skip to Main Content

エゴマのパワーとおいしさを丸ごといただく「ブロッコリーとキクラゲのエゴマ味噌和え」のレシピ

ブロッコリーとキクラゲのエゴマ味噌和え

ブロッコリーとキクラゲのエゴマ味噌和え

現代人の食生活に不足しがちなα-リノレン酸が豊富に含まれるえごまは、えごま油としてブームになりましたが、油にするよりも、実のまま食べるほうが酸化もしにくく、丸ごとの栄養とおいしさが味わえます。今日は、エゴマをあえ衣に活用するレシピをお伝えします。

雑穀 × ビーガン × おいしい!日本生まれの未来食つぶつぶレシピをお楽しみください。

ブロッコリーとキクラゲのエゴマ味噌和えのレシピ

ブロッコリーとキクラゲのエゴマ味噌和えの材料

材料(3人分)

  • ブロッコリー:150g
  • 裏白キクラゲ(乾燥):25g
  • 自然塩:小さじ1/3弱
  • エゴマ:大さじ4
  • 麦味噌:40g
  • 水:大さじ5

レシピ

  1. ブロッコリーは小さめの小房に分け、塩をまぶして5分茹でる。同じ鍋でキクラゲも5分茹で、適当な大きさに手でちぎる。
  2. エゴマを煎ってすり鉢で半ずりにし、味噌を加えてさらにする。
  3. ②に水を加えてよく混ぜ合わせる。
  4. ③に①のブロッコリーとキクラゲを入れて和える。

※ ブロッコリーの代わりに、塩ゆでした青菜、裏白キクラゲの代わりに白キクラゲでもおいしくできます。白キクラゲは、水でやわらかく戻してから1分茹で、冷水にとります。

* レシピ出典「続 野菜だけ?」大谷ゆみこ

おつまみとしても最適!

カタログ表紙* 未来食ショップつぶつぶ(通販サイト)最新カタログの企画「全国でつぶつぶ料理を教えているつぶつぶ料理コーチ・つぶつぶマザー達にオススメメニューを聞きました!」で、「男性うけがいいメニュー」に挙げられたこのメニュー、お弁当にも向いています。

ぜひ作ってみてくださいね!


お父さんがタコやイカのようなコリコリとした食感のものが好きなので、裏白きくらげや白きくらげが入っている一品はよく食べてくれます。おつまみにちょうどいいそうです。さっぱりしているけれど、エゴマのコクも感じられるのが好きだそうです。

つぶつぶスタッフ:酒井萌実さん

おいしい食材が買える通販サイトの紹介

未来食つぶつぶレシピに登場する食材は、通販サイト「未来食ショップ つぶつぶ」で揃います。
これまで約30年の雑穀普及活動を経て、農薬不使用のおいしい雑穀を取り扱っています。すべて、どこで誰がどのように育てたのかがわかる、安心・安全・おいしい雑穀です。

初心者歓迎!おいしいヴィーガンレシピが習える料理教室の紹介

つぶつぶ料理教室では、雑穀と野菜が主役のおいしいヴィーガン料理、未来食つぶつぶレシピを、つぶつぶ料理コーチの自宅キッチンを中心に伝えています。全国約90箇所で開催しています。

雑穀の料理法の基本から、目からウロコのシンプル野菜料理術、砂糖を使わないスイーツ術まで、ご家庭ですぐに役立つ魅力的なメニューをご紹介します。

お料理はじめてでも大丈夫です。経験豊富な講師が、少人数レッスンで丁寧にお伝えします。お子さま連れでも気兼ねなくご参加いただけます。


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top