skip to Main Content

ひえ(稗)とは?

ひえ(稗)とは?

ひえとは、小粒でグレーがかったオフホワイトの雑穀の一種です。モチ種はなく、ウルチ種だけで、日本生まれの雑穀と推定されています。効果・効能の一つとして体を温める働きがある雑穀なので、とくに寒さの厳しい東北地方で重要な作物でした。

ひえを炊くとマッシュポテトのように炊きあがり、クセのない淡泊なきめの細かい風味とミルキーな味わいがあります。炊きたてのヒエにすりおろした山芋を混ぜると魚のすり身そっくりの生地ができることから、フィッシュミレットという愛称でも知られています。

ひえ・稗の粒の写真

ひえの粒

ひえ・稗の穂の写真

ひえの穂

 

ひえの栄養価(白米との比較)

ひえは、白米やほかの雑穀と比べて、マンガンや食物繊維が多いのが特徴です。マンガンには骨を丈夫にする働きがあり、エネルギー作りにもかかわる大切な微量栄養素。足りないと生殖能力の低下を招く恐れがあります。

ひえの栄養価

ひえの栄養価

 

ひえはダイエットに効く?

ひえは縄文以前から食べられてきた雑穀で、私たち日本人の体質や風土に合った食べものです。とくに体を温める働きに優れているので、健康と美容の大敵である冷え性改善におすすめ。体の末端まで栄養が行き届くようになります。

 

ひえの歴史

日本発祥の穀物と言われているひえ。ひえは、縄文時代以前から日本人の主食作物でした。アイヌの人々はひえを、祖先の神様が贈ってくれた魂を養う食べものとして大切に育て、食べつないできました。ひえは神に捧げるどぶろく作りにも欠かせないものでした。また、奥州平泉に花開いた藤原氏三代の栄華を支えたのもひえでした。

 

ひえの栽培方法

ひえはもともとは温帯性の作物ですが、環境適応力が高く、雑穀の中でも、特に寒さに強いです。「ヒエ」の語源は「冷え」からきているという説もあるほどです。そのため、古くから東北地方や北海道で栽培が盛んでした。また、土壌の乾湿への適応範囲も広く、水田でも畑でも栽培できます。

このように、さまざまな土壌によく順応し、広く根を張ることができるため、吸肥力も旺盛で、痩せた土地でも育ちます。そのため、逆に肥料のやりすぎは倒伏を招きやすく、土壌の栄養管理に注意が必要な、デリケートな作物であるとも言えます。

たかきびの詳しい栽培方法については以下のページをご覧ください。
雑穀 ひえ(稗)の栽培方法

 

ひえに適した料理とは?

ひえは炊くと色が白くなるので、ひえだけを白米に混ぜて炊くと雑穀が目立たないごはんが炊けます。ひえと一緒に野菜やキノコを炊き合わせると、コロッケ生地にもなるおかずが一鍋で完成!また、野菜スープに少量入れて煮込むと、ルー要らずのクリームシチューができます。

ひえのクリーミーシチュー

ひえのクリーミーシチュー

ひえを炒めてそぼろ丼

ひえを炒めてそぼろ丼

ヒエの粉でスイーツも

ヒエの粉でスイーツも

ヒエフライ

ヒエフライ


Back To Top