6月2016

「あっ、もう一度産みたい!」〈つぶつぶ出産レポート/第3回〉

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 6月 24日(金)~

 

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

 

今月から、子育てメルマガのテーマは

【自宅で子どもを産む】

です。

 

つぶつぶグランマゆみこの出産ストーリーから、
つぶつぶマザーの体験を通して様々な暮らしの中での
赤ちゃん誕生のプロセスをレポートします。

 

ちなみに、私は自宅出産の第1号で、
ゆみこの長女として生まれてきました。
(一人目の兄はまだ病院だったそうです)

 

まさしく、今日は、そんな
ゆみこの自宅出産のお話です。

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

 つぶつぶde楽ちん子育て
 自宅で子どもを産む〈第1回〉

  つぶつぶグランマゆみこ
  (大谷 ゆみこ)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?

 

大変な子育て…
に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

生まれてくる子どもを
受け止める

゜+.——゜+.——゜+.——

 

IMG_4641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*写真はイメージで、池田家のあいかちゃんです。

 

 

赤ちゃんが産道を通って
出て来る瞬間にふっと力が抜けて、
「あっ、もう一度産みたい!」という気持ちが湧きだしました。

 

体重2600g、
うっすら羊水に包まれてちっちゃくてキレイな赤ちゃんは、
最初の一泣きの後はおとなしく寝てるだけで二日を過ぎました。

 

「赤ちゃんはお弁当持って生まれてくる」
という昔のお産婆さんの言葉を読んでいたので、
心配はありませんでした。

 

そして、その間に私の体はものすごい勢いで回復し、
翌日には身の回りのことができるようになり、
翌々日には普通に立ち働けるようになりました。

 

そして、優気が初めて泣いたその時に、
私のおっぱいがちょうど良く張っているのに感動しました。

 

「まだつながってるんだ!」そして、
優気が欲しいだけのおっぱいがその時に生まれている感じの
気持ちのよい授乳が始まりました。

 

夫と祥と3人、わが家で迎えた優気の誕生の自然さは、
あっけないほど普通のことでした。

 

出産費は限りなくゼロに近く、
離乳食も、医者も薬も必要ありませんでした。

 

「これなら、何人だって産める!」と気が大きくなり、
次々と家族で迎える誕生を楽しみました。

 

そしてどの子も、そのまま、
医者いらず薬も注射も必要なく、
すくすくと育ってあっという間に人生を楽しむ仲間になりました。

 

ただ一つの障害は、出生届けがすぐに受理されないことでした。
急ぐ必要も無いので、ちゃんと必要な手続きを済ませて待ちました。

 

つぶつぶグランマゆみこ

 

おわり。

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

来月からは
つぶつぶマザーの

自宅出産レポートをお届けします!

 

第一回目は
つぶつぶマザー 大森かおりさん。

 

お楽しみに。

 

 

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

 

 

そんな風に生まれてきた私(28歳)は、
どんな大人に育ったのか??
ぜひブログをチェックしてくださいね。

 

http://yukichancooking.blog.fc2.com/

 

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

 

 

生まれてくる子どもを受け止める〈つぶつぶ出産レポート/第2回〉

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから
 
~ 2016 年 6月 23日(木)~
 
こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。
 
今月から、子育てメルマガのテーマは
 
【自宅で子どもを産む】
 
です。
 
つぶつぶグランマゆみこの出産ストーリーから、
つぶつぶマザーの体験を通して様々な暮らしの中での
赤ちゃん誕生のプロセスをレポートします。
 
ちなみに、私は自宅出産の第1号で、
ゆみこの長女として生まれてきました。
(一人目の兄はまだ病院だったそうです)
 
まさしく、今日は、そんな
ゆみこの自宅出産のお話です。
 
゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——
 
つぶつぶde楽ちん子育て
自宅で子どもを産む〈第1回〉
  
つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 
子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?
 
大変な子育て…
に振り回されていませんか。
 
ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、
 
※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/
 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
生まれてくる子どもを
受け止める
 
゜+.——゜+.——゜+.——
 
IMG_1726

 

 

 

 

 

 

 

 

※写真は、イメージで、池田家のあいかちゃんです。

 

 

そして、7年後。
 
食の転換から5年経ったころ、
私の体の細胞ほとんどが入れ替わったせいか、
 
驚くほど絶好調の体とともに、
とても穏やかで満ちた感情と、今までと違う
透明な思考が自分の中から湧きだすようになっていました。
 
「今のこの体で、ほんとうに自然に子どもを産みたい」
 
という気持ちがあふれた頃、
次女の優気を授かりました。
 
そして、祥のときの経験から
ずっと調べていた
 
自然なお産についての様々な情報や、
お産の経過などを実際に試してみたいと思って、
 
家族の暮らしの場で、
赤ちゃんの誕生を迎える決心をしました。
 
そして迎えた誕生のプロセスは、
祥のときとは全然違っていました。
 
つわりが無いのは同じでしたが、
生まれるその日、直前まで普通に仕事をしていました。
 
陣痛が始まったら布団の上に座って
家族とおしゃべりして、
そして、あっもう生まれるという感覚がしたので
椅子に寄りかかって膝をついていると、
赤ちゃんがくるくると回転しながら降りてきました。
 
つづく。
 
つぶつぶグランマゆみこ
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 
次回は、
 
「あっ、もう一度産みたい!」
 
をテーマにお届けします。
 
お楽しみに。
 
つぶつぶナビゲーター
郷田 優気
 
そんな風に生まれてきた私(28歳)は、
どんな大人に育ったのか??
ぜひブログをチェックしてくださいね。
http://yukichancooking.blog.fc2.com/
 
 
p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/
 
 
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

 

 

妊婦は病人じゃない!〈つぶつぶ出産レポート/第1回〉

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 6月 22日(水)~

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

今月から、子育てメルマガのテーマは

【自宅で子どもを産む】

です。

つぶつぶグランマゆみこの出産ストーリーから、
つぶつぶマザーの体験を通して様々な暮らしの中での
赤ちゃん誕生のプロセスをレポートします。

ちなみに、私は自宅出産の第1号で、
ゆみこの長女として生まれてきました。
(一人目の兄はまだ病院だったそうです)

小さく生まれたようですが、
ちゃんと、大きく育ちました。

今日は、そんな自宅出産に至るまでの経緯を
ゆみこの実体験からお伝えします。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——
 
つぶつぶde楽ちん子育て
自宅で子どもを産む〈第1回〉
 
つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

子育てって、
大変なもの…
そう思っていませんか?

大変な子育て…
に振り回されていませんか。

ホントの子育ては、とっても簡単!
その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

゜+.——゜+.——゜+.——

妊婦は病人じゃない!

゜+.——゜+.——゜+.——

320369d1e316c263544b24586bb0613b_s

 

 

 

 

 

 

 

私が長男の祥を生んだのは1980年の6月初旬でした。

実家に帰り、母の古い友人の助産婦さんの
自宅を兼ねた産院で産みました。

28才でした。
まだ、つぶつぶに出会っていない頃です。

私自身が生まれたのは9月末で、
祖母から

「おまえは生まれたとき
未熟児でちっちゃく生まれたから、
湯たんぽの上で育てたんだよ。」

と何度も聞かされて育ち、

弟や妹をお風呂に入れるお父さんを見て育ったので、
子どもは家で生むものというイメージが自然でした。

妊婦は病人ではないし、
赤ちゃんが生まれることは、
生命の誕生という
聖なる創造の喜びあふれる場です。

だから「病院で子どもを産む」ということに、
とても変な感じがしていました。

だって、病院は病人の行くところです。

とはいうものの、
実際は現代の価値観を
一身に受けて育ってしまったので、
自分の体に無頓着なまま出産を迎えてしまいました。

なぜかつわりが無かったので、
もりもり食べ2日に1リットルの牛乳を飲んで
20キロも太った体を持て余して出産を迎えました。

なかなか生まれて来ない赤ちゃんを待って、
今思えば安産だったにもかかわらず、
痛くて、「こんなに大変だったらもう産みたくない!」と思ったのです。

生まれたらもうぐったり、
助産婦さんが3.2キロもある
真っ赤っかで体脂べったりの長男に
果汁を飲ませるのを横目で見ながら
24時間も汗びっしょりで眠り込んでしまいました。

目が覚めたら、おっぱいが張ってカチコチ、
洪水のようにあふれて赤ちゃんは
溺れそうという状況でした。

母乳にはこだわったものの、
その後の
「離乳期は何を食べさせたらいいの?」からはじまって、
あまりの無知さに我ながらびっくりの日々でした。

つづく。

つぶつぶグランマゆみこ

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

次回は、

「生まれてくる子どもを
受け止める」

をテーマにお届けします。

お楽しみに。

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気
ブログ:http://yukichancooking.blog.fc2.com/blog-category-1.html

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
「未来食セミナー」も全国各地で開催中!
詳細はこちら。
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/seminar/
PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」
メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

 

 

<未来食つぶつぶ講座27>海藻の力-③

icon_miraisyoku

③3層の海の栄養を運ぶ3種の海藻群

xwater_00325.jpg.pagespeed.ic.okAJvnUxU9

 

 

 

 

 

海藻は生育する海の深度によって3種類に分けられます。

浅い海で育つのが緑藻類、中間水域で育つのが褐藻類、一番深い海で育つのが紅藻類です。

 

代表的な食用海藻を紹介します。

 

<緑藻>アオサ、アオノリ

<褐藻>ワカメ、コンブ、ヒジキ、もずく、まつも、アラメ

<紅藻>テングサ、フノリ、アマノリ、浅草のり、トサカのり

 

ワカメは緑藻と思われがちですが、

あの緑のワカメは収穫後に茹でることで、赤色の成分が消えて緑になっているのです。

 

3層の海藻はそれぞれ、異なる栄養成分を持っているので、それぞれの層から海藻をチョイスして食べると、味わいも栄養バランスもさらに高まるのです。

 

つぶつぶグランマゆみこ

おわり(3/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!

我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる

世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる

 

【未来食セミナーScene1】

全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!

↓ ↓ ↓

https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2まとめてお得!砂糖断ち応援キャンペーン

http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

ml

 

PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」

メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

<未来食つぶつぶ講座27>海藻の力-②

icon_miraisyoku

②良質の細胞膜をつくる

xsea-ocean_00162.jpg.pagespeed.ic.ZaqeJU8Snr

 

 

 

 

 

食物繊維というのは、

食物の細胞の壁や細胞内を構成する

消化できない炭水化物(糖質)のことです。

 

食物繊維には水に溶けるものと溶けないものがあり、

細胞内食物繊維と海藻の細胞壁を作っている食物繊維は

水に溶ける食物繊維でできています。

 

この水溶性繊維には、

良質の細胞膜をつくる働きがあるので、

海藻を常食すると、

自己保存力や排泄力や治癒力の高い元気な細胞が作られます。

 

だから、海藻を常食することで、

内臓を元気にし、若々しい肌やつやつや髪を保つことができるのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!

我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる

世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる

【未来食セミナーScene1】

全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!

↓ ↓ ↓

https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2まとめてお得!砂糖断ち応援キャンペーン

http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
ゆみこの「はじめての未来食つぶつぶ講座」

メルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

<未来食つぶつぶ講座27>海藻の力-①

icon_miraisyoku

①海の浄化力をもたらす

xwater_00001.jpg.pagespeed.ic.GBLp9FROYe

 

 

 

 

 

原始単細胞を生み出した海には生命に必要な成分がすべて存在しています。

 

その海の栄養で育つ海藻には、それらがギュッと凝縮されて含まれています。

 

さらに、海はすべてのものを引き受けて浄化して地球の生命バランスを保つ役割を持っています。

 

海藻も、その浄化力を持っています。

 

毎日海藻の味噌汁や海藻を加えた美味しい料理を味わって、

海の香りを通して母なる地球の偉大な生命創造のエネルギーとふれ合い、

それを体の中に取り込むこ とで、体全体にバランスよく栄養が満ち、

体の自己浄化システムの働きが促進されます。

 

古代から日本人の健康を守ってきた海藻を積極的に食べることが、環境の汚染が進む中で身を守る大きな力になるのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(1/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2まとめてお得!砂糖断ち応援キャンペーン
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

PPS.

書籍はこちら!
「未来食」大谷ゆみこ著(メタ・ブレーン)
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/617.html

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug