skip to Main Content

ごはんが進む!雑穀たかきびで作る麻婆豆腐のレシピ

雑穀たかきびで作る麻婆豆腐のレシピ

中華料理の人気メニューの1つ麻婆豆腐(マーボードウフ)。見た目と大きさが挽肉に似ている雑穀「高キビ」を使って作る、肉なし麻婆豆腐のレシピを紹介します。未来食創始者の大谷ゆみこは、中華が大好き!ということで、雑穀と野菜で作るベジタリアン中華料理のレシピをたくさん生み出しました。

雑穀 × ビーガン × おいしい!日本生まれの未来食つぶつぶレシピをお楽しみください。

 

高キビ麻婆豆腐のレシピ

材料(3〜4人前)

基本の高キビ麻婆ソース

  • 高キビ…1/2カップ(80g)
  • 長ネギ…100g
  • 大根…100g
  • ニンジン…100g
  • 生姜のみじん切り…小さじ1
  • 干しシイタケ…5枚
  • 赤唐辛子…1/4本
  • 昆布…5cm角
  • ごま油…大さじ1と1/2
  • 水(干しシイタケの戻し汁)…1カップ(200cc)
  • 自然塩…小さじ1/8
  • 純米酒…大さじ2
  • 麦味噌…大さじ2
  • しょう油…大さじ1と1/2

麻婆豆腐

  • 木綿豆腐…1丁(300g)
  • 葉ネギ…適量
  • しょう油…小さじ1
  • 植物油…大さじ1

 

レシピ

基本の高キビ麻婆ソース

  1. 高キビは洗って水をきる。長ネギはタテ半分に切って8mmの小口切りにする。大根とニンジンは皮ごと5mm角に切り、戻した干しシイタケは8mm角に切る。赤唐辛子はみじん切りにする。
  2. 圧力鍋にごま油を熱して生姜のみじん切りを炒め、①の長ネギ、大根、ニンジン、シイタケの順に入れて、さっと炒める。
  3. ②に①の高キビを入れてひと混ぜし、分量の水、昆布、塩を加えて、フタをして強火にかける。圧力がかかってから弱火にして15〜20分炊く。
  4. おもりを外し、フタをあけて①の唐辛子、酒、麦味噌、しょう油を入れて、好みのとろみがつくまで煮込む。昆布は取り出す。

仕上げ

  1. 木綿豆腐は軽く水をきり、2cm角に切る。
  2. 鍋に油をひき、基本の高キビ麻婆ソースの2/3量を入れ、しょう油を加えてさっと混ぜ、火にかけてあたためる。
  3. ②の上に①の豆腐をのせ、フタをして弱火であたためる。
  4. 豆腐があたたかくなったら豆腐が崩れないように混ぜて、器に盛り、小口切りにした葉ネギを散らす。

*余った1/3量の麻婆ソースは、そのままごはんにかけても美味しい!野菜と一緒に炒め合わせるのもGOODです。

高キビ麻婆豆腐

*レシピ出典「つぶつぶ雑穀中華」大谷ゆみこ*

つぶつぶ雑穀料理中華

 

おいしいたかきびが買える通販サイトの紹介

雑穀の通販なら「未来食ショップつぶつぶ」をご利用ください。

これまで約30年の雑穀普及活動を経て、農薬不使用のおいしい雑穀を取り扱っています。すべて、どこで誰がどのように育てたのかがわかる、安心・安全・おいしい雑穀です。国産のものを中心にとり揃えていますが、一部収量が少ないものは海外からも輸入しています。

雑穀の通販「未来食ショップ つぶつぶ」はこちら »

たかきびの通販はこちら »

*農薬と化学肥料不使用で雑穀を作るネットワーク「つぶつぶ栽培者ネット」を組織し、全国各地10ヶ所以上の生産者から仕入れているため、色の濃度や、炊きあがりの粘りなど、同じ雑穀でも生産者によって特徴が異なることがあります。購入いただいた方には、前回と違うと感じる方もいらっしゃると思いますが、このような理由をご理解いただき、パッケージ裏のシールを見て生産地を確認していただいたり、雑穀の個性を楽しんでいただけたら幸いです。(※生産者指定の販売は、現在お受けしておりません。)

 

初心者歓迎!おいしいヴィーガンレシピが習える料理教室の紹介

つぶつぶ料理教室では、雑穀と野菜が主役のおいしいヴィーガン料理、未来食つぶつぶレシピを、つぶつぶ料理コーチの自宅キッチンを中心に伝えています。全国約90箇所で開催しています。

雑穀の料理法の基本から、目からウロコのシンプル野菜料理術、砂糖を使わないスイーツ術まで、ご家庭ですぐに役立つ魅力的なメニューをご紹介します。

お料理はじめてでも大丈夫です。経験豊富な講師が、少人数レッスンで丁寧にお伝えします。お子さま連れでも気兼ねなくご参加いただけます。

おいしいヴィーガンレシピを習うなら「つぶつぶ料理教室」»


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top