skip to Main Content

未来食つぶつぶに出会って、チョコレート中毒から脱出!夫婦ともに花粉症が治った 【つぶつぶマザー紹介 Vol.12 伊藤礼子さん】

雑穀×ビーガン×おいしい!
「つぶつぶ料理教室 つぶ屋 伊藤」主宰で、漫画家でもあるつぶつぶマザー伊藤礼子さんを紹介します。

つぶつぶマザー
伊藤礼子さん

夫婦ともにひどい花粉症。健康になるためにあれこれ試したけれど…

私は、子どものころからマンガや絵を描くことが大好きで美大に進み、小さな出版社でマンガの仕事をしていました。そして、健康オタクなところでお互いに気が合った面白そうな人と結婚しました。私も夫も花粉症。特に夫はひどく、毎年2月の末からゴールデンウィークが終わるころまで、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや涙が止まらないなどの症状に悩まされていました。病院に行き、薬を処方してもらっていましたが、副作用で眠くなり、日中の仕事に支障が出るため、薬は飲んだり飲まなかったり…。結局、つらい症状を我慢してやり過ごすしかありませんでした。

健康オタクな私たちは、なんとかしようと、評判のいい健康食品や健康法を試したり、食生活に気をつけたりしましたが、思うような改善は見られず、常に迷走している状態。子どもが生まれてからは、子どもの食生活にも気を使い始めるようになり、アレルギーに悩まされている夫と、生まれてきてくれた子どものために、頑張って食の改善に取り組みました。

 

毎日チョコレートを1箱食べる習慣を20年続けていた私に起きたこと

食事に気をつける一方で、甘いものは完全にノーマークでした。毎日チョコレートを食べないと気が済まず、1日1箱食べるのが20歳の頃からの日課になっていました。そして、40代になったころ、体に異変が起きました。なんと、あんなに大好きだったチョコレートを食べると、体に発疹が出るようになってしまったのです。

「ついに、一生分のチョコレートを食べきってしまったのかもしれない…」「このままではマズイ!」と思い、まずは玄米菜食を学んで取り入れることにしました。幸い、家族の体調は良くなりましたが、スイーツのレパートリーが少なく、ストイックさに行き詰まってしまった私は、「楽しくて、体に良くて、スイーツもおいしい食事法」を探すことにしました。

毎日1箱チョコレートを食べて続けていたころ

不登校の娘のひと言で人生が変わった

「お母さん、この本買って!」

当時不登校だった小学6年生の娘がそう言ったのがきっかけで、私は未来食つぶつぶに出会いました。その本というのが、『つぶつぶ雑穀ミラクルスイーツ』(大谷ゆみこ著・PARCO出版)でした。はじめは、「雑穀でスイーツ?」、「ヒエ粉って何?」と、疑問だらけでしたが、娘が興味を持ってくれたことが嬉しくて、その本を購入しました。

さらに、息子の同級生のお母さんが「つぶつぶ料理教室」を開いていることを知って、参加。実際に作り方を見て、食べてみることで、それまで馴染みのなかった食材や、できあがりのイメージに対する疑問が1つ1つ解決していきました。初めて食べたつぶつぶスイーツのおいしかったこと。「これだ!」と思った私は、そこから未来食つぶつぶの探求をスタートしました。

つぶつぶ料理は、ダイナミックで、簡単で、おいしい!しかも、バラエティ豊か!大好きなスイーツもたくさんあり、雑穀を使ってチョコレートを作ることもできて、本当に感動しました。心から満足できる甘いものを自分で次々と作れるようになることが、嬉しくてたまりませんでした。そうやって未来食つぶつぶの実践を楽しんで1,2年が経ったころ、夫のアレルギー症状は、薬がまったくいらないほどに、スーッと良くなっていました。私自身の体調も良くなり、気がつけば、チョコレート中毒からも脱出していました。

 

創造的なことが大好きだったことを思い出させてくれた未来食つぶつぶ

クリックで拡大

未来食つぶつぶに出会って、もう一つ良いことがありました。天女セミナーを受講し、「いのちの居心地の良さを本気で追求する」という言葉を聞いたとき、「私は、自分の居心地の良さを真剣に求めているかな?」という疑問が浮かび、それをきっかけに大切なことを思い出したのです。

もともと私は、絵を描くことやお話を作ることが好きな自由人でした。美大に行き、好きなマンガを仕事にして、枠にとらわれない自由な生き方をしていたはずなのに、いつの間にか「大人としてこうあらねば」、「社会人としてこうあらねば」という固定観念に自分を押し込めていたのです。自分ではないものになろうとして、じたばた。そのうち自信がなくなって、私は誰かの人生の脇役だと思い込むようになり、居心地の悪さや生きにくさを人のせいにしたり、夫に年中文句を言ったりしていました。

でも、天心で生きる女性の生き方レシピである天女の学びを進めていくうちに、「自分が主役の人生を生きられる!」と気づくことができたのです。本当は、何でも自分で選べるし、今までも選んできていた。私は、「創造的なことが大好き!」である自分を、未来食つぶつぶとの出会いをきっかけに思い出しました。そして、「体も気持ちもワクワクに変えてしまうつぶつぶ料理っておもしろい!」、「つぶつぶを誰かに伝える仕事は、もっとおもしろそう!」そう思って、つぶつぶマザーになりました。

 

未来食つぶつぶをこれから始める方へメッセージ

私が、漫画家をしながらつぶつぶマザーをしている理由。それは、どんな仕事をするにしても、どんな生き方をするにしても、「食が土台」だからです。漫画家でも、会社員でも、起業家でも、お父さんでも、お母さんでも…。料理が好きな人だけでなく、「料理が面倒くさい!」、「料理する時間がない!」というあなたも例外ではありません。

実は、私も料理が苦手でした。でも、未来食つぶつぶを学んで実践することで、マンガの仕事が3倍速でできるようになりました。なぜだと思いますか?それは、毎日の食事で体調が整い、心も元気になり、集中力がアップしたお陰です。「こんなにおいしくて、人生が変わっちゃう未来食つぶつぶを伝えたい!」、「大好きなマンガも描き続けたい!」そんな欲張りな私の夢が叶ったのも、簡単でおいしくてバラエティ豊かな未来食つぶつぶだからにほかなりません。あなたも、エネルギーと可能性に満ちた新しい食の世界に飛び込んでみませんか?

あなたと出会えるのを楽しみにしています。

家族全員が喜んで食べるつぶつぶ料理

伊藤礼子さんの料理教室/セミナー開催情報

会場詳細

住所:埼玉県さいたま市
連絡先:https://tubutubu-cooking.jp/forms/index/3/4

アクセス

武蔵野線・埼京線 武蔵浦和駅 東口から徒歩7分
近くにコインパーキングあり
アクセス詳細はこちら↓
https://ameblo.jp/manngada/entry-12601977918.html

 

会場&会場周辺の魅力

つぶつぶ料理教室 つぶ屋 伊藤は、武蔵浦和界隈で最も歴史のあるマンションにあります。古いですが、オープンな雰囲気のマンションで、親切な管理人さんがいます。2人の子どもが独り立ちして、日当たりのいいところに引っ越そう!と探していたら、同じマンション内に理想的な部屋が見つかり、2019年の末に引っ越しました。

日当たりも眺めもいいので、とても気に入っています。スッキリ整えた明るい空間でセミナーや料理レッスンを開催していますので、楽しみにいらしてくださいね。

超!日当たりのよい自慢の空間

創始者大谷ゆみこが伝える未来食セミナーScene1を、当会場でも受講できます

つぶつぶマザーがナビゲーターとなり、オンライン受講が可能です。
(自宅でのオンライン受講も可能ですが、その場合はランチ&ディナーの試食がつきません)

詳細&お申し込みはこちら↓
https://seminar.tsubutsubu.jp/

 


Back To Top