skip to Main Content

雑穀・そばの実の餃子レシピ

雑穀餃子レシピ

そばの実(粒ソバ)は、血管の老化を防ぎ、毛細血管や心臓を強くするといわれるルチンを含む雑穀で、タンパク質と脂肪分が、白米の約2倍も含まれているので、炊きあがったそばの実には、うまみとコクがあります。

豚のひき肉のような食感を活かして、ビーガンギョウザを作ってみましょう。
雑穀 × ビーガン × おいしい!日本生まれの未来食つぶつぶレシピをお楽しみください。

 

そばの実の餃子のレシピ

材料(20個分)

  • 炊いたそばの実…1/4カップ分(※)
  • 白菜…100g(キャベツやチンゲンサイでもOK)
  • ネギ…50g(タマネギでもOK)
  • ニラ…15g(なくてもOK)
  • シメジ…100g(ほかのキノコでもOK)
  • しょう油…大さじ1
  • 純米酒…大さじ1
  • ごま油…小さじ2+大さじ2
  • くず粉…7g
  • ギョウザの皮…20枚

そばの実(粒ソバ)の炊き方はこちら »

 

レシピ

  1. 白菜は熱湯で5分ゆでる。5mm幅にタテに切れ目を入れて、それを5mm角の大きさに切る。切った白菜は両手にはさんで、軽くキュッと絞る。
  2. ネギはみじん切りにする。
  3. ニラは5mmの小口切りにする。シメジはほぐし、端から細かく切る。
  4. しょう油、酒、ごま油小さじ2、くず粉を合わせ、①〜③の切った野菜に混ぜる。
  5. 皮に包む直前に炊いた粒ソバを混ぜる。
    雑穀餃子レシピ 手順2
  6. ⑤を20等分して皮にのせ、包む。
    雑穀餃子レシピ 手順3
  7. フライパンにごま油大さじ2を入れ、熱する。
  8. ギョウザの余分な粉を落として半量並べ、強火のまま少し焼いたら、ギョウザが半分つかるくらいまで一気に水を加える。
  9. フタをして、4分くらい水がなくなるまで蒸し焼きにする。
    雑穀餃子レシピ 手順4
  10. フタを取り、まわりが少し焦げるくらいまで焼きあげる。
    雑穀餃子レシピ 手順5

* レシピ出典「つぶつぶ雑穀おかず」大谷ゆみこ *

つぶつぶ雑穀おかず 大谷ゆみこ著

 

おいしいそばの実(粒ソバ)が買える通販サイトの紹介

雑穀の通販なら「未来食ショップつぶつぶ」をご利用ください。
これまで約30年の雑穀普及活動を経て、農薬不使用のおいしい雑穀を取り扱っています。すべて、どこで誰がどのように育てたのかがわかる、安心安全おいしい雑穀です。国産のものを中心にとり揃えていますが、一部収量が少ないものは海外からも輸入しています。

雑穀の通販「未来食ショップ つぶつぶ」はこちら »

そばの実(粒ソバ)の通販はこちら »

 

初心者歓迎!おいしいヴィーガンレシピが習える料理教室の紹介

つぶつぶ料理教室では、雑穀と野菜が主役のおいしいヴィーガン料理、未来食つぶつぶレシピを、つぶつぶ料理コーチの自宅キッチンを中心に伝えています。全国約90箇所で開催しています。

雑穀の料理法の基本から、目からウロコのシンプル野菜料理術、砂糖を使わないスイーツ術まで、ご家庭ですぐに役立つ魅力的なメニューをご紹介します。

お料理はじめてでも大丈夫です。経験豊富な講師が、少人数レッスンで丁寧にお伝えします。お子さま連れでも気兼ねなくご参加いただけます。

おいしいヴィーガンレシピを習うなら「つぶつぶ料理教室」 »


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top