甘いものは本当に私を癒してくれる?!

つぶつぶナビゲーターこばやしはつこです。

 

昨日のブログでは、

砂糖断ちをしようと思っていたわけではないけれど

「つぶ◯◯」があったから、砂糖断ちもできちゃった〜

 

という、トコさんことつぶつぶマザー松井俊子さんの

ストーリーをお伝えしました。

 

まだお読みでない方は>>>こちら

 

 

 

 

さて、今日もトコさんの砂糖断ちストーリーです。
・・・・・・・・

つぶつぶマザーのトコ、こと松井俊子です。

人より何が秀でないと認めてもらえない

この私の妄想が頑張る私を作って
それを癒してくれるのが甘いものでした。

今では甘いものでなく
私が私を癒してあげていま〜す(笑)

 

 

そんな風に大転身した私の砂糖断ちの軌跡はこんな感じ。

 

 

つぶつぶを学び始めて、
自分が砂糖中毒になっていることを認識した

つぶつぶスイーツをおいしく作って食べていた
特に食べていたのが「つぶプル」

こんな感じに食べてました

 

 

 

 

 

(注:これは再現画像です、笑)

味覚がだんだん正常に戻って、たまに食べる砂糖が甘すぎると感じるようになった

ときどき無性に襲われるスイーツ欲から解放され、中毒から抜けた!

そもそも、砂糖中毒になった原因に気づいた

そんな風になった自分を受け入れ、癒やせた

リラックスしてありのままの自分で生きられるようになった
\いま、ここ!/

物心ついたときにはすでに、
防御&戦闘スイッチが常時オンだったので、
戦わずして生きられる世界があるなんて
想像したことなかったけど、

いまは完全に武装解除(笑)

 

本当にリラックスして生きられています。

 

 

そして、ありのままの自分にOKだせると、
まわりのことも気にならなくなるのね。

素直に他人の幸せを喜べたり、
能力を比べたりしなくてすむなんて、
なんて平和なんでしょ。
あんなに甘いものが止められなくて
むさぼるように食べていたわたしでも

 

我慢ゼロで砂糖中毒から脱せたので、

今もし止められなくて困っていたとしても
「大丈夫」って言ってあげられます。

 

 

しかも、つぶつぶで砂糖断ちできている人は
ほかにもたーくさんいますから!
仲間がいるのは、心強いですね。
松井俊子さんのブログは>>>こちら

・・・・

 

 

甘いものや食べたくないと思っているのに
食べちゃう私を卒業する鍵となるのが

頑張りを捨てること

でも、頑張りって
捨てようと思えば思うほど

「頑張りを捨てなきゃ」って思って逆に頑張っちゃう
(あっ、これ完全に過去の私だわ〜〜)

 

 

しかも、その時は自分が頑張っている意識あまりない。
だから、なんで状況が変わらないの〜ってことに。

 

 

トコさんが生クリームのケーキを
つぶプルに置き換えたように

 

 

頑張りを捨てるには
delete(消去)じゃなくて上書きが大事。

 

 

よりおいしいもの
楽しいこと
嬉しいこと
新しい価値観に触れることでどんどん上書きしよう!

そんな甘いものへの罪悪感を上書きして
頑張りを捨てる意識の転換セミナーが
未来食セミナーScene2です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

「スイーツはオーブンで高熱で時間がかかる」というイメージや経験があったのですが、コンロの火にかけたお鍋と木ベラで、シンプルに作る様子を見るたびに、自分の概念が変わっていく感じがしました。

(2018年1月未来食セミナーScene2受講 M.Mさん)

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

つぶつぶナビゲーターはつことゲストが毎朝お届け
女性として、妻として、母として輝きたい欲張りな女性へ
登録はいますぐ ▼コチラから▼