skip to Main Content

シコクビエの栽培方法③ 脱穀・調整

今回はシコクビエの脱穀と調整についてご紹介します。シコクビエの栽培方法について、その他の記事はこちら(↓)をご参照ください。

シコクビエの栽培方法① 畑の準備 〜種まき・草取り・間引き・土寄せ〜 »
シコクビエの栽培方法② 〜出穂と開花、鳥害・害虫・病気の対策、収穫と乾燥〜 »

シコクビエの脱穀・調整

シコクビエは、手袋をして、手でもんで粒を落とすか、板に荒縄を巻いた道具を用いて脱穀します。(詳しくは、たかきび(タカキビ)の脱穀・調整の記事をご参照ください。)

量が多い場合は、ハーベスターや足踏み脱穀機などの機械を用います。

脱穀が済んだら、まずふるいにかけて、大きなゴミと実を分けます。その後、少ない量なら手箕(てみ)またはチリトリで、量が多ければ唐箕(とうみ)で選別します。

脱穀後のシコクビエ

脱穀後のシコクビエ

シコクビエは、調整の手間がかからないのが大きな魅力でもあります。ゴミを取り除いたら、あとは製粉機で粉にするだけ。すぐに使えます。製粉は、使う時に必要な量だけ挽くのが理想的です。

このようにして、シコクビエを食べられる状態にすることができます。

雑穀栽培をより詳しく知りたい方へ、本やDVDのご紹介

雑穀の育て方について、詳しくは、下記の書籍またはDVDを参考にしてください。

育てて楽しむ雑穀 栽培・加工・利用(創森社)

育てて楽しむ雑穀 栽培・加工・利用(創森社)

雑穀が未来をつくる(創森社)

雑穀が未来をつくる(創森社)

DVD郷田和夫の雑穀調整技法

DVD郷田和夫の雑穀調整技法

※ 雑穀のタネは、毎年4月中旬~5月いっぱいを目安に「未来食ショップ つぶつぶ」で販売しています。(農薬や化学肥料を使わずに栽培された在来種の種です。)

雑穀に関する書籍・DVD・タネの購入はこちらから ≫


Back To Top