skip to Main Content
未来食つぶつぶ 公式ブログ

治病食で病気は治ったけれど、一生続けていくのは嫌でした

未来食で
健康と経済と心の自由をまとめて叶え、
輝く私を楽しむ日々を手に入れた仲間たちの
様々な取り組みを紹介しています。

千葉県でつぶつぶ料理コーチとして活動する有馬裕香さんの
食転換のきっかけは、ご主人の病気でした。

病気は治ったものの、治療のための味気ない食事を
一生続けていくのはイヤ。

そして出会った未来食は、
おいしいと健康を、同時に叶えてくれるものでした。

裕香さんの体験談を紹介します。

夜遊び大好き!外食三昧だった私が、毎日手料理

学生の頃から夜遊び大好き、外食三昧でした。
週末には夜な夜な友人たちと飲み歩き、
テキーラをあおり、クラブで踊り、
家には朝方ほとんど寝に帰る生活でした。

タバコも吸っていました。
それは社会人になってからも、
結婚してからも変わりませんでした。

ところが、結婚して1年目で、
夫の腎臓にガンが見つかり、
人生が一変しました。

手術や治療食の甲斐あってか
夫のガンは落ち着きましたが、

今度は、普段の食事を
どうしたらいいのかわからなくなりました。

味気ない治療食を一生続けていくのは嫌でした。

健康食ジプシーとなり
生野菜をたくさん食べ、
スムージーや野菜ジュースを飲み、
お肉は食べない、でもスイーツはやめない・・・

タンパク質が心配だから大豆製品をたくさん食べる、
減塩して油は控えめ・・・
色々頑張っているけれど冷え性、生理痛は治らない。

そんな時に出会った未来食。

しっかり塩を入れ、
きちんと調味料を揃えて、
レシピ通りに作ったごはんの
美味しいことに驚きました。

気がつくと、あまり外食しなくなっていました。
味にうるさい長男が、給食をやめてお弁当にしたいと言い出しました。

夫は元気で健康診断等も特に問題がありません。
私は平熱が1度上がって冷え性や生理痛が改善。

食の不安や疑問を解消するための時間を
自分たちのやりたいことに使えるようになり、
念願の移住も叶いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

裕香さんご家族は、2014年に東京から千葉に移住し
セルフリノベーションした古民家での暮らしを楽しんでいます。

さらに詳しい裕香さんの体験談はこちら
裕香さんの料理教室はこちらです。
アイランドキッチン つぶつぶ雑穀料理教室

 

365日、毎朝レシピをお届け!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
オススメ!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」をもっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!

つぶつぶは

  1. 私たちが雑穀につけた愛称
  2. 雑穀が主役のビーガン食スタイル「未来食」のこと
  3. 生命のルールにかなう生き方の提案
  4. 私たちフウ未来生活研究所の多彩な活動の愛称
Back To Top