<食からひもとく世界1-①>台所こそが、最高に生命創造のエネルギーに満ちた場

スクリーンショット 2017-03-16 17.32.21

食からひもとく世界Vol.1

 

日々、つぶつぶ料理を楽しむ感動のプロセスからの

小さな気づきがいつしか、この世界のしくみを

知ることとつながっていました。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

台所こそが、最高に生命創造の
エネルギーに満ちた場

 

大谷 ゆみこ

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

最初に気づいたのが、それまでただの料理用の

ツールだとしか思っていなかった「火」と「水」が、

じつは、この世界を創造し続けている原初の

2大エネルギーの現れだったということです。

 

 

台所は、「火」と「水」という正反対の性質を持つ
宇宙創造の2大エネルギーに直接つながっている

場だったのです。

 

 

それは衝撃的な気づきでした。

 

 

それまで、台所は家の隅や暗い場所にある
義務でごはんを作らなければならない空間、
食品のストックスペースくらいに思っていたからです。

 

 

料理は、この宇宙を生みだし維持し
動かしている2大エネルギーを使って、
鍋の中で新しいエネルギーを生むプロセス
だったことに気がつきました。

 

 

「火加減」

 

「水加減」

 

というコトバがありますが、「加減」の意味は
足し算引き算なので、つまり、これらの言葉は、

 

料理は、「火」と いう熱や凝縮のエネルギーを足すのか
引くのか、「水」という冷却効果やゆるむエネルギーを
足すのか引くのかというプロセスだということを
端的に表した日本語だったのです。

 

 

つづく