食からひもとく世界 連載7-②

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

食からひもとく世界 連載7-2

 

食からひもとく世界 連載7-1はこちら

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの

小さな気づきがいつしか、この世界のしくみを

知ることとつながっていました。

 

 

私の手で、生命エネルギーを思うように扱える楽しさ。

その結果を予測する楽しさ。

 

 

エネ ルギーに満ちた言葉に表せない「うまさ!」 を

口にした時の全身が小躍りするような満足感!

その幸せを分かち合う歓び、伝えます。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

草食動物の牛に穀物や豆を
強制的に食べさせるには、薬が必要

 

大谷 ゆみこ

 

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

 

一九六〇年代の合衆国では、農業革命の結果、
さばけない余剰穀物の処理に困っていました。

 

 

減反政策に巨費を投じても
当時五〇〇〇万トン以上の
穀物が余っていました。

 

 

その浪費策として一番有効な方法が、
牛の胃袋で消滅させる方法でした。

 

 

牛に一六ポンドの穀物を飼料として
与えれば十五ポンドが消えて、
一ポンドの肉に変わるので、

余剰穀物が大量に処理できるのです。

 

 

経済格差による第三世界の飢餓問題を
憂えながら、食糧危機を叫びながら、

 

余剰食糧の廃棄工場として牛の体を利用し、

殺して食べるというしくみが、

 

牛肉を高級高栄養食品と見なす信仰を
伴った現代食システムなのです。

 

 

それは、自由に歩き回って草を食べて
生きる動物である牛には不自然なので、

ホルモン剤や抗生物質を投与しなければ
生きられないのです。

 

 

2/3

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/