skip to Main Content

アマランサスの栽培方法② 〜出穂と開花、鳥害・害虫・病気の対策、収穫と乾燥〜

今回は「アマランサス」の出穂(しゅっすい)と開花、鳥害・害虫・病気の対策、収穫と乾燥についてご紹介します。アマランサスの栽培方法について、その他の記事はこちら(↓)をご参照ください。

アマランサスの栽培方法① 畑の準備 〜種まき・間引き・草取り・土寄せ〜 »
アマランサスの栽培方法③ 脱穀・調整 »

出穂と開花

アマランサスは、発芽から90日ほどで穂が出て、花が咲きます。観賞用のケイトウとよく似た花です。色は、赤もしくは肌色ですが、株によって赤だったり肌色だったりします。まだ栽培種として固定されていないため、ばらつきが出るようです。

アマランサスの花

アマランサスの花

鳥害・害虫・病気の対策

病気としては、モザイク病や茎腐病の発生、害虫は、ネキリムシやヨトウムシ、クサカメムシ類の被害を受けることがありますが、それほど心配する必要はありません。また、アマランサスは、鳥害はありません。

高さが2.5メートルにもなるアマランサス栽培の最大の問題は、倒伏です。少しの風雨でも倒れてしまうので、支柱を立てる、数株ずつ束ねて横からの力に耐えるようにするなどの工夫が求められます。

花の色があせてきたら、穂先を少しつまんでみましょう。白い実が出てきたら、もう収穫しても大丈夫です。目安としては、開花から20日くらい。熟し具合にばらつきはありますが、20日過ぎであれば、収穫してもほぼ問題ありません。やや早めに収穫した方が、脱粒が少なく、また、食べてもやわらかくておいしいです。

穂の下30センチのところを、ノコギリ鎌で刈り取ります。数株ずつ束ねて、軒下など雨のあたらない風通しのいい場所に逆さに吊るして乾燥させます。葉がついたままだと、虫がつきやすくなるので、葉は取って干すようにします。

雑穀栽培をより詳しく知りたい方へ、本やDVDのご紹介

雑穀の育て方について、詳しくは、下記の書籍またはDVDを参考にしてください。

育てて楽しむ雑穀 栽培・加工・利用(創森社)

育てて楽しむ雑穀 栽培・加工・利用(創森社)

雑穀が未来をつくる(創森社)

雑穀が未来をつくる(創森社)

DVD郷田和夫の雑穀調整技法

DVD郷田和夫の雑穀調整技法

※ 雑穀のタネは、毎年4月中旬~5月いっぱいを目安に「未来食ショップ つぶつぶ」で販売しています。(農薬や化学肥料を使わずに栽培された在来種の種です。)

雑穀に関する書籍・DVD・タネの購入はこちらから

アマランサスについて詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。
アマランサスとは? アマランサスの栄養、効能など


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top