skip to Main Content

不健康をつくる一番の原因から抜け出そう

*この投稿は未来食創始者 大谷ゆみこ公式ブログ「輝いて生きる 〜食と生き方のレシピ〜」の過去記事を編集して掲載しています。

大谷ゆみこ
未来食創始者 大谷ゆみこ


生きている

というのは、
存在としてトータルなものです。

私は、どんな人でも、
必ず死ぬのになぜ生きているのかな
という疑問を、考えていました。

自分がいなくなるってどういうことかなとか、
年をとることへの不安。
誰でも持っている悩みがある。

でも、その中でわかったのは、

自分は健康だと思って、
健康なように生きていくという人と、

自分には〇〇が足りなくて、
この体はとてももろくて弱い
と思っている人がいるということ。

後者は何か特別なことをしないと、
体は壊れると思っている人が多くて、

その思いや不安や恐怖心が
病気の一番の原因だってわかったんですよ。

だから、まずその意識を変える。
体を信じること

この体のおおもとは、
この宇宙を動かしているものと同じ。

日本には春夏秋冬があって、
冬には空から、雪が降る。

それも全部水になって溶けて消えてしまって、
乾いたら何の跡形も残さない。

冬の雪も春になれば必ず溶ける。

自然界って、
本当に美しく循環している。

自然

その宇宙がつくった私だから、
最高性能にできているんですよね。

さらに、体を養うためのシステム。

パンダがいればパンダの食料があり、
シマウマがいればシマウマの食料があるように、

動物と食料は、
最初からセットになっている。
後からできたんじゃない。

人間が存在した途端に食料がある。
そんな風に考えていくと、
この世界は、相当すばらしいシステムって、
実は一瞬でできたんじゃないかなと。

そのシステムの輪の中で、
人生を遊びなさい、
楽しみなさいと宇宙から言われている。

どう食べるかというよりは、
もう体はちゃんと覚えている。

心臓は自分で動かしていますか、
血液の流れを自分で考えていますか、
肺での呼吸量を自分で決めていますか。

そんなことを考えなくても
体は健康でいられるように動いてくれている。

とてもよく、
最高に動いているところに意識を向けないで、
ちょっとの問題にばかり向かっている。

そのことに食を通じて、
まず気がついて自分の体を信頼することから
本当の「生きる」がスタートします。


大谷ゆみこ
 大谷ゆみこ

未来食創始者
株式会社フウ未来生活研究所 CEO

1982年から生命のルールに沿ったおいしい「料理のデザイン」と ワクワク弾む「心のデザイン」という分野を開拓し、先駆的な活動を続けている。雑穀が主役の健康をもたらすおいしい食システム「未来食」を提唱。つぶつぶクッキングとして3000レシピ以上を創作。1995年に誕生した「未来食セミナー」のプログラムと「つぶつぶ料理教室」を全国展開し、日本各地の何千という人々に家族ぐるみの健康と幸せのスキルを伝え続けている。

暮らしの拠点は広葉樹林と七色の雑穀畑に囲まれた「未来食ライフラボ/いのちのアトリエ@山形」
日本ベジタリアンアワード第1回ビーガン賞、第2回大賞、第3回料理家グループ賞。日本で2人目で女性初の日本ベジタリアン学会認定マイスター。日本ベジタリアン学会理事。

『オトナ女子は人生を”食”で奏でる』『未来食7つのキーフード』『野菜だけ?』『つぶつぶクッキングSTARTBOOK』など著書多数。
プロフィール詳細はこちら »

\日本人として凛と生きる/
未来食創始者大谷ゆみこのYouTubeチャンネルで無料動画配信中♪
YouTube「大谷ゆみこー輝いて生きる! !」

大谷ゆみこ公式ブログ「輝いて生きる 〜食と生き方のレシピ〜」

大谷ゆみこFacebook
*「セミナー受講しました」とメッセージを添えて友達リクエストしてください。

 

LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」を
もっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!
オススメ!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」をもっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!
Back To Top