食からひもとく世界5-② 食材 / 固体+水 / 液体+火 / 気体 →解体 / プラズマ→料理 / 新しい構造物

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

食からひもとく世界 連載5-2

 

食からひもとく世界 連載5-1は
→こちら

 

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの

小さな気づきがいつしか、この世界のしくみを

知ることとつながっていました。

 

 

私の手で、生命エネルギーを思うように扱える楽しさ。

 

 

その結果を予測する楽しさ。

 

 

エネルギーに満ちた言葉に表せない「うまさ!」 を

口にした時の全身が小躍りするような満足感!

その幸せを分かち合う歓び、伝えます。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

食材 / 固体+水 / 液体+火 / 気体 →解体 / プラズマ→料理 / 新しい構造物

 

大谷 ゆみこ

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——゜+.——゜

 

 

料理は、固体として完成した食材に、
液体である水のエネルギーと、
気体である火のエネルギーを合わせることで、

 

 

一部をプラズマ状態に戻して、
新しいエネルギー構造物としての
料理を再構築して出現させる技術です。

 

 

キッチンは、森羅万象を生み出した源と

直接つながっている空間です。

 

 

水の力、火の力、生命エネルギーに充ちた
食材たちがイキイキと変容しキラキラと
輝き出すプロセスを通して、

 

 

いつでも見えない世界の存在や
エネルギーの生まれるしくみを
垣間見ることができます。

 

 

ルール通りに仕上がった鍋の中の料理は、
キラキラサインを発します。

 

 

創造のルールに叶う料理を食べて、
ルールに叶う生き方をしていたら、
私自身もキラキラと輝き出しました。

 

 

食材 + 水 + 火 →プラズマ→料理
固体  液体  気体       新しい構造物

 

 

鍋の中では現象創造の
プロセスが進行しています。

 

 

その結果、その成果である
新たな生命エネルギーを受け取るとともに、

生命エネルギーのもたらすおいしさを
味わうことができるのです。

 

 

とはいえ、生命創造のルールに沿わない料理法では、

「ああ、おいしい!」 という感動をえられないのです

 

 

2/3

 

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/