雑穀・ヒエからカスタード?

icon_sweets

きのうの、驚きの「高キビチョコレート」に続き、

今日もつぶつぶミラクルスイーツを紹介します!

 

今回は「カスタードクリーム」。

 

主役は、なんと「ヒエ粉」。

ヒエ粉はとってもクリーミーなので、

豆乳などを使わなくてもクリームができちゃうんです!

 

そのまま食べてもいいし、

タルトやパイに入れても美味しいんですよ♪

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

雑穀菜食である『つぶつぶ』は、スイーツにも雑穀を使います。

日本生まれの雑穀「ヒエ」を粉にした「ヒエ粉」は、

ミルキーなコクと風味のある粉です。

 

つぶつぶでは、この「ヒエ粉」を使ってカスタードをつくります。

 

ここで、ちまたのカスタードとつぶつぶ流カスタードの

材料を詳しく比較してみましょう。

 

<一般の手作りカスタードの主な材料>

卵、砂糖、牛乳、薄力粉、バニラエッセンス、バター

 

<☆つぶつぶ流カスタードの主な材料☆>

ヒエ粉、りんごジュース、自然塩

 

ヒエは寒さに強い作物なので、

雑穀の中でいちばん体を温めるパワーがあります。

また、現代食に不足しがちな食物繊維や、亜鉛、マンガンなどの

微量栄養素が多く含まれています。

 

つぶつぶ流カスタードは、つぶつぶ(雑穀)の粉でできていて、

プルンとおいしいから「つぶプルクリーム」と呼んでいます。
ヒエ粉のカスタードクリーム

●つぶプルクリーム

 

ヒエカスタードのアワ粉ミルクレープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●クレープと重ねると、ミルクレープが完成!

 

 

 

>他のスイーツを見る

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

甘いものを、好きなだけ食べて、

 

やせる!

体があたたまる!

お肌がキレイになる!

 

そんな奇跡を実現するのが、

つぶつぶミラクルスイーツ。

 

 

 

未来食セミナーのセカンドステップ「Scene2」では、

この、つぶつぶミラクルスイーツ術をたっぷり学ぶことができます。
> 未来食セミナーScene2詳細