井戸の呼び水

yumiko_blogicon01

あなたは

 

「このままの食生活やばいかも?」

「健康な食生活に切り替えたい・・・」

 

と思ったことはありますか。

 

きっと、

一度はあると思います。

 

でも、

「だけど・・・???」と、

立ちすくんでいませんか。

 

1.何から始めればいいのかわからない?

2.情報が多すぎて何を信じたらいいのかわからない?

 

これが、あなたの本音ではないでしょうか。

 

例えば、

「減塩で健康に!」と、「塩をちゃんと取りましょう」

という正反対の2つの情報があります。

 

「水をたくさん飲んで血液を浄化しましょう」、という情報と

「水は冷えるのであまり飲まない方がいい」という正反対の情報があります。

 

「サプリメントで健康に」、という情報が氾濫する中で、

「サプリメントは有害」という情報があります。

 

相反する情報が、どちらも自然食という名前で語られていますが、

両方を満たす行為は存在しません。

 

一歩踏み出そうとして調べ始め、

自然食の知識や情報が増えれば増えるほど

迷いが増えて、立ちすくむ。

 

そんなジレンマの中にいるのは
あなただけではありません。

 

わたしも、30年前に同じ混乱の中にいました。

 

そして、対処不能の矛盾した現実は、

現在までどんどんエスカレートしているのを見て来ました。

 

残念なことに常識化している自然食の知識や情報のほとんどが、

効果がないか、逆効果のものだという衝撃的な事実を知ったのです。

 

そして、あるとき気がついたのです。

 

自分のいのちを健康に運営するための知識を

外に求めることにそもそもの問題があったことに。

 

植物の種には、どういう時期に芽を出し、

どう根を伸ばし、どう芽を出して、

どんな栄養を吸収してどんな形に成長していくかの

青写真と知恵が最初からインプットされています。

 

動物の赤ちゃんは、

生まれてからすぐに自分が何をすればいいか解っています。

何が食べもので、何が食べものでないか解っています。

 

高等動物と自称する人間は、それ以上の知恵を内蔵して

生まれてくるはずだと閃いたのです。

 

人間が病気を持っているのは、

そして、それが加速されているのは、

「外の情報」に振り回されたり、

「知識」で自分の中にある本来の判断力や知恵を

封じ込めているからです。

 

わたしは、この気づきと、

日々の実践から生まれたおいしいつぶつぶ手料理のおかげで、

自分の中に内蔵されている知恵の泉のふたを開けることができました。

 

そして、迷いや恐れや不安から自由になって、

年々高まる体力、気力、を感じながら確信を持って

日々生きられる様になりました。

 

それを伝えるために「未来食」という本を出版し

「未来食セミナー」を開始して18年になります。

 

あなたはすっかり忘れてしまっていますが、

あなたの中には、

最初からインプットされている知恵の井戸、泉があります。

 

未来食セミナーScene1は、

その井戸、泉から水をくみ出すための呼び水

として働くセミナーです。

 

だから、1日で大きな効果を得ることができるのです。

 

たくさんの人がセミナーを受講して、

コンコンと湧き出す自分の中の井戸から

知恵をくみ出して生き始めています。

 

ゆるぎない知恵で生きる自由と

家族ぐるみの健康と幸せを謳歌しています。

 

知らないでいるのはもったいないのです。

 

その日を境に人生が変わるセミナーです。

 

あなたが、本物の健康、幸せを求めているなら、

一歩踏み出してみませんか。

 

 

半年ぶりに私が講師での東京での開催です。

 

12月21日、新しいめぐりがはじまる冬至前日という

エネルギーの高まっているこの日、

今年中に、あなたの中の知恵の泉を開きましょう。

 

食の知恵だけでなく、

生きる知恵がまるごと開きます。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ