大人の理屈は通じない【前編】‏

 

●キッチンからはじめる私革新●

つぶつぶメルマガ 食のちから

 

~ 2016 年 3月 25日(金)~

 

こんにちは。

つぶつぶナビゲーター

郷田優気です。

 

 

今日は、生まれてきた赤ちゃんが

どんな風に考えたり、感じて、生きているのか?

ちょっと、考えてみたいと思います。

 

よく、

 

・・・赤ちゃんに考えなんてない、

・・・子供だからわからない、

といって、大人は子供を子供として扱いますね。

 

でも、ここでちょっと、

自分が、子供だった時を思い出してください。

 

自分の覚えている限りでは、

どんな記憶があるでしょう。

 

自分の体験も思い出しながら、

読んでいってくださいね。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

つぶつぶde楽ちん子育て

大人の理屈は通じない【前編】

つぶつぶグランマゆみこ

(大谷 ゆみこ)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

子育てって、

大変なもの…

そう思っていませんか?

 

大変な子育て…

に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!

その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは

↓ ↓ ↓

http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

 

 生物脳を

 しっかり育てる

 

゜+.——゜+.——゜+.——

 

yuyuchan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胎児期から3才までの赤ちゃんの脳は、

生命全体との一体感の中にいて

自他の区別がない状態です。

 

 

無意識状態で

 

愛と光と歓喜に満たされています。

 

 

お腹の中では自分の成長過程での刺激や、

お母さんの意識や

外から聞こえる声等の刺激を受けて

少しずつ五感と脳をつないでいます。

 

 

 

生まれる時の産道を通った経験、

 

空気の世界に飛び出してきた瞬間の空気が入って来て

アー、アーと声を出す経験、

 

お母さんの声、家族の声、

 

お母さんの肌の温もり、

 

おっぱいが入って来る時のおいしい感動、

 

手が自分を世話してくれる時の心地よさ、

 

だんだん光が見えて来る経験、

 

笑顔をするとまわり中が喜ぶ経験、

 

自分の体を触り、泣き、体を動かし、

 

起き上がり、見えるものを触ってみる、

 

 

 

そのすべてのプロセスが無意識下で

 

五感と脳の回路がつながっていきます。

 

 

この頃までは、「生物脳」という

生命体を自動的に育み成長させるための

脳主体で生きています。

 

 

つづく。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

 

まずは、生まれた直後の赤ちゃん。

 

自分のことは、思い出せないけれど、

 

それでも、誰かが育ててくれたから、

 

今、ここに、生きていますね。

 

 

 

明日は、

 

「体を動かしたい、

触りたい!」

 

3ヶ月~1歳ころの

子供の気持ちを

お届けします。

 

 

お楽しみに。

 

 

つぶつぶナビゲーター

郷田 優気

 

p.s.

リアルタイムで情報を受け取りたいあなたへ!

—————-《メルマガ登録歓迎!》————–

↓↓登録はこちらから↓↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

———————————————————–

メルマガ読者様限定情報もお見逃しなく。