女びらき!

小袖ドレスファッションショー&パーティ

Kimono Inovation Kosode Cllection & Party

2019年4月7(日)

10:00-17:00

限定50席

IN 京都 〜旧暦上巳の節供の日に〜

17:30〜19:00 懇親会

会場:MUMOKUTEKIホール(京都市)

翌日4月8日(月)は

貸切バスで京都市内を探索!

※写真は1/23に開催した小袖ドレスファッションショーIN東京の会場です。

*京都府在住の方は会員登録不要!

>>まずはこちらをご確認ください

申込み締め切りまで

DAYS
HOURS
MINUTES
SECONDS

時間

あと

※定員に達し次第、申込受付は終了となります。

丸々一日

日本女性が一番アグレッシブだった

安土桃山時代の庶民のファッションを

現代に合わせてアレンジした

小袖ドレスのエネルギーに包まれて

 

舞台に立ってスポットライトを浴びることで 

あなたの中の真のセルフイメージが開かれます。

 

参加者全員が小袖ドレスを着ます。


シュガーフリーのつぶつぶ和菓子タイムも

楽しみます。


大谷ゆみこ

この指止まれ!

本気の遊び空間を一緒に楽しみませんか!

小袖ドレスは、あなたの魅力を引き出すブレークスルーファッションです。

あなたにぴったりの小袖ドレスと帯とストールを考案者の大谷ゆみこが選びます。

*当日は姿勢と着方のレッスン付すぐに着られます。


1982年から生命のルールに沿ったおいしい「料理のデザイン」とワクワク弾む「心のデザイン」という分野を開拓し先駆的な活動を続けている。雑穀が主役の健康をもたらす日本生まれのおいしい食システム「未来食」を提唱。1995年に誕生した「未来食セミナー」のプログラムで、 日本各地の何千という人びとに家族ぐるみの健康と幸せのスキルを伝え続けている。未来食の手料理の魅力と技を伝える「つぶつぶ料理教室」を全国展開、本部は東京早稲田。


2018年から女びらきのシンボルとして小袖ドレスプロジェクトをスタート。暮らしの拠点は広葉樹林と七色の雑穀畑に囲まれた「未来食ライフラボ/いのちのアトリエ@山形小国」。日本ベジタリアンアワード第1回ビーガン賞、第2回大賞、第3回料理家グループ賞受賞。『未来食7つのキーフード』『つぶつぶクッキングSTARTBOOK』『ごはんの力』『野菜だけ?』など著書多数。女性初の日本ベジタリアン学会認定マイスター。日本ベジタリアン学会理事。


小袖ドレスプロデューサー 大谷ゆみこプロフィール

未来食つぶつぶ創始者/女びらき塾主宰/株式会社フウ未来生活研究所CEO



小袖ドレスプロジェクトオーガーナイザー

小管貴子プロフィール

「人間の本質とは、女性の美しさとは」と問い続けている。

元全日本空輸キャビンアテンダント(客室乗務員)。結婚して、京都に住むようになりきものの美しさ、日本の美を再認識する。きものを着る機会が増えるにつれ、もっとたくさんの女性にきものを着て輝いてほしいと2014年から呉服店店長となり、きものに更に深くかかわるようになる。


体の軸を整えるようにきものを着ていくと、美しさのみならず、もともと日本人が大切にしてきた目に見えないもの、今・ここを感じるセンサーにスイッチオン出来る。「着物を着て和文化を再発見!」というところから、2018年より和文化アンバサダーとしてフリーで活動している。

Kimono Innovation

小袖ドレスプロジェクト

日本人として凜と生きる  日本女性として自信を持って生きる

小袖ドレスは、格式や権威、過剰な慣習ルールなどの枠を

全く取り払って 日本の織りと染めの素晴らしさを身にまとう

和のファッションドレスです。







それをずっと探していました。

無いなら、作ってしまおう、ということで

1枚1枚楽しく作っては、工夫をしているうちに

私の心にかなうキモノが生まれました。  


キモノと言うより、 

日本人のための新しいパーティドレスの提案です。

小袖ドレスと名づけました。  


テーマは日本人として凜と生きる。

日本女性として自信を持って生きるです。


日本女性が、一番主体性を持って活発に生きていた

安土桃山時代のキモノが、現代のキモノの原型です。  


鎌倉・室町の武家時代に小袖が表着になり、

平和に なった安土桃山時代にファッションとして進化しました。  


それまで支配階級にとって下着だった小袖、

庶民の 粗末な衣と見なされていた小袖を、表着として堂々と着て、

ファッション化していった変革の歴史は、

西洋で華美で重たいドレスが、


シャネルのスーツや ワンピースになった大変革や、

隠すものとしていた 下着をキャミソール、

タンクトップとして表に出し て堂々と着るようになった

最新の変革以上の出来事 でした。  


あらゆることが急速に軽量化スリム化していく現代 の流れの中で、

着物の歴史にも次なる変革へのニーズ が生まれています。  

日本の衣の歴史に第4の革新をもたらす提案が、

Kimono Innovation 小袖ドレスです。              


     小袖ドレスプロデューサー

大谷ゆみこ

女性の体をシンプルにしなやかに包むキモノ  


洋服と同じ感覚で楽に着られて、美しいキモノ  


ドレス感覚で着られてパーティ着になるキモノ


京都に嫁いだことが刺激になり、 着物の美しさに引き込まれました。

人生の通過儀礼の時だけに着物を着るのではなくて

ワンピースのように着物を着る女性になりたいと

何も知らないのに着物の世界に飛び込んだのは10年前です。

 10年間毎日着物を着てみました。


日本女性を一番美しく魅せる衣 

和文化そのものである衣 

縦横に長い日本の風土に寄り添うように

織物の文化が育ってきたことに感動を覚えました。

着物を着ると、 姿勢が変わり仕草が変わり意識が変わり、

その人の花がひらくのを目にしてきました 。


一方で 本来、着物って自由なはずなのに形式ばかりで大事なことが置き去りになっている。

そんな違和感も感じていました。

着物の知識がない、着付けが出来ない、着る機会がない 

こんな枠をすべて取り去って、トキメキを纏うのが

ゆみこさんがご自分の楽しみとして考案された 「小袖ドレス」です。


先に東京で開催された 「女びらき!小袖ドレスファッションショー&パーティ」 では

小袖ドレスを纏った女性達がキラキラ ウキウキ 舞い遊ぶ場面に立ち会いました。

そして今度は京都で 「女びらき!小袖ドレスファッションショー&パーティ」!! 

しかも、翌日は小袖ドレスを着て京都の街を遊び尽くす!! 

夢のようなこの機会をご一緒出来る喜びでいっぱいです。

 

私はゆみこさんから、女性が凛と立ち輝いて生きる生き方レシピを

天女レッスン、そして天女塾の場で学び続けています。

そして、今はこの小袖ドレスプロジェクトに夢中で取り組んでいます。

「小袖ドレス」一緒に楽しみませんか? 京都でお待ちしていますね。


 小袖ドレスプロジェクトオーガナイザー 

小管貴子

小袖ドレスの特徴

  • 対丈(ついたけ)、丸袖
  • シルエットを保つ仕立ての工夫
  • ヒモ2本と細帯で着る着付け道具のいらないキモノ
  • パーティドレスとして注目を浴びるキモノ
  • 小袖Sと小袖Lの2サイズ

小袖ドレスツインタイプの特徴

  • 巻きスカートと上着に分けた二部式
  • 巻きスカートはロングスカートとして活用可
  • 量感のあるゴージャスな反物で仕立てて品格のあるドレス感覚を演出
  • フリーサイズ

小袖ドレスは、キモノの原型である小袖をベースに、身八つ口(袖脇)の空いていない、

はしょりの無い 対丈の新しい形のキモノです。と言っても男仕立てで はありません。 


ヒモ2本と細帯だけで、長襦袢も要らずにドレス感覚で着られて、女性らしいしなやかさとかわいさがあります。 

軽やかながら、キモノの品格は保ち、フォーマルにも パーティドレスとしても通用するシルクの革新キモノです。 

帯もヒモもいらないツインタイプ小袖ドレスと2つの型があります。

どこに行っても、一番の注目を浴びられる

出会う人達から丁寧に扱われるようになる

和のファッションドレスで

あ・そ・ぼ!

古くて新しい!着物の新時代をつくる

手絞り技に感動、

軽くてしなやかでやさしく体に沿う

日本の手仕事の技と心意気と創造エネルギーを

身にまとい、伝えて行く新しいファッション、

小袖ドレスを着るようになってから、

60代後半、毎日の装いが

飛躍的に楽しくなりました。

小袖ドレスは、和装にありがちな格式や権威、過剰な慣習ルールの枠を取り払い、日本の織と染めの素晴らしさを身にまとう和のファッションドレスです。

自分で着られない民族衣装は

日本の着物だけ!

女びらき!

小袖ドレスファッションショー&パーティ

2019年4月7(日)

10:00-17:00

IN 京都 〜旧暦上巳の節供の日に〜

17:30〜19:00 懇親会

*翌日4月8日(月)は貸切バスで京都探索!

小袖ドレスを着て、全員が舞台に立つ、みんなでつくる

ファッションショー&パーティー!

スケジュールや内容も、当日まで育っていくので

以下はあくまでも目安です。

10:00 

   受付開始

10:30

   大谷ゆみこの小袖ドレストーク

11:00

   小袖着用ワークショップ(第1グループ ) 

11:45

   小袖着用ワークショップ(第2グループ)

13:30

   ステージA〜C  *各ステージ20分+フリー&スイーツタイム30分

16:30
   エンディング  *終了後小袖ドレス返却

17:00


17:30 ~ 19:00   懇親会(要別途事前申込み)

プログラム

*写真はイメージです。

★4月8日(月)貸切バスで京都市内を探索! <<限定20名>>

ファッションショー&パーティの夜は皆でホテルに宿泊し、翌日8日は貸切バスで京都市内を巡ります♪

詳しい内容はお楽しみに!(16時京都駅で解散)

※小袖ドレスのレンタルはありません。小袖ドレス以外の服装でもご参加いただけます。

※4/7はこちらで宿をご用意しています。(他の宿への宿泊はご遠慮ください。)

出店予定

つぶつぶ:仕立て上がり小袖ドレスの販売 SサイズとLサイズ/小袖ドレス共布ストール付きのオーダー仕立て受付

たんす屋:草履、バッグなどの小物 

ぱたんこ屋:洋服にも小袖ドレスにも活用できる手作りハオリ 

真木テキスタイル:シルクストール、ウールストール 

Sigrun〜シグルン〜山下易夏:手作りアクセサリー

交代でつぶつぶおにぎり

ランチタイム♪

2019年1月23日 東京文京区にて小袖ドレスファッションショー&パーティーを初開催しました。

80名の参加者が自分にピッタリの小袖ドレスで、舞台の上で舞い遊びました。

 何処にもない、ふたつとない着る人にピッタリの小袖ドレスは女性達をキラキラと輝かせました。

第1回目は東京で開催!

ずっと興味があったので、行けて良かった。
どの生地も素晴らしかったけど、
参加者全員似合ってて、
当日初めて着たなんて思えなかったところが
1番感動しました。

織りの着物に織りの帯、染めの着物に染めの帯をしめても、
帯の幅が狭いからコーディネートが決まるし、
ゆったりしてるからか洋服に合わせるアクセサリーがそのまま使えて、華やかにしやすいです!

(荒井ゆうさん)

*参加者の声

自分自身、小袖ドレスを着てスポットライトを浴びて主人公の体験をする。そして他の方がスポットライトを浴びて、それぞれが異なってオリジナルで輝いている姿を見せていただくその経験は、心から感動で、心が震えました 。

初めて生のゆみこさんにお会いしたのですが、あの軽やかさ♪が素晴らしく感動しました本当にたっぷりエネルギーもらいました。

(松田さなえさん)

一日中小袖ドレスを着ていても、疲労感、締め付け感・・・無し!!きものは、息子の結婚式しか着たことのない私が一日中着ていられるなんて、ミラクルです。

これからは、いつでも、気軽に小袖ドレスを着てお出かけ出来ます。日本人として凛と立てる女性を目指して進みます。

新しい素敵な出逢いがいっぱいありました。

貴重な機会に感謝です。

(樋口ひとみさん)

*1月23日のステージ写真は、

大谷ゆみこ公式Instagram(@yumiko_kosode)で公開中!

2019年4月7日(日)

10:00-17:00

MUMOKUTEKIホール(京都市)

*詳細は申込後にお知らせします。

参加費

【A】4/7ショー&パーティのみ

(小袖ドレスレンタル付き)

50,000円


【B】4/7ショー&パーティのみ

(My小袖ドレスで参加)

30,000円






【A】+ 4/8京都探索

(前日の宿泊込み)

88,000円


【B】+ 4/8京都探索

(前日の宿泊込み)

68,000円





参加資格

つぶつぶ会員(同時入会申込も可)




*京都府在住の方は会員登録不要!

>>まずはこちらをご確認ください

17:30-19:00  懇親会

▼翌日の京都探索にも参加される方はこちら

※懇親会付き +7,000円

※懇親会付き +7,000円

※4/7懇親会付き +7,000円

※4/7懇親会付き +7,000円

小袖ドレスを

持っていない方も

ご自由な格好で

参加できます!

※小袖ドレスのレンタルはありません。

日本の歴史の中にある

忘れ去られた和の価値観を現代に蘇らせる!


それとともに

日本女性の自信とパワーを呼び戻す。

埋もれてしまった

和の文化や習慣を

現代の価値観にあった形で

デザインする!


これが、私が36年

一貫してやってきたことです。


小袖ドレスは

庶民が楽しんでいた着物を

洋服に慣れてしまった私たちに合う

軽やかなスタイルに蘇らせた

和の衣です。


和の衣で身を包み

あなたの中に眠っている和の心を思い出し、

舞台に立つことで、セルフイメージを上げる。


自分自身の殻を破りたいあなたのための

ブレークスルーファッションとして

提案します。


私大谷ゆみこが

あなたにぴったりの

小袖ドレスを選びます。


日本女性として凛と立つ

女びらき小袖ドレスファッションショー&パーティ

出演できるのは50名だけ!


大谷ゆみこ

2019年4月7日(日)

10:00-17:00

MUMOKUTEKIホール(京都市)

*詳細は申込後にお知らせします。

参加費

【A】4/7ショー&パーティのみ

(小袖ドレスレンタル付き)

50,000円


【B】4/7ショー&パーティのみ

(My小袖ドレスで参加)

30,000円






【A】+ 4/8京都探索

(前日の宿泊込み)

88,000円


【B】+ 4/8京都探索

(前日の宿泊込み)

68,000円





参加資格

つぶつぶ会員(同時入会申込も可)




*京都府在住の方は会員登録不要!

>>まずはこちらをご確認ください

17:30-19:00  懇親会

▼翌日の京都探索にも参加される方はこちら

※懇親会付き +7,000円

※懇親会付き +7,000円

※4/7懇親会付き +7,000円

※4/7懇親会付き +7,000円

小袖ドレスを

持っていない方も

ご自由な格好で

参加できます!

※小袖ドレスのレンタルはありません。