2014年つぶつぶ研修生募集開始!先輩からのメッセージ

2014年つぶつぶ研修生の募集を開始しました。

募集枠は2名、2014年4月〜スタートです。

> 研修生募集について詳しくはこちら

 

研修生に興味がある、どうしようか迷っているあなたに、

先輩研修生からのメッセージを送ります。

 

 

murakami

 

 

 

 

 

 

 

 

村上 可奈子さん(現在つぶつぶカフェスタッフ)

 

こんにちは、つぶつぶマザー村上可奈子です。

私は2011年10月~2013年8月まで山形いのちのアトリエで研修をしました。

 

311をきっかけに「未来食セミナーScene1」を受講。

セミナー後「放射能はこわくない。問題は311以前の自分の生き方だった」ということに気づき、

仕事を辞め研修生になり「つぶつぶ料理をきちんと骨から学ぼう!」と料理に没頭。

料理の野菜切一つでレシピを何度も見直し、火にかけてはレシピを見る。という非効率な自分が

美味しく楽しく料理できるようになりました!!

 

口角を上げて笑っている人がうらやましかったのが、

ほほ肉が柔らかくなり口角が上がって笑顔が得意に!!

 

自然の森の匂いがとっても甘く、日々の空の青、雲の流れ、形、

自然の緑の変化を目の当たりにして日々に感動!!

 

冬は寒そうでどうしよう?!と思っていたのが、

降っても降っても止まない雪をかき分けながら歩くと体がポカポカ!

薪を絶やさないための薪積みでさらに温まる。

自然に調和した暮らしって凄い!

 

些細なひとつひとつの経験を味わっていくと同時に、

ぎこちなかった家族との対話が依然よりスムーズにできるようになりました!

 

つぶつぶ料理を楽しんでいるうちに、人を好きになり、出会いがご馳走になり、

料理を堪能することができるようになりました。

 

つぶつぶ暮らしを満喫しましよう!

 

 

 

 

ikedamiho

池田 美保さん(現在つぶつぶカフェ非常勤スタッフ)

 

ゆみこの内弟子になり私にとって一番良かったことは、なんでも挑戦させてくれたことです。

大学は2年で退学した私ですが、つぶつぶでの学びは

大学よりぜーったいおもしろかったです。

机の上の勉強よりも現実感、達成感があって毎日ドキドキ、わくわく。

小さな目標、小さな達成感の積み重ねで、少しずつ自信がついていきました。

さらに、必要のないプライドもなくなってありのままの素直な自分が見えてきました。

素の自分探しと自分磨きの3年間を経て今は、つぶつぶ総店長池田義彦さんと結婚。

かわいい、娘2人に恵まれて幸せつぶつぶ家族生活です。

これからは、つぶつぶマザーになってよりパワフルに大暴れしちゃおうと夢を持って活動中。

 

 

 

 

北畠 清美さん(2013年より研修中)

 

すべての人、物、ことを受け止めて感謝すること。

これが大きく自分の中で変わりつつあることです。

常に上を求め続ける癖で目の前の現実を見ないで逃げ、理想に走っていました。

優劣をつけ、自分より上か下か判断するという癖が小学校からついていました。

学級委員長などリーダーにつくこと、テストで上位成績を残して認められることが

自分の存在意義になっていました。

「ちゃんと、正しく」の誤った正義感を振りかざして、周囲にばらまいていました。

研修に来てからよくハテナな言動、行動をしてしまうのも、

ちゃんとやろうを意識しすぎて変に出て来てしまった結果だとも分かりました。

もっと気持ちを楽に持って、なんでもOKという心を持つようにします。

まだまだ私は発展途上です。ようやく自身の課題と向き合うことができました。

これからどんな変身を遂げるのか、ワクワクします。

 

 

 

 

橋ヶ谷 風花さん(2013年より研修中)

 

信頼できる人や食べ物、大自然に囲まれたクリアで居心地のよい暮らしの中で、

いろいろなことと「向き合う」ようになりました。
まず自分と。そして人と、自然と、食べ物と・・・など。
今まで自分の現実に言い訳をしたり、人との衝突を恐れて当たり障りのない関係性を保ったり、

無意識のうちにいろいろなことから逃げていました。
自分の嫌なところも好きなところも知って認めて愛することで、

新しい自分をたくさん発見することができました。
また、学生時代の悩みの種だった体調不良ともおさらばでき、元気でタフな自分になれたこと。
そして、リンゴの皮も剥けなかった私が

人に美味しいと言ってもらえる料理が作れるようになったことは本当に嬉しいです。