5月2016

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-③

icon_miraisyoku

火で調理すると栄養が壊れる、

という常識を手放そう

xfire_00028.jpg.pagespeed.ic._Cx7gAkure

 

 

 

 

 

 

火で調理することで、消化できない食べ物を消化できるように変化させることができます。

 

例えば生の穀物のでんぷんは

人間には消化が困難なβ(ベータ)でんぷんです。

 

βでんぷんは、水と火を加えることで、

結晶構造が緩んで消化しやすくなった

α(アフファ)でんぷんに変えることができます。

 

火で焼いたり煮炊きすることで殺菌効果も期待できます。

 

水を火で沸かして沸騰させると

100℃になってほとんどの菌は死んでしまうのです。

さらに、火と水の力で新しい栄養を生み出すことができます。

 

食材の栄養は、調理によって変容したり増えたりします。

 

それを栄養が消えたと勘違いしたのが

「ビタミンが壊れる」という常識です。

 

後に、壊れるのではなく違う形になる

ということが究明されましたが、

一度流布された常識をくつがえすのは難しい状況です。

 

その結果、生命のしくみに反した食事を自然食と思って、

多くの人々が、自ら無理な努力をして体を壊し続けています。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

おわり(3/3)

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-②

icon_miraisyoku

火と水を操って進化してきた人類

xfire_00034.jpg.pagespeed.ic.K4otVvyOEy

 

 

 

 

 

 

熱い火と冷たい水、それぞれ、

世界を生み出す正反対の力の性質が現象界に現れたものです。

 

凝縮と熱と物質化の性質を持つエネルギーである火と、

拡散と冷却と還元の性質を持つエネルギーである水とが結ばれることで創造が起きます。

 

調理というのは、まさに二つの力の融合による新たなエネルギーの創造を司る行為なのです。

 

火と水の結びによって、植物の構造を変容させて消化しやすいものにし、

栄養価を高めることができます。

その結果、人間は消化に使うエネルギーを極小にして、脳を働かせ、発達させることができたのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

<未来食つぶつぶ講座26>火の力-①

icon_miraisyoku

①人間の生活を支えてきた火

xfire_00016.jpg.pagespeed.ic.IOYI2L8s3E

 

 

 

 

 

 

火には、熱と光と科学物質を生む働きがあります。

 

暖をとる、明かりにする、水とともに煮炊きに使う、

獣から身を守る、焼き物を作る、焼き畑による土壌の調整効果等々、

人間の暮らしは火とともにありました。

 

日本では、火と水を神聖なエネルギーとして、

大切に扱ってきました。

 

神事でも祭りでも火が重要な役割を持っています。

そして、今でも火がかかえません。

 

日本語の根源「和語」では、

「ヒ」は源から生まれた「種々の現象の根源存在」を表す言葉です。

 

火は現象化を促す役割を持った基本のエネルギーなので「ヒ」と呼ぶのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

おわり(1/3)

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

《初開催》未来食セミナーScene3合宿at山形いのちのアトリエ

12009754_505352852971681_4851474153238168206_n

こんにちは。
つぶつぶナビゲーターの松井俊子です。
2016年のゴールデンウィークは、山形いのちのアトリエで、3泊4日の未来食セミナーScene3合宿を初開催しました!

 

いのちのアトリエでの合宿形式の未来食セミナーは、託児もOK!
今回は3名の旦那さんも来られ、総勢21名の参加者と家族が
大満足の笑顔で帰っていかれました。

 

別棟でのセミナー開催中、
お父さんと子どもたちはいのちのアトリエで思い思いに過ごします。

今回は、池田総店長の呼びかけのもと、
お父さん達もスタッフと一緒に真剣に料理!
子ども達は楽しんでお片付け♪
その様子をまとめた感動ものの動画は、

記事の最後に!

 

・。・。・。・。・。・。・。

 
山形での未来食セミナーScene3合宿は、

通常よりゆったりスケジュールのため、

セミナーだけでなく、

いのちのアトリエでの生活も楽しめて

ゆみことの交流や、参加者同士の交流も盛んです。

 

ご家族で参加すると、旦那さんや子ども達も
一気につぶつぶワールドへワープできるので、

帰ってからも楽ちん ^o^

 

みなさんの満足ぶりからも、
やはり山形での未来食セミナーScene3開催いいな!
と感じたので、今後も計画中です。

 

少人数制の開催なので、お見逃しなく!

 

未来食セミナーScene1とScene2受講前の方は、
今のうちに受講して、山形いのちのアトリエScene3受講資格を得ておいてくださいね☆
———————————

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

夏に向けて、楽ちんグルメダイエットしたい!
至福のスイーツを楽しみながら、美と健康を保ちたい!

そんなあなたのための
【砂糖断ち応援キャンペーン】実施中です
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

———————————

 

P.S
未来食セミナーScene3の裏側で、
料理に目覚める男性陣の真剣なまなざし、ごらんください!
↓ ↓
https://youtu.be/DDfRfzD92Tg

 

つぶつぶナビゲーター

松井俊子

天女セミナーScene1・2 開催しました!

niji2

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター橋ヶ谷風花です。

 

2016年の春は、青森、東京、滋賀の3箇所で
天女セミナーScene1・2を開催しました。

 

みなさん、来た時よりも肌ツヤも目の輝きもグッと増して、キラキラの笑顔で帰っていかれました♪

まだ受けていないあなたは、ぜひ、次のチャンスを活かしてくださいね。

 

4月に開催した滋賀会場の様子はこちら

o0800045013638083819-1

 

 

 

 

 

 

 

では最後に、天女セミナーに参加された方のご感想を紹介します。

 

・。・。・。・。・。・。・。

◎天女セミナーScene1

滋賀のつぶつぶマザー大森かおりさんの料理教室で、

天女セミナーを受けた方々がどんどん明るく、素敵にキラキラしていく姿を見て、是非参加したいと思っていました。

「ムズカシイことでなく、当たり前のこと。」

それを知らなかったんだ・・・と知りました。

もうすぐ4ヶ月になる娘と一緒の参加で、周りの方々も温かく見守って下さっていた事に感謝です。

(田中雅美さん)

 

夫との関係で少し悩むことがありましたが、

今日教えていただいた具体的な方法を実践し、

家庭を愛あふれる場にできそうだと思えました。

(匿名希望さん)

・。・。・。・。・。・。・。

 

◎天女セミナーScene2

自分で自分の首をしめるような意思、行動をしていた。

この世界はもっと自由でよかったんだ、

居心地のよい環境を自分で作っていけると気がつきました。

色々な可能性を信じて、自分への投資を続け、いつか近いうちにみなが笑顔で過ごせるような世界をつくっていきたいです。

(S.Iさん)

 

楽しい1日でした。

セミナーの内容は納得のことばかり。

なるほど〜の連続でした。

「3つのカギがそろってはじめて、扉が開かれる」が印象的でした。

現実を変えたいと思っていたのに、なかなか変わっていかない理由がよくわかりました。

意図をもって生きていくことの大切さを再認識しました。

自分を大切にして毎日を過ごします。

(岸本美保子さん)

 

 

おわり

 

PS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

 

 

主役は大人【後編】

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 5月 1日(日)~

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

さあ、前回からの続き
「主役は大人」の最終回です。

今日は、実際に大人が主役の子育てをしている、
つぶつぶマザーの体験談も最後に掲載!

こどもは不自由をバネに成長し、
大人が輝く世界はとっても楽チンです。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

つぶつぶde楽ちん子育て
主役は大人 【中編】

つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)

憧れの大人の
暮らしを楽しむ

゜+.——゜+.——゜+.——

親は子どもにとって最初の師です。

そして、ケアマネージャーであり、人生のコーチです。
子どもから見たら、責任を持って自由に生きている憧れの存在です。

そして、子どもは大人の卵です。

だから、自分たちが主役の
自由な、子どもから憧れられるような日々を、
親が楽しんでいることが一番の教育になります。

子どもは、まねから成長していきます。

大人が、この世界の主役として自分の才能や個性を生かして、
生活や仕事を楽しんでいる姿でそばにいることが、
子どもたちにとって一番の幸せです。

子どものきげんや好き嫌いに合わせて生活を組み立てない、

子どもの世話を暮らしの柱にしない、

それが楽ちん子育ての極意であり、

生きる力を育てる子育ての極意です。

自分がこうでありたい食卓、
暮らしを楽しんでいる中に迎え入れて、
少しだけ寄り添ってあげるだけでいいのです。

そうすれば、子どもは

「今は小さいからできないこと、わからないことがあって不自由だけど、
いつかあんな風に何でも出来て何でもわかる大人になれるんだ。」

という気持ちで不自由をバネに成長していきます。

おわり。

つぶつぶグランマゆみこ

 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 
つぶつぶマザーの体験談1
 
゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——
 

長男10歳、長女7歳、
次男4歳、次女1歳を楽チン子育て中!
つぶつぶマザー篠沢真紀子さんの
体験談をご紹介します。

【食事も遊びも大人の好みで】
 
わが家の食事。
献立は、夫か私の好きなものか作りたいものです。
ご飯とお味噌汁以外は大皿料理にして、食べたい人が食べたい量を食べます。

子どもは、ご飯とお味噌汁を食べれば、あとは自由。
おかずは食べなくてもOKです。なぜなら、ご飯とお味噌汁で完璧!なので。
子どもはその時の自分に必要なものがわかる、と信頼しているのもあります。

おかずは大人の好みで作られているので、子どもが食べなくても悲しくもなく
「たくさん食べられる♪大人の味がまだわからないのね」と思うだけです。

子どもは大人のおいしそうに食べる様子を見て「そのうち食べられるかな」なんて思うと思います。

出かける場所、遊び、音楽、イベントなどもみんな大人の好みで。
もちろん、ときには子どもが好きなものを、と考えることもあります。
これも、子どもの喜ぶ顔が見たいという、大人の楽しみの一つとしてですね。

「大人って楽しそう」→
「大人になりたい!なろう!」っていう力にしてほしいです。

子どもって与えられなくても
自らその場を楽しみ成長する力が標準装備されています。

それを信頼して、
大人がまず率先して楽しんでその姿をみせていきたいと思います。

つぶつぶ楽ちん子育て実践中の
つぶつぶマザー篠沢真紀子さんのブログはこちら
↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/honobonotubutubu/

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

いかがでしたか?

明日は、

番外編で、
つぶつぶマザー大森かおりさん、
つぶつぶマザー松村みどりさん

お二人の体験談をお届けします。

お楽しみに。

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

主役は大人【中編】

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 4月 30日(土)~

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

今日のタイトル

「子どもは不自由」

について、きっと意見が分かれるのではないでしょうか。

無責任なのだから、自由なのでは?

と思いますか?

じつは、こどもであるうちは、
とっても不自由なんです。

一体それはどういうことか、
今日の内容もお楽しみください。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

つぶつぶde楽ちん子育て
主役は大人 【中編】

つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)

 子どもは不自由

゜+.——゜+.——゜+.——

子どもの時に不自由を感じるのはあたりまえのことです。

まずは、

体が思うように動かせない、

思うように立てない、

思うように話せない、

という不自由を少しずつ克服していきます。

力が足りない、
知識が足りない、
経験が足りない、
技術も足りない、
判断力が足りない、

だから、責任を持てない、
それが子どもです。

体力をつけ、
知識を増やし、
経験を積み、
技術を覚え、
判断力を養うことで、

少しずつ大人の仲間入りが出来ます。

そのためには、素直な気持ちで、
親とともに行動し、
親や家族のしていることを見る、
手伝うことが大切です。

まずは自分のことが出来るようになり、
次は、家の手伝いが出来るようになり、

その過程で失敗への対処の仕方、
快と不快の感覚、
得意なこと、
自分の個性、
愛情の示し方、
話し方、

などを発見していきます。

不自由さは成長のバネなのです。

多くの母親が、
そのバネを与えないことが
良い子育てだと思って子育てしているので、
子育てが大変なのです。

よくよく子どもを観察して、
その時々に応じて最低限必要なことだけをします。

心はかけて手はかけない方がいいのです。

そして、手をかけなければいけないことは
あるときを境にグングン減っていきます。

普通に考えているより子どもの成長は早く、
自由への成長を強く求めています。

つづく。

つぶつぶグランマゆみこ

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

不自由な状態から、
抜けだしたい!!

そうゆう気持ちが、
こどもから大人になるときの成長のエネルギー。

だから、こどもには、
この世界の不自由さを味わうことが大切です。

例えば、ことわざにはこんな言葉がありますね。

【獅子は我が子を千尋の谷に落とす】
意味:本当に深い愛情をもつ相手にわざと試練を与えて成長させること、
またはそのようにして成長させるべきであるという考えを意味する語。

大人があれこれと口も手も出さず、
こどもが成長し自由と責任を持った大人への道を歩む姿を、
深い愛情をもって、見守ることが大切かもしれません。

じゃあ、大人はどう生きたらいいのか。

次回は、

「憧れの大人の
暮らしを楽しむ」

をテーマにお届けします。

お楽しみに。

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

主役は大人【前編】

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

~ 2016 年 4月 29日(金)~

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

今回は、
こどもと大人の役割の違い、
責任についてのお話です

こどもと大人の違いはなんでしょう?

こどもは、
絶大なる信頼をして、何も持たず、
この世界にポーン!とやってきます。

そのこどもを守り、育てるのが大人の役割です。

だから、親には責任があるのです。

こどもは、無責任にあるがままでいる。

さあ、この、責任の違いを
子育てでどのように活用しするのか。

今回も、つぶつぶ子育て連続メルマガお楽しみください。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

 つぶつぶde楽ちん子育て
  主役は大人 【前編】

つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)
゜+.——゜+.——゜+.——

 自由と責任は
 正比例することを
 体感させる子育て

゜+.——゜+.——゜+.——

IMG_3237

 

 

 

 

 

 
宇宙のルールの一つに

「責任と自由の正比例」

があります。

つまり、
人間は責任を持った分だけ自由になる
という法則です。

だから、子どもは家族に保護される存在なので、
自由ではありません。

赤ちゃんから子どもへと、
体の成長とともに、徐々に自分のこと、
暮らしのことができるようになるに連れて
自由が増えていきます。

大人は、暮らし全般や経済などの
社会の責任を引き受けているので、
子ども時代と比べものにならないほど
自由な存在です。

何でも自己決定できます。

大人同士でも同じです。

社会も「責任と自由の正比例」のルールで出来ているので、
例えば、会社であれば責任をたくさんとっている経営者が
一番発言権と自由があります。

そうでなかったら、会社はすぐに破綻してしまうでしょう。

家族であれば、
やはり親が一番発言権があり自由、
そして年齢順で発言権も自由も高くなります。

そのルールが崩れると子どもは混乱して悩み、
逸れた行動に走ったりします。

この重要なルールを日々の暮らしの中で体感させながら、
言葉でも教えて、責任ある大人へと導くのがしつけです。

子どもは責任を取れるようになった分だけ
自然に自由を感じるようになります。

達成感や満足感も感じるというおまけ付きです。

つづく。

つぶつぶグランマゆみこ

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

ちょうど、本文に沿った
「子どものことは気にしない!」という
つぶつぶマザーのブログ記事をご紹介します☆
http://tsubutsubunonchan.blog60.fc2.com/blog-entry-449.html

「料理大好きな子どもに育てた私がやってきた3つのこと」
こちらのブログも素敵です。
http://ameblo.jp/hinatabocco-tubutubu/theme5-10074299445.html

次回は、

「子どもは不自由」

をテーマにお届けします。

お楽しみに。

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

p.s.
つぶつぶ子育ての原点・未来食を基礎から学ぶ。
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/