skip to Main Content
未来食つぶつぶ 公式ブログ

つぶつぶで過度の減塩生活から抜け出せました。

*この投稿はつぶつぶマザー佐々木眞知子さんのブログ過去記事より一部編集して掲載しています。

こんばんは。
つぶつぶマザーの佐々木眞知子です。

今日は、私のつぶつぶと出会っての大きな変化の一つ、
過度の減塩生活から抜け出せたことをお伝えします。

つぶつぶ生活10年の私ですが、
それまでは、実は減塩生活をしていました。

きっかけは、15歳の中学3年の夏、
急性腎炎になり、1ヶ月入院生活をしたことです。

それまでは、全く塩分は意識しないで食事をしていた私は、
入院生活で出された食事を食べたことにより、
「健康食=塩味の薄いもの」というイメージが刷り込まれました。

さらにドクターからは、塩分はできるだけ控えるように言われたのです。

その後も、栄養学も学びましたが、減塩食信仰は持ち続けました。

以来、つぶつぶに出会うまでの長い間、
ずーっと塩に対するイメージは良くなくて、恐怖心すら持っていました。

時々、体が味の濃いものを欲するときもあり、
食べては、罪悪感を抱き、
そのあとは、さらに塩分を取らないように気を付けて調節していました。

脳への刷り込みが大きかった分、
本当の体の声が聞こえなくなってしまったのでした。

なので、心から、
「あ~美味しい!!」という食事をしてこなかったと思います。

当時の私は、体は冷え、いつも手足は冷たく、むくみもあり、
性格的にもネガティブで、覇気のない日々を過ごしていました。

そんな私を変えてくれたのが、
「つぶつぶ未来食」つぶつぶグランマゆみことの出会いでした。

目からウロコの真実に驚き、「塩」に対するイメージが一変しました。

そのことにより意識が変わり、長年の減塩味覚も、難なく変えられ、
しっかりと「ほんものの塩」を効かせた料理を
とても美味しく感じられるようになりました。

腑に落ち、心から納得すると、体が受け入れるという感覚がありました。

「塩」が恐怖心から信頼感へと変わり、
何度も「あ~美味しい!!」という体験を積み重ねてきました。

過度の減塩生活から抜け出せた現在の私は、
温かい体と前向き思考のパワフルに動き回れる体力を手に入れました。

そんなミラクルの体験もお伝えしたく、つぶつぶマザーになりました。

岩手県岩泉町で雑穀栽培をしながら、つぶつぶ雑穀料理教室を開催中。つぶつぶマザー佐々木眞知子さんのブログはこちら
https://ameblo.jp/tubutubu-zakkoku-kogawa/

 

6ヶ月で人生を劇的に変える
食リセット・プログラム「未来食セミナー」

自身や家族に体の不調があって食生活を改善したい、世間にあふれる食情報や現代食に対する違和感がある、そのようなお悩みはありませんか?

未来食セミナーでは、人のカラダの仕組みにあった「食べもの」を選ぶ明確な判断基準、そして健康を守る「おいしい食べ方」をお伝えしています。未来食を知り、実践することで心と体の悩みがスルスル解消!あなたの体と心が、家族が、そして、あなたを取り巻く世界が変わります。

ぜひリンク先より未来食について、より詳しい情報をご覧ください。
未来食セミナー公式サイト »

 

365日、毎朝レシピをお届け!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
オススメ!
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」をもっと知りたい、学んでみたい方、まずはこちらからぜひ!

つぶつぶは

  1. 私たちが雑穀につけた愛称
  2. 雑穀が主役のビーガン食スタイル「未来食」のこと
  3. 生命のルールにかなう生き方の提案
  4. 私たちフウ未来生活研究所の多彩な活動の愛称
Back To Top