<食からひもとく世界3-①>一卵の味は黄身の味

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

食からひもとく世界 連載3-1

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの小さな気づきが
いつしか、この世界のしくみを知ることとつながっていました。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

卵の味は黄身の味
大谷 ゆみこ

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

ビビッドな黄色が特徴のつぶつぶがもちキビです。

 

 

ごはんに2割入れて炊くと、

白に黄色が映える輝くごはんになります。

 

 

口に入れるとコクがあってうまい!お粥にすると、

なんだか卵粥のような味がします。

 

 

お醤油をサッとかけるとさらに卵の風味が増します。

 

 

それで、思いついたのが、スクランブルキビという料理。

 

 

 

スクランブルエッグの向こうを張って、

炊いたもちキビと具材を炒めてみたら、

いける、いける!ワカメやインゲンと炒めてミモザソテー、

トマトやキノコやタマネギと炒めて、イタリア風スクランブルエッグ、

と自由自在に楽しめることを発見しました。

 

 

炊きたてのもちキビに醤油と菜種油を混ぜると、

卵風味の中華風ドレッシ ングになったり、

醤油と油を多めに入 れると、簡単に卵かけごはん感覚の、

でも臭みのないごはんが楽しめます。

 

 

思いついて、それならオムレツも作れるのではと、

チャレンジ、今ではオムライスもスパニッシュオムレツも

自在に作れるようになりました。
(つづく)
明日は

「同じ色の食べ物は同じ波動を持っている」
をお届けします。