<未来食つぶつぶ講座26>火の力-②

火と水を操って進化してきた人類

xfire_00034.jpg.pagespeed.ic.K4otVvyOEy

 

 

 

 

 

 

熱い火と冷たい水、それぞれ、

世界を生み出す正反対の力の性質が現象界に現れたものです。

 

凝縮と熱と物質化の性質を持つエネルギーである火と、

拡散と冷却と還元の性質を持つエネルギーである水とが結ばれることで創造が起きます。

 

調理というのは、まさに二つの力の融合による新たなエネルギーの創造を司る行為なのです。

 

火と水の結びによって、植物の構造を変容させて消化しやすいものにし、

栄養価を高めることができます。

その結果、人間は消化に使うエネルギーを極小にして、脳を働かせ、発達させることができたのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/