未来食講座

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-③

③火で調理すると栄養が壊れる、 という常識を手放そう             火で調理することで、消化できない食べ物を消化できるように変化させることができます。…

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-②

②火と水を操って進化してきた人類             熱い火と冷たい水、それぞれ、 世界を生み出す正反対の力の性質が現象界に現れたものです。   …

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-①

①人間の生活を支えてきた火             火には、熱と光と科学物質を生む働きがあります。   暖をとる、明かりにする、水とともに煮炊きに使う…

<未来食つぶつぶ講座25>水の力-③

  ③危険な水             塩素殺菌の塩素が残留している水。 赤錆など汚染物質が混入している水。 煮沸した水や長期間の溜まり水。 蒸留水や…

<未来食つぶつぶ講座25>水の力-②

  ②体に良い水               水は水素原子2個と酸素原子1個が合体した分子が集まったものです。   だから化学式で…

<未来食つぶつぶ講座25>水の力-①

  ①水の中で生かされている私たち                   透明な水。 おいしい水。 喉をうるおす水。 汚れ…

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-③

③IHでない炊飯ジャーがお勧め   合わせて、炊飯ジャーについては釜自体を温めて炊くので、だいじょうぶと伝えましたが、詳しい方に確認したところ、 IH炊飯ジャーの場合は、内釜の金属内部の電子を利用して温めている…

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-②

②電子レンジごはんはエネルギー不足   電子レンジは食品の最も基本的な要素の1つである水分に直接アプローチして発熱させます。 水の分子が持っている電気エネルギーが、マイクロ波によって発熱させられているのです。 …

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-①

①「炊く」と「煮る」の違い   関東以北では「ごはんを炊く」と言います。 関西では、煮ることも炊く、と言います。 「火を焚く」というコトバがありますが、「タク」の和語的意味には、「何かの状態にする」「そうなるよ…

<未来食つぶつぶ講座23>和語から読み解く料理のコトバ「飯(メシ)」-③

③イネ、アワ、コメ、メシと変化する呼び名   「メシ」の前段階、つまり、殻をとって調整した炊く前の粒が「コメ」です。 和語で意味を読み解くと、「コメ」の意味は「コ=小さく凝縮した」「メ=生命発生の兆し」です。 …

< 1 2 3 4 5 >