skip to Main Content
未来食つぶつぶ 公式ブログ

「自分のためにお金を使えない」「子どもを置いて家を空けることに罪悪感がある」の解決法

未来食で
健康と経済と心の自由をまとめて叶え、
輝く私を楽しむ日々を手に入れた仲間たちの
様々な取り組みを紹介しています。

「自分のためにお金を使えない」
「子どもを置いて家を空けることに罪悪感がある」

そんな女性は少なくありません。

未来食つぶつぶを学び実践するプロセスで
そんな罪悪感を手放せた!という
宮城県白石市のつぶつぶ料理コーチ
木村郁子さんの体験談をご紹介します。

(郁子さんと、つぶつぶマザー伊藤信子さんのインスタライブをもとに
伊藤信子さんにまとめていただきました。)

専業主婦の私は、自分のためにお金をつかえない

専業主婦の私が、自分の学びのためにお金を遣うのは
夫に申し訳ないと思っていました。

未来食セミナーを受講したい気持ちはあったけれど、
金銭的にも時間的にも厳しいと、半ば諦めていたのです。

それでも、学びたい!変わりたい!という気持ちを抑えきれずに、
毎回ギリギリのタイミングで夫に相談してみたら、
意外とすんなりOKをもらえて拍子抜け!

未来食セミナーを受講後、
東京に毎月料理を学びに行っていたある日、
夫からこんな風に言われました。

「(私が作る)料理が本当においしくなったし、
何より妻がイキイキしている姿を目の当たりにして
“俺が”投資してよかったなぁ」

言われてハッとしました。
自分のためだけの学びと思っていましたが、
私が行動したことによって家族にとっても
良い循環になっていたのだと気づいたのです。

そういえば、未来食セミナーを受講するきっかけとなった
長女のアトピー性皮膚炎も、
未来食セミナーScene3の受講後には
すっかり綺麗になっていました。

もっと家族を信頼していい!

家を空けることに対しても、
なかなか罪悪感を手放せずにいました。

はじめの頃は、私が不在中の家族の食事も全部用意して、
朝早くの出発でも、洗濯物を干したり
家事をしてから出かけていたんです。
そして、学びが終わるとサッサと帰宅。

でもあるとき、
「この頑張りは不要なんじゃないか?」と思って、
少しずつ家族にお願いできるようになりました。

今では、私が食事を用意していかなくても、
夫と子どもたちで楽しく工夫して食べていたり、
洗濯も干すだけでなく、畳むところまでやってくれたりしています。

今思えば、「私が全部やらないと」と躍起になって、
家族に対して期待や信頼をしていなかったのだなぁと、
申し訳なく思います。

最近では、日帰りの研修だけど泊まってきたいなぁと思い、
思い切って夫に話してみたら、
「ゆっくりしてきな〜」と快諾してもらえ、
2歳の次女が生まれてから初めて一人で外泊しました。

以前だったら、相談する前から、
「どうせダメって反対されるに違いない」と諦めていたし、
その反面、「察して欲しい」と勝手に被害妄想に陥って
言い出せずにいるうちに、
そのモヤモヤが溜まって爆発してしまうこともあったのです。

今では素直に話せるようになって、
夫も「(それを実現するには)こうしたらいいんじゃない?」と
冷静に建設的な意見を言ってくれるのでありがたいです。

自己投資をして私が成長すると、家族も成長する

未来食セミナーScene1、2、3と受ける度に、
思考と行動が軽やかになって、
思い込みを一つずつ解放してきたんだなぁとしみじみ思います。

もし未来食セミナーを受講していなかったら、
食や身体に信頼が持てないまま、
子どもの食で悩み、
自分の身体は不健康で脆いものだと悲観していたと思います。

自己投資をして本当によかった!
自分への投資が家族の幸せの循環にもつながりました。
もっともっと早くにこの学びに出会いたかった!

お金や子どものことで受講を悩んでる過去の私に戻れるとしたら、
「その悶々とした時間がもったいない!」と喝を入れたいです。

 

365日、毎朝レシピをお届け!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
オススメ!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」をもっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!

つぶつぶは

  1. 私たちが雑穀につけた愛称
  2. 雑穀が主役のビーガン食スタイル「未来食」のこと
  3. 生命のルールにかなう生き方の提案
  4. 私たちフウ未来生活研究所の多彩な活動の愛称
Back To Top