skip to Main Content

寒暖差で体調が悪くなったときに、知っておきたい処方箋。

*この投稿は未来食つぶつぶ「食の力」メルマガの記事を一部編集して掲載しています。


こんばんは。
つぶつぶ料理教室オーガナイザー優気です。

一気に肌寒くなってきましたね。
寒暖差で体調が悪くなる人が増えています。

しっかりと、カラダを温める食べものにシフトして、夏型の食生活を切り替えていきましょう。とくに、秋のフルーツの食べ過ぎは冬の冷え性につながりますので要注意を。

この季節、カラダを温める食べもの

  • お味噌汁(本醸造の味噌を使用のもの)
  • 梅干し(自然海塩を使用、添加物不使用のもの)
  • 梅しょう番茶
  • きんぴらごぼう
  • ネギ味噌

などなど、、、

反対にカラダを冷やす食べもの

  • 夏野菜(トマト、なす、ピーマン、ジャガイモなどナス科の植物)
    → 味噌煮などで緩和できる。
  • 果物(旬を少し味わう。食べ過ぎると冷える。)
    → 煮たり、雑穀と組み合わせて陰性緩和できる。
  • コーヒー
  • お豆腐や豆乳
  • 白砂糖

などなど、、、

食べものは食べ方で陰陽中和することができますが、
まずは、冷える食べものを少なくするだけで
寒くなった時期の冷えや、トイレの回数が激減します。

そして、体を温める食べものを積極的に食べると体がポカポカ、喜びます。

参考にしてみてくださいね。

つぶつぶ料理教室オーガナイザー優気
https://www.facebook.com/yuki.gota/

 

LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」を学んでみたい方はこちらもぜひ↓
LINE 友だち募集中!
食の健康情報、ヴィーガン簡単レシピ、その他さまざまお役立ち情報をLINEタイムラインで投稿しております。
友だち追加
日本生まれの和ヴィーガン「未来食つぶつぶ」を学んでみたい方はこちらもぜひ↓
Back To Top