もっとも身近な環境破壊とは

つぶつぶナビゲーターこばやしはつこです。

 

最近、未来食つぶつぶは

不安→妄想→萎縮という現代社会の構図から
歓び→今を生きる→ワクワクの世界へ

食を通しての意識改革なんだな〜ってつくづく感じています。

 

 

さて、今日の本題。

わたし、大学時代はバレーボールにも熱中していましたが、
世界平和に燃えていました。

環境問題
国際政治
国際法
模擬国連

社会をよくしたいって思って
いろいろ勉強していました。

大学卒業したら
世界を変える仕事がしたい

そう思っていました。

でも、そんな大学構内での
私の食べているものは、

コンビニのパンや弁当
お菓子、カップラーメンなど
添加物の入っているものてんこもり

そんな食事しながら
世界の環境問題を語り
世界平和を目指してました。

でも、これってなんか変じゃありませんか???

・・・・・

「いのち」のつながりを修復するための第一歩は
自分の「からだ」という一番身近な自然の声をきくこと。

・・・・・

ゆみこのこの言葉にハッとしました。

あれ〜

コンビニ弁当食べながら
環境問題語ってたなんて

一番身近な自然である「からだ」を破壊をしながら
地球の環境をよくしようって語ってたなんて〜〜

穴があったら入りたい!!

でも、その反面ちょっとホッとした気持ち。

 

 

だって、
環境破壊を止めるために
政府や企業と戦ったりしなくても

自分が食べ方を変えるだけで
一番身近で大切な自然が守られる。

 

 

な〜んだ。
それでいいんだ。

 

 

頑張って自分と外のものと争わなくても
まずは自分が変えられるものを
変えるだけでいいんだ!

灯台下暗し!
周りのことばかりに目がいって
一番大切なものを見失っていました。

 

 

自分のカラダが破壊され、
ボロボロになってしまっては、
世界平和も何もできないしね。

やっぱり
まずは食から!

キッチンからはじめる私革新
未来食つぶつぶ

ですね。

 

 

つぶつぶナビゲーターはつことゲストが毎朝お届け
女性として、妻として、母として輝きたい欲張りな女性へ
登録はいますぐ ▼コチラから▼

はじめての未来食講座5回と一緒に最初は配信されます。