾したテーマをお届けします。

 

20代前半、
旅が大好きだった私は

 

旅行資金を貯めるために、
節約に取り組んでいました。

 

今思えば結構しんどかったです。

 

かっこいい服を買いたい欲求
美味しいものを食べたい欲求
お酒を飲みたい欲求
友達と遊びたい欲求

 

そんな欲求達との戦いでした。

 

でも、
なかなかうまくいかないんです。

 

きっと、
意思がよわいんでしょうね。
どーしても、何かやりたくなっちゃうんです。

 

理由をつけては

『久しぶりに知人に会ったから飲みに行く!』

『頑張ったからご褒美』

『まあ、たまにはいいか』

 

なかなかうまく節約できないものだと思いながら、
チャレンジは続きました。

 

完全に我慢はできないから、
そこは、少し妥協して、安いものを探しました。

 

スーパーのチラシ、
お得プラン、
クーポン券、
ディスカウントストア、
などなど

 

入念にチェックして、
節約に結びつけました。

 

欲求のなかでも食べたい欲求は大きかったので、
安いお店リストを常に持っていました。

 

大食いだったので、
お得に食べ放題情報とかも
よく利用しました。

 

そんな私が
ある日、大自然のドキュメンタリー映画を
みたことがきっかけで

『自然に即した食材』

に価値観が変わっていったのです。

 

お金じゃない!
食べるものでカラダはできているのだから、
カラダに喜ぶ食べ物を取り入れよう!

 

同時に、
エコロジーにも目覚め始め、
地球に優しい素材を選ぼう!

 

当然、
日に日に食費が上がって行きました。

 

でも、不思議なもので、
安いものリストを持ち歩いていた私が

カラダにいいし、
地球に優しいから仕方ないよなと
思えるようになっていくのです。

 

この変化ぶりには、
周りもビックリしていましたが、
私自身が一番驚いていました。

 

変化したとはいえ、
かつて根付かせた節約精神は
そう簡単には消えません。

 

主婦の気持ちはよ〜くわかります。

その視点に立ち返り、
冷静に食費を計算し直してみたのです。

 

そうしたら、
すごく寂しい気持ちが
こみ上げてきたのです。

 

なぜなら・・・

『この食事を続けるのためには
富裕層じゃないと難しいのではないか?』

 

そんな疑問が沸き起こり始め、

いつしか、
矛盾を抱き、
やるせない気持ちになったからです。

 

心のこもった自然栽培の食材を
知れば知るほど葛藤は大きくなっていきました。

 

地球にいい農法
体にいい食べ物
は確かに自然栽培のものがいい

 

でも、高い!

 

結局、お金がない人は始められないから、
農薬まみれの安い食材を
食べないといけない。

 

そんな食材が出回る世の中の構造をどう立て直すのか?

地球に優しい農業は広がってほしい!

 

そんな問題をどう解決すればいいのか?
と頭を抱えました。

 

そんな頃です。

つぶつぶグランマゆみこに出会いました。

 

そして、

なんと、
悩みは一気に解決したのです。

 

本気で節約するポイントは、
高級食材を買うことだったのだ!
と気づいけたのです。

 

これは、
一見矛盾することなのですが・・・・

彼女は言いました。

 

”米俵1俵は大人1年間で消費する量!
基本それを中心に食べていたら、
何も心配することはない!”

 

『えっ!それでいいの?』

『あれも、これも食べなくていいんだぁ〜』

 

じゃあ

例え、高級な自然栽培の米や野菜

一般的には高くて手が届かない
伝統調味料を使っても
使用量が少ないから、家計を圧迫しない

 

それどころか
かなりの節約になる。

 

私はそのことを未来食セミナーで
聞いた時、正直、始めは信じられませんでした。

 

でも、講義が進むにつれて
そのことを深く納得し、
実践してみよう!とまで思えるようになったのです。

 

ここで、あなたと一緒に、
考えてみたいと思います。

 

つぶつぶグランマゆみこはこう提案していました。

 

穀物70%

野菜・海藻20%

嗜好品10% 種子や木の実、豆、酒、

それを元に、1ヶ月(1人分)の家計簿を作ってみました。

米   6000円

五穀  5877円

味噌  1280円

塩    430円

醤油   210円

沢庵   435円

野菜   4000円

海藻   250円

昆布   250円

合計  18,732円

 

自炊している方、
1人あたりの都市部での平均食費は25,000円ということです。

 

どうでしょう?
かなりの節約が可能なのです。

 

しかも、
カラダに優しい本物の食材を使ってです。

 

体調は抜群!
気力・体力は右肩上がり、
病院に行くことも少なくなります。

 

実践して、こんなことにも気づきました。

 

なんと、

『間食したい欲求が消えるのです。』

自然に即した食べ物をカラダに取り込むと、
カラダが満たされて、
他の食べ物を求めなくなったのです。

 

さらに、
信じられないかもしれませんが、

なんと、20kgも痩せたのです。

いわゆる健康体になりました。

 

この体験を通じて
かつて抱えていた悩みがふっとんでいきました。

これなら、富裕層だけじゃなく、
かなり多くの人達が始められる。

 

地球にもカラダにも優しく、

そして、
節約家さん達もよろこぶことでしょう。

 

『お財布にも優しい!』

これこそ究極の節約術

これほど幸せなことはありません。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

次回は

”2歳、4歳がなぜ?料理をやり続けるのか”

についてです。

 

 

つぶつぶ総店長
池田 義彦

 

 

PS

つぶつぶ(雑穀)の料理教室やってます。
↓ ↓ ↓
https://tubutubu-cooking.jp/

私が受講した未来食セミナーはこちら
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp

 

 

PPS

今日のおまけコーナー!

◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 vol.23 ◆◇◆

『お祝いをしよう』

 

仕事が成功した日
家族で協力しあえた日
結婚記念日
誕生日
などいつもよりちょっぴり特別な日にお祝いしましょう。

 

食卓には

よくやったね。
頑張ったね
ありがとう。
感謝している。

 

モチベーションが上がる言葉が飛び交い

 

笑顔、
涙、
暖かさ、

普段よりもちょっぴり輝いた雰囲気になります。

 

祝い日を計画した時から
なんだかワクワクします。

 

いつも以上に想像が広がり、
エネルギーが高まります。

 

幸せいっぱいで、楽しくて仕方ないのに、
気づくと力がつきます。
経験値がアップします。

家族関係もよくなります。
明るく、活気が溢れます。

 

いいことたくさん

これぞ男のキッチン美学