skip to Main Content
未来食つぶつぶ 公式ブログ

レトルトより冷凍食品より効率的で合理的な愛情たっぷりの食事

未来食で

健康と経済と心の自由をまとめて叶え、
輝く私を楽しむ日々を手に入れた仲間たちの
様々な取り組みを紹介しています。

京都で活躍するつぶつぶマザーちづさんの体験談を紹介します。

愛情たっぷりの手料理が良いとわかっていても、
仕事、家事、子育ての現実にあっては
スピード、合理性が大事。

でもその二つは両立しないものだと諦めていたちづさん。
ところが、未来食は、その二つが叶う食の技だったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つぶつぶマザーちづ です。

未来食から和語レッスンへ学びをすすめたことで
元々好きだった自分の名前がさらに大好きになり、
シンプルな呼び名で活動しています。

東京は浅草、仲見世で生まれ育ちました。
商売を営む実母の料理はスピード&シンプル。
その母を支える祖母の丁寧な手仕事との
両方に触れて育ちました。

母の料理も好きだけれど、時間に追われるように
困りながら作っているイメージがあり、
今にして思えばこの時代に、
料理は大変なもの、と印象づけられたんですね。

一方で、祖母を手伝って毎年のおせち料理を
作るのは大好きで、手間をかけてもこだわって
作るのがいいのだと、高校時代には割と
マニアックな感じで料理にハマりました。

妹の遠足に、手作りのいなり寿司弁当を作ったり、
生地からシュークリームを焼いたりしたのもこの時です。

当時の愛読書は「non-noお料理百科」。
百科事典のような料理指南書です。
ご存じの方、いらっしゃいますか?

大学を卒業し、サービス業を志して企業内給食事業を
管理する会社に就職しました。

有名テーマパークや大手企業の社員食堂を支える食の技は、
衛生的、合理的な面を最重要視した
「コックレスクッキング」だと知り、
諸事情やむなしという理解の一方で、
寂しさも感じました。

続いて結婚してからは幼児教育の講師に転職。
ここでは逆に「お母さんの愛情手料理」を薦め、
中でも「穀物菜食」を指導しました。

具だくさんの味噌汁とごはん、
手作りおやつという理想の食が、
子どもの心と能力を育てると信じながら・・・

自分でも出産し、仕事も家事も子育てもしながらでは
そんなの無理、理想は理想。現実とは違う。

と、はなから諦めていました。

こんな風に

料理好きだった自分は、余裕のある特別なヒト。
理想の食は存在するけれど、実現するのはムリ。

と信じこんでいた私が、

毎日の食卓を生み出すのにとった解決策はまさに
コックレスクッキングの発想でした。

テーブルに乗るのは「◎◎の素」や
レトルト食品を駆使したスピード料理。
お惣菜を買って食べたり、冷凍食品だけ、
ということも日常茶飯事でした。

体にはよくないだろうな、でも今のところ大丈夫。
本当は手作りがいいに決まってるんだけどな。

考えれば考えるほど体は縮こまり、
逃げるように適当に済ませてしまう毎日。

罪悪感をごまかすように、食品の裏の表示を見ては
カタカナが少ないものを探しました。

どれを買っていいか、結局判断ができないので、
1つの買い物に30分以上かかったこともありました。

お隣のママが手作りおやつをお裾分けしてくれる度に、
喜ぶ反面、自己否定をこじらせました。

妥協と自己嫌悪、逆恨み、無力感。

そんな私の目の前に現れた
未来食つぶつぶは、

理想の食事が実践の技という現実の服を
着てやってきたようなもの!

そんなに都合のいい食事があるの!?
というのが第一印象でした。

セミナーの受講費用は、自己投資をよしと
していた当時の私にとっても、
決断には少々勇気のいるものでした。

3歳の娘を1日中どうしよう?
という悩みもありました。
(同居の義母には言い出せなかったので)

それでも、
レシピ本を見よう見まねでつくってみた
高キビミートボールづくりが楽しかったことと、
ここには何かがある!と直感した自分を
信じてみたい気持ちが勝って受講を決意。

3歳の娘は高速バスデビューをし、
早朝から実家にまる1日娘を預けて
早稲田のセミナールームへ向かいました。

つぶつぶを学び、実践してきて分かったのは、
私がずっと「両方はありえない」と思い込んできた
理想と現実が、当たり前に両立するのだということです。

人間と食、その成り立ちという
自然界のルールのもとでは、

丁寧にこだわって料理を楽しむこともできるし、
毎日パパっと健康的に食べることもできる。

今では、料理や食を通して身につけてきた
この思い込みが、実は自分自身の思考全般や
生き方にも反映されていたことが分かり、

食でこれを解除できたように、意識も変えられる!
という魅力にハマり、

こんなに都合がよい食はないし、
こんなにお得な食もない!

と自信をもって、伝える活動を楽しみながら、
まだまだ進化の余地のある自分自身も楽しんでいます。

人生120年時代。50代になった私でもまだ折り返し前!
理想は理想と諦めるのには早すぎますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちづさんの料理教室はこちらです。
京都つぶつぶキッチンHarmony

6ヶ月で人生を劇的に変える
食リセット・プログラム「未来食セミナー」

自身や家族に体の不調があって食生活を改善したい、世間にあふれる食情報や現代食に対する違和感がある、そのようなお悩みはありませんか?

未来食セミナーでは、人のカラダの仕組みにあった「食べもの」を選ぶ明確な判断基準、そして健康を守る「おいしい食べ方」をお伝えしています。未来食を知り、実践することで心と体の悩みがスルスル解消!あなたの体と心が、家族が、そして、あなたを取り巻く世界が変わります。

ぜひリンク先より未来食について、より詳しい情報をご覧ください。
未来食セミナー公式サイト »

 

365日、毎朝レシピをお届け!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
オススメ!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」をもっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!

つぶつぶは

  1. 私たちが雑穀につけた愛称
  2. 雑穀が主役のビーガン食スタイル「未来食」のこと
  3. 生命のルールにかなう生き方の提案
  4. 私たちフウ未来生活研究所の多彩な活動の愛称
Back To Top