<未来食つぶつぶ講座32> ココナッツオイルって体に良いの? -②

スクリーンショット(2014-09-21 10.40.41)

②外から入れる必要があるのは不飽和脂肪酸

 

ココナッツオイルやラードが業務用に便利なのは、飽和脂肪酸が主成分なので加工のプロセスで酸化しにくいからです。

 

でも、ラードやココナッツオイルばかりを食べていたら、栄養失調になってしまうのです。

 

体に必要なのは2種類の「必須不飽和脂肪酸」なのです。

 

食べる必要のない常温で固体の「脂」を体に入れることによる体内システムの乱れや滞りも気になります。

 

それなのに、まるで栄養豊かなスーパーフードのように宣伝されています。

 

宣伝に使われている栄養素や効果のほとんどが、ココナッツオイルでなくても摂取できるものがほとんどです。

 

すばやく消化されてエネルギーになるので、身体に優しいといううたい文句もありますが、体は主に糖質のエネルギーで動くしくみになっています。

 

必要に応じて脂質もエネルギーとして使いますが、主は糖質からです。

 

また、飢餓や糖質制限などで糖質が入ってこない異常事態にも油がエネルギー源として燃やされますが、その場合は酸性の副産物が発生します。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!

我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる

世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる

【未来食セミナーScene1】

全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!

↓ ↓ ↓

https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/scene1/

 

PPS.

書籍はこちら!

「未来食」大谷ゆみこ著(メタ・ブレーン)

http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/617.html

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug