<食からひもとく世界1-②>無限空間に溶け込む料理の時間

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

 

食からひもとく世界Vol.2

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの

小さな気づきがいつしか、この世界のしくみを

知ることとつながっていました。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

無限空間に溶け込む料理の時間

 

大谷 ゆみこ

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

 

つぶつぶ食生活を始めてから、
特に、山の中に移り住んで大自然に
囲まれた外で料理していたら、

 

料理中に自分自身が鍋の中の料理と
一体に なっているのを感じる時が
何度もありました。

 

 

自分が無限空間に溶け込んでエネルギーと
遊んでいるように感じる瞬間がどんどん増えて行きました。

 

 

自分が大きく膨らんで自由に世界を楽しんでいる感覚です。

 

 

そうすると、何も考えなくても
材料を見ているだけで、自然に火を強めたり、
弱めたりしている私がいました。

 

 

適期に適量の塩や醤油を振り入れていて、
一度で完璧に味が決まるのです。

 

 

料理が仕上がりの域に達する時、
食材のエネルギーが最高潮になった時に、

鍋の中をのぞくとまぶしいくらいの
「キラキラサイン」を発していました。

 

 

それは、雑穀の炊きあがりでも
きんぴらの仕上がりでも、ヒエカスタードの
できあがりでも共通です。

 

 

つづく