「あっ、もう一度産みたい!」〈つぶつぶ出産レポート/第3回〉

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 6月 24日(金)~

 

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

 

今月から、子育てメルマガのテーマは

【自宅で子どもを産む】

です。

 

つぶつぶグランマゆみこの出産ストーリーから、
つぶつぶマザーの体験を通して様々な暮らしの中での
赤ちゃん誕生のプロセスをレポートします。

 

ちなみに、私は自宅出産の第1号で、
ゆみこの長女として生まれてきました。
(一人目の兄はまだ病院だったそうです)

 

まさしく、今日は、そんな
ゆみこの自宅出産のお話です。

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

 つぶつぶde楽ちん子育て
 自宅で子どもを産む〈第1回〉

  つぶつぶグランマゆみこ
  (大谷 ゆみこ)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?

 

大変な子育て…
に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

生まれてくる子どもを
受け止める

゜+.——゜+.——゜+.——

 

IMG_4641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*写真はイメージで、池田家のあいかちゃんです。

 

 

赤ちゃんが産道を通って
出て来る瞬間にふっと力が抜けて、
「あっ、もう一度産みたい!」という気持ちが湧きだしました。

 

体重2600g、
うっすら羊水に包まれてちっちゃくてキレイな赤ちゃんは、
最初の一泣きの後はおとなしく寝てるだけで二日を過ぎました。

 

「赤ちゃんはお弁当持って生まれてくる」
という昔のお産婆さんの言葉を読んでいたので、
心配はありませんでした。

 

そして、その間に私の体はものすごい勢いで回復し、
翌日には身の回りのことができるようになり、
翌々日には普通に立ち働けるようになりました。

 

そして、優気が初めて泣いたその時に、
私のおっぱいがちょうど良く張っているのに感動しました。

 

「まだつながってるんだ!」そして、
優気が欲しいだけのおっぱいがその時に生まれている感じの
気持ちのよい授乳が始まりました。

 

夫と祥と3人、わが家で迎えた優気の誕生の自然さは、
あっけないほど普通のことでした。

 

出産費は限りなくゼロに近く、
離乳食も、医者も薬も必要ありませんでした。

 

「これなら、何人だって産める!」と気が大きくなり、
次々と家族で迎える誕生を楽しみました。

 

そしてどの子も、そのまま、
医者いらず薬も注射も必要なく、
すくすくと育ってあっという間に人生を楽しむ仲間になりました。

 

ただ一つの障害は、出生届けがすぐに受理されないことでした。
急ぐ必要も無いので、ちゃんと必要な手続きを済ませて待ちました。

 

つぶつぶグランマゆみこ

 

おわり。

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

来月からは
つぶつぶマザーの

自宅出産レポートをお届けします!

 

第一回目は
つぶつぶマザー 大森かおりさん。

 

お楽しみに。

 

 

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

 

 

そんな風に生まれてきた私(28歳)は、
どんな大人に育ったのか??
ぜひブログをチェックしてくださいね。

 

http://yukichancooking.blog.fc2.com/

 

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/