8月2016

お腹の赤ちゃんと対話〈つぶつぶ出産レポート/伊藤信子3〉

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから
 
~ 2016 年 8月 26日(金)~

 
こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

 
今日は、
これから自宅出産や
自然分娩を考えるお母さんに、
 
4人のお子さんを生んだ
伊藤信子さんからのメッセージをお届けします。
 
*2015年3月の月刊つぶつぶへ掲載記事を再掲載しています。

 
゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——
 
 つぶつぶde楽ちん子育て
 自宅で子どもを産む
 
つぶつぶマザー 伊藤信子

   〈第3回〉
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 

子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?
 
大変な子育て…
に振り回されていませんか。
 
ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、
 
※つぶつぶ 詳しくは
 ↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/
 

゜+.——゜+.——゜+.——
 
お腹の赤ちゃんと対話

 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
つぶつぶマザー 伊藤信子
自宅出産DATA
 
【家族構成】
夫、息子2人、
 娘2人
 
【出産にかかった費用】
約700円(医療用吸水マット)
 
【通院回数】
3回
 
【陣痛〜出産までの時間】
5時間半
 

 

最後に – – – – – – – – – –
 
つぶつぶの食と天女の学びは
自宅出産の必須条件。
 
– – – – – – – – – –
 

「もし、世界中の母親が、
 医療の介入を受けることなく自然に分娩し、
 すぐに赤ちゃんを抱いて初乳を与え、
 母乳と愛情をたっぷり与えて
 育てることができたとしたら…
 
 おそらく…
 この地球の上から戦争はなくなるでしょう」

 
後日、フランスの産科医ミシェル・オダン博士の
この言葉を読み返し、
さらにその思いを強くしました。

 

その小さな一歩に貢献できたことを嬉しく思います。

 

私の場合、
つぶつぶの食で体と意識を整えることは
自宅で子どもを産むための必須条件でした。
 

また、夫婦で天女の学びをし、
生命の力と宇宙への手放しの信頼がなければ
あり得なかったと思います。

 
4児の出産を経て感じるのは、
どんなお産にも意味と学びがあったこと、
そして、いつどこでどんな風に生まれるか
最後は赤ちゃん自身が決めるということです。
 

お腹の赤ちゃんと対話し、
もしそれがベストの選択と確信したら、
自己責任で、おうちで赤ちゃんを迎えたらよいと思います。
 

・・・・・・・・・・・・・・・
 
伊藤信子さん
自宅出産の1日
 
4:30 陣痛で目が覚める
   色々な体位や動きを試して
どれが一番楽か実験
9:00 少し休もうと横になったら、
一気に進む
9:30 破水・出産
11:30頃 へその緒をカット

 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
おわり。

 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 
伊藤信子さんが出産について、
つぶつぶグランマゆみことトーク!

 
ゲスト出演されたラジオはこちらから
無料で聴くことができます。
 
Podcast: https://itunes.apple.com/jp/podcast/id888557579
youtube: https://www.youtube.com/watch?v=_uVUluP0GeM

 
・・・4人を様々な形で出産された
パワフルママの信子さんの言葉は、
ほんとうに、生きてきた人の言葉ですね。
 

最後の選択は、自分。
 
正しさやこだわりではなく、
 
体やあかちゃんとの対話を通して、
選んで行きたいですね。
 

来月は、
つぶつぶマザー・大森かおりさんの
自宅出産体験談です。
 

お楽しみに!
 

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

 
p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/

 
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

あっという間の超安産でした。〈つぶつぶ出産レポート/伊藤信子2〉

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

 
~ 2016 年 8月 25日(木)~

 
こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。
 

昨日は、
自宅出産に対する、
伊藤信子さんの想い、そして、
実際のマタニティライフの様子を
お届けしました。
 
今日は、いよいよ、
生まれてくる!
その瞬間のストーリーです。

 

*2015年3月の月刊つぶつぶへ掲載記事を再掲載しています。

 
゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——
 
つぶつぶde楽ちん子育て
自宅で子どもを産む
 
つぶつぶマザー 伊藤信子
〈第2回〉
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 

子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?
 
大変な子育て…
に振り回されていませんか。
 
ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、
 
※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——
 
自然なお産が世界を変える

 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
つぶつぶマザー 伊藤信子
自宅出産DATA
 
【家族構成】
夫、息子2人、
娘2人
 
【出産にかかった費用】
約700円(医療用吸水マット)
 
【通院回数】
3回
 
【陣痛〜出産までの時間】
5時間半

 
 
Q3 – – – – – – – – – –
 
愛美(あみ)ちゃんの
出産当日はどんなかんじでしたか。
 

A3 – – – – – – – – – –
 
お産前夜、
お尻の方に赤ちゃんが下がってきている感覚があり、
翌朝4時に陣痛で目が覚めました。
 
気持ちの余裕もあり、
寝室にしていた1階の和室に布団を敷いたまま、
どの姿勢が一番楽か試してみようと、
四つん這いになったり、あぐらをかいたり、
部屋の中を歩き回ったりして過ごしました。
 

9時頃、
 
「長丁場になるのかな」
 
と思い、少し休もうと横になったら、
一気に降りてきた感じが。
 

飛び起きて触れてみたら、
ツルンと頭が出かかっています!
 
慌てて庭で洗濯物を干していた夫を呼び、
吸水マットを敷いてもらった直後に破水。
 
それから間もなく頭が出てきて
「ふぎゃあ」と産声を上げました。

 
あっという間の超安産でした。
 

イメージしていた通り、
両膝をついて自分の手で赤ちゃんを取り上げました。
 
外で遊んでいた子どもたちも、
生まれる瞬間は不思議と全員集合し、
誕生を見守りました。
 
ドキドキして無我夢中ながら、
止めようのない自然の流れとして
私たちには産む力も生まれる力も
本来備わっているんだと感動しました。
 

私はこの体験で、ズドーンと
ゆるぎない体と心の中心(センター)を
手に入れたような気がします。
 

 
お産直後は、
へその緒をつけたままお腹とお腹をくっつけて抱っこ。
 
この何にも邪魔されない母子の濃密な時間が
自宅出産の醍醐味だと思います。
 
お母さんの肌で温めていると
赤ちゃんは泣きもせずおとなしくしています。
 

約2時間後、へその緒を切り、
産着を着せてからも、
愛美(あみ)は私の隣でスヤスヤと眠っていました。
 

その穏やかな寝顔を見ていたら
「静かで美しい革命」という言葉が湧いてきました。
戦いでも批判でもなく、
ただ望む現実で世界を塗り替えていく。
 
それこそが世界を変えると確信した瞬間です。

 

*2015年3月の月刊つぶつぶ掲載記事を再掲載しています。
 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

伊藤信子さんが出産について、
つぶつぶグランマゆみことトーク!

 
ゲスト出演されたラジオはこちらから
無料で聴くことができます。
 
Podcast:https://itunes.apple.com/jp/podcast/id888557579
youtube:https://www.youtube.com/watch?v=_uVUluP0GeM

 
明日は、
これから自宅出産を考えている方への
メッセージをお届けします。

 

お楽しみに。

 
つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

 

岩手県雫石町で活動中!
つぶつぶマザー伊藤信子さんのブログはこちら。
*ちょうど、自然出産前の帝王切開でのお産に関する内容掲載中です!!
http://tsubutsubunonchan.blog60.fc2.com/

 
p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/

 
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

それが自分にとって一番自然な選択だったから。〈つぶつぶ出産レポート/伊藤信子1〉

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

 
~ 2016 年 8月 24日(水)~
 
こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。
 
今月も引き続き、
子育てメルマガのテーマは
 
【自宅で子どもを産む】
 
です。
 
様々な暮らしの中での
赤ちゃん誕生のプロセスをレポートします。
 
今回は、つぶつぶマザー伊藤信子さんの
プライベート出産をインタビュー!
 
*2015年3月の月刊つぶつぶへ掲載記事を再掲載しています。
 
゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——
 
つぶつぶde楽ちん子育て
自宅で子どもを産む
 
つぶつぶマザー 伊藤信子
〈第1回〉
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 
子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?
 
大変な子育て…
に振り回されていませんか。
 
ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、
 
※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/
 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
お産を本来の姿に
取り戻したかった
 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
つぶつぶマザー 伊藤信子
自宅出産DATA
 
【家族構成】
夫、息子2人、
娘2人
 
【出産にかかった費用】
約700円(医療用吸水マット)
 
【通院回数】
3回
 
【陣痛〜出産までの時間】
5時間半
 
Q1 – – – – – – – – – –
 
自宅で出産しようと決めた
きっかけを教えてください
 
A1 – – – – – – – – – –
 
自宅出産にしたのは、
それが自分にとって一番自然な選択だったから。
 
第一子を帝王切開で産んだので、
病院に行けば99%はまた帝王切開
(第二子と第三子は奇跡的に吸引分娩と自然分娩でした)。
 
つぶつぶの食事を10年以上実践し、
天女の学びも重ね、
今さら病院でお腹を切る気にはどうしてもなれませんでした。
 
また、帝王切開経験者はもちろんのこと、
岩手では普通の妊婦でも
助産師による自宅出産の介助が認められていません。
 
自然分娩をするには
家族でのプライベート出産しか選択肢がなかったのです。
 
不安が無かったわけではありません。
 
けれど、お産が危険で大変な事だったら今ごろ人類は滅びているはず。
 
いたずらに不安を煽るメディアや教育の影響にも気づき、
赤ちゃんがツルンと元気に生まれるイメージだけを強く持ち続けました。
 
生命の誕生という神秘、でも当たり前の出来事を、
当たり前の姿に取り戻したかったのです。
 
Q2 – – – – – – – – – –
 
通院はしましたか?
 
A2 – – – – – – – – – –
 
通院は3回。最初は妊娠の確認のため。
そのとき相談に乗ってくれた助産師さんの勧めで
最初の血液検査は受け、その結果を取りに行きました。
 
妊婦健診には違和感があったので行きませんでした。
 
第三子の時はつわりがほとんど無く、
排毒完了だと思って喜んでいたのですが、
第四子では妊娠4か月ごろまで不調でした。
 
つぶつぶグランマゆみこから
 
「つわりは、自分と赤ちゃんの魂の波動調整でもある」
 
と聞き、納得しました。
 
安定期以降、
大きいお腹で料理教室や映画の上映会を開催し、
出産前日も普通に買い物に出かけたり庭に花を植えたりしていました。
 
常に自分の体やお腹の赤ちゃんと対話し
 
「これくらいは大丈夫」
「少し休んだ方がいいかも」
 
という声に従って自然体で過ごしました。
 
つぶつぶの食事やスイーツなら
体重も気にせず何でも食べることができ本当に幸せでした。
 
つづく。
*2015年3月の月刊つぶつぶ掲載記事を再掲載しています。
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 
いかがでしたか?
 
子供の力を信じよう、、、とはいえ、
経験者の言葉がないと信じられないですよね。
 
次回は、
 
「あっという間の超安産でした。」
 
という、
伊藤信子さんの
リアルな出産レポートをお届けします。
 
お楽しみに。
 
つぶつぶナビゲーター
郷田 優気
 
岩手県雫石町で活動中!
つぶつぶマザー伊藤信子さんのブログはこちら。
http://tsubutsubunonchan.blog60.fc2.com/

 

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/

 
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

<未来食つぶつぶ講座29>食転換の落とし穴-③

icon_miraisyoku

③欲望型

 

3番目が「欲望型」です。

何か特別なスーパーな食べ物や食べ方を求めて、人より、普通より健康になろうとする意識の人々です。

 

食生活を変えるというより、特別なもの、栄養の高いものを足すことで健康が手に入ると思い込まされています。

 

次々と発表される特別な商品を求めて、お金をつぎ込み企業利益に貢献しますが、体は生命体という生きるシステムなのでそんな方法では健康は手に入りません。

 

おまけにもたらされる奇妙な食スタイルによって体をこわすケースも頻発しています。

 

これらの3つの型は、どれも「体は何を食べる仕組みになっているのか」「どのような食べ物、食べ方が体本来の機能を健全に働かせるのか」という重要な視点が欠如しています。

 

この欠如している視点で構築された食の提案が未来食つぶつぶです。

制限でも、欲望でも、正義でもない食生活です。

詳しくは次号でお伝えします。

 

つぶつぶグランマゆみこ
おわり(3/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

PPS.

書籍はこちら!
「未来食」大谷ゆみこ著(メタ・ブレーン)
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/617.html

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

<未来食つぶつぶ講座29>食転換の落とし穴-②

icon_miraisyoku

①正しさ暴力型

 

2番目の落とし穴は「制限型」です。

「制限型」はさらに2つのタイプに分かれます。

 

最初のタイプは、病気や老いへの不安や恐れから、悪いものを神経質に排除しようとして制限だらけの食生活を送る人々。

 

そしてその多くの人が基準にする情報は世間に蔓延する雑多な情報の切り貼りなので、我慢しているのに健康は手に入りません。

 

さらに、次々に悪いもの情報が発表されるので、恐れも不安も解消されないどころか増大していきます。

 

動物愛護の精神に目覚めて動物性食品を口にしないが、添加物やチョコレートやケーキの危険性には全く無知な人々もこの型です。

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

PPS.

書籍はこちら!
「未来食」大谷ゆみこ著(メタ・ブレーン)
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/617.html

 

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

<未来食つぶつぶ講座29>食転換の落とし穴-①

icon_miraisyoku

①正しさ暴力型

 

誰の目にも明らかなほど心身の不調や病気が蔓延している現実があります。

 

多くの人が自分の今の食生活やライフスタイルには問題があるのではと気付き始めています。

 

とはいえ、どこから始めたらいいのか、何をしたらいいのかと、溢れる雑多な情報の海の中で立ちすくんでいる人がほとんどです。

 

その中で、行動力のある人々が毎日の食を変えることでこの状況を脱出しようと実践を積み重ねてきました。

 

ところがそこには3つの落とし穴があったのです。

そのために、努力の量に見合わない、または、反した結果しか得られません。

 

その1番が「正しさ暴力型」です。

 

正しい食という妄想を暴力的に自分にも家族にも周りの人にも押し付けようとしてそれが叶わないことに苦しみます。

 

自分の浅い未熟な知識と価値観で正しい食という幻想で自他を裁き、いつもちゃんとできていない自分や家族を嘆いて生きることになります。

 

一所懸命になればなるほど、心の平安や家族の幸せからどんどん遠ざかってしまうのです。

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(1/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2まとめてお得!
砂糖断ち応援キャンペーン
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

PPS.

書籍はこちら!
「未来食」大谷ゆみこ著(メタ・ブレーン)
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/617.html

 

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug