3月2016

大人の理屈は通じない【中編】

●キッチンからはじめる私革新●

つぶつぶメルマガ 食のちから

 

~ 2016 年 3月 28日(月)~

 

こんにちは。

つぶつぶナビゲーター

郷田優気です。

 

子供だからわからないって、

誰が決めたんでしょうか?

 

それは、大人の価値観だけで子供見るから、

わからなくなるのです。

 

子供は、子供の世界の視野で

物事をみて、学び、成長しています。

 

よーーく観察してみてください。

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

つぶつぶde楽ちん子育て

大人の理屈は通じない【中編】

つぶつぶグランマゆみこ

(大谷 ゆみこ)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

子育てって、

大変なもの…

そう思っていませんか?

 

大変な子育て…

に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!

その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは

↓ ↓ ↓

http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

 

 体を動かしたい、

 触りたい!

 

゜+.——゜+.——゜+.——
IMG_5443

 

 

 

 

 

3ヶ月頃に首が据わり、

 

8ケ月前後で寝返りに成功し、

 

1才前後で立ち上がり、

 

 

「あっち」とか

「あれ」とか

 

 

指差しができるようになります。

 

 

これこそが動物にない、

「人間脳」の働きのはじまりです。

 

 

でも、まだまだ優位なのは「生物脳」です。

 

 

「生物脳」は

 

すべての動物が持っているもので、

五感が受け取った刺激による情報を判断し

生存に必要な行為を体に司令する生命力です。

 

 

この時期に「生物脳」を

しっかり育てておくことが、

バネのある適応力に富んだ

丈夫な体を維持する力になります。

 

 

この頃は善悪とか正邪という意識は

まったくありません。

 

ただただ、見えるもの聞こえるものを

触ってみたいのです。

 

 

体をどんどん動かしてみたいのです。

 

 

大人の価値観はまったく通じません。

 

 

 

「どうしてこんなことするの?」

 

「人のものを取ってはダメでしょ!」

 

「そっちに行ったら危ないって言ったでしょ!」

 

 

と、幼児の行動をコントロールしよう、

理屈で躾けようとしてイライラを募らせても、

まったく通じません。

 

 

「自分が否定された」

「破壊的な声が聞こえた」

「怖い」

 

 

などを受け取って、

存在として萎縮してしまいます。

 

 

「生物脳」が健全に発達できません。

 

 

理屈や言葉で叱るのではなく、

ただただ、子どもの様子を観察して、

 

 

自分が困らない状況、

子ども自身が危なくない状況を作る

工夫をして自由にやらせることが大切です。

 

 

 

つづく。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

1~3歳くらいの子供でも、

お話すれば、なんでもよくわかります。

 

 

そして、大人からどんどん新しいことを吸収し、

どんどんできることが増えていき、

いつしか、大人の仲間に入る準備をしているのです。

 

1歳~3歳くらいの時期に

おもいっきり体を使って遊ぶこと、

なんでもやってみる経験、

 

それを

 

「あぶない!」って止めないで、

 

見守ってあげてくださいね。

 

 

ちょっと転んだくらい、

大丈夫。

 

人は、とっても強くできているのです。

 

 

 

明日は、

 

「子どもは五感への多彩な刺激と、

まねで育つ」

 

 

 

人の「生物脳」と「人間脳」について、

そして7歳ごろの子供の状態を

お届けします。

 

つぶつぶマザーの体験談もお楽しみに!

 

 

つぶつぶナビゲーター

郷田 優気

 

 

p.s.

リアルタイムで情報を受け取りたいあなたへ!

—————-《メルマガ登録歓迎!》————–

↓↓登録はこちらから↓↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

メルマガ読者様限定情報もお見逃しなく。

 

大人の理屈は通じない【前編】‏

 

●キッチンからはじめる私革新●

つぶつぶメルマガ 食のちから

 

~ 2016 年 3月 25日(金)~

 

こんにちは。

つぶつぶナビゲーター

郷田優気です。

 

 

今日は、生まれてきた赤ちゃんが

どんな風に考えたり、感じて、生きているのか?

ちょっと、考えてみたいと思います。

 

よく、

 

・・・赤ちゃんに考えなんてない、

・・・子供だからわからない、

といって、大人は子供を子供として扱いますね。

 

でも、ここでちょっと、

自分が、子供だった時を思い出してください。

 

自分の覚えている限りでは、

どんな記憶があるでしょう。

 

自分の体験も思い出しながら、

読んでいってくださいね。

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

つぶつぶde楽ちん子育て

大人の理屈は通じない【前編】

つぶつぶグランマゆみこ

(大谷 ゆみこ)

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

子育てって、

大変なもの…

そう思っていませんか?

 

大変な子育て…

に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!

その秘訣は、、、

※つぶつぶ 詳しくは

↓ ↓ ↓

http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

 

 生物脳を

 しっかり育てる

 

゜+.——゜+.——゜+.——

 

yuyuchan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胎児期から3才までの赤ちゃんの脳は、

生命全体との一体感の中にいて

自他の区別がない状態です。

 

 

無意識状態で

 

愛と光と歓喜に満たされています。

 

 

お腹の中では自分の成長過程での刺激や、

お母さんの意識や

外から聞こえる声等の刺激を受けて

少しずつ五感と脳をつないでいます。

 

 

 

生まれる時の産道を通った経験、

 

空気の世界に飛び出してきた瞬間の空気が入って来て

アー、アーと声を出す経験、

 

お母さんの声、家族の声、

 

お母さんの肌の温もり、

 

おっぱいが入って来る時のおいしい感動、

 

手が自分を世話してくれる時の心地よさ、

 

だんだん光が見えて来る経験、

 

笑顔をするとまわり中が喜ぶ経験、

 

自分の体を触り、泣き、体を動かし、

 

起き上がり、見えるものを触ってみる、

 

 

 

そのすべてのプロセスが無意識下で

 

五感と脳の回路がつながっていきます。

 

 

この頃までは、「生物脳」という

生命体を自動的に育み成長させるための

脳主体で生きています。

 

 

つづく。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

 

まずは、生まれた直後の赤ちゃん。

 

自分のことは、思い出せないけれど、

 

それでも、誰かが育ててくれたから、

 

今、ここに、生きていますね。

 

 

 

明日は、

 

「体を動かしたい、

触りたい!」

 

3ヶ月~1歳ころの

子供の気持ちを

お届けします。

 

 

お楽しみに。

 

 

つぶつぶナビゲーター

郷田 優気

 

p.s.

リアルタイムで情報を受け取りたいあなたへ!

—————-《メルマガ登録歓迎!》————–

↓↓登録はこちらから↓↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

———————————————————–

メルマガ読者様限定情報もお見逃しなく。

 

 

ちょっとしたことで、大注目!

こんにちは。
つぶつぶエンジンルームの
池田です。
久しぶりに僕の事を書きます。
評判がよければ、
今後も続けていきますね。
さて、今日は
料理初心者だった僕が
つぶつぶ料理で大注目された話です。
それも、つぶつぶに出会って、
1週間後の出来事です。
もし、あなたが
つぶつぶ料理を通うじて
ちょっとでも注目されたい!
という気持ちがあるのなら
僕の話は参考になるかもしれません。
かれこれ、13年も前の話です。
当時24歳。肉食&ガテン系、
体重は80kg近くありました。
(今はつぶつぶのおかげで60kgです。)
筋肉も少しついてました。
その頃は、
料理は女性がやるもんだと
いう価値観を持った
どこにでもいそうなにいちゃんでした。
(少し汗臭かったと思います。笑)
ただ、心のどこかに
「多くの人から注目されたいな、
 喜ばせたいな、尊敬されたいな」
って言う願望を少なからず持っていました。
でも、
その時の僕の自慢といえば、
「重い物を持ち上げられること。」
「大食いであること」
くらいでした。
だから、
スターとはほど遠かったんです。
そんな僕が、
幸運にもつぶつぶに出会いました。
(その時の詳細はまたいつか書きますね。)
一口つぶつぶ料理を食べた時、
肉食系の僕でも素直にうまいと
感動したので、すぐに、未来食セミナーを
受講したんです。
それで、すっかりつぶつぶの魅力に
虜になった僕は、簡単なレシピから
作り始めたんです。
いきなり料理を始めたものだから、
母はビックリしてました。
兄からは馬鹿にされました。

買物に行くと

自然食品店のおばちゃんからは

ジロジロ見られました。
でも、
関係なく料理をスタートしたんです。
そうしたらどうでしょう?
友人・知人から大注目されたんです。
知り合いの知り合いに声をかけて、
食事会まで設定する人まで現れました。
その時のメニューは
ヒエのそぼろ丼です。
ただ、ヒエを炊いて、
油と醤油で炒めて、
ご飯にのせるだけです。
まさに、料理しらず、
ガテン系の僕にはぴったりのメニュー
それなのに、それが大注目、
大ごとになったんです。
もし、僕が挽肉のそぼろ丼を
作って、みんなに振る舞っていたら、
こんなことにはならなかったでしょう。
誰も食べたことのない「ヒエ」
だったから、反響が半端じゃなかったんです。
しかも「うまい!」
手軽さは挽肉もヒエもそんなに変わらず簡単です。
すごくびっくりしました。
「先生!」
なんて呼ばれちゃって
ちょっといい気分でした(笑)。
だから、
もし、あなたに、人から注目されたい
と言う気持ちが少しでもあるなら、
つぶつぶ料理を友人・知人に
振る舞うことはおすすめですよ。
つぶつぶエンジンルーム
池田 義彦
P.S.
☆大注目間違い無し!
つぶつぶ料理初心者に
おすすめの2冊をピックアップしました。
つぶつぶ 雑穀スープ
つぶつぶ雑穀 ごちそうごはん
☆ちょっと習いたい人はこちらがおすすめ!
つぶつぶ料理教室
☆いきなりつぶつぶ料理のコアを
 知りたい人はこちら
未来食セミナーScene1
PPS
今日のおまけコーナー!
◆◇◆ 総店長池田が考える
   男のキッチン美学 vol.28 ◆◇◆
笑顔の法則
真剣な眼差しで、
料理をするのも
かっこいいですが、
やはり、笑顔で
料理をすると子供や妻、
仲間が寄ってきます。
「何を作ってるの?
 手伝いたい!」
 ってな具合です。
協力者が増えます。
ちょっぴりいつもより
美味しく仕上がります。
幸せが溢れます。
「笑顔の法則」
少し、調理のスパイスに
入れてみる。
これぞ男のキッチン美学

 

信じられないほど幸せな砂糖中毒からの脱出記

 

今日は、過去の人気記事から

「信じられないほど幸せな砂糖中毒からの脱出記」をお送りします。

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

信じられないほど幸せな砂糖中毒からの脱出記

〜つぶつぶ会員Fさん〜

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

私が最初に受けたセミナーは、

ミラクルスイーツセミナー(現:未来食セミナーScene2)でした。

 

以前の私は、何を隠そう、泣く子も黙る(!?)超甘党。

甘いもの無しでは生きられない、

逆に、甘いものがあれば食事がなくても平気という筋金入りでした。

 

 

飴を袋で買ってきて、ガリガリ10分ぐらいで

平らげてしまうこともあたりまえ。

生チョコが流行り出した時は、

分厚い200円の板チョコを2枚一気に食べても、

もの足りないぐらいでした。

何かしら理由を付けては、

アイスクリーム3段重ねを、友だちとよく賭けてみたり。

 

10円入れてガムの出てくるおもちゃまで買ってきて、

ガチャガチャガチャガチャ、

着色料だらけのガムをひと袋、ふた袋、

憑かれたようにかんでいました。

 

異常でした。

でも、やめられませんでした。

砂糖中毒だったと思います。

 

 

お菓子作りは、

子どもの頃からの趣味であり特技でもありました。

 

はじめて自分で作ったおやつはチョコバナナ!

小学校1年か2年の頃だったと思います。

溶かしたチョコレートをバナナにかけ、

おねだりして買ってもらったカラフルなスプレーチョコで飾り付けして。。。

心を躍らせた日のこと、今もはっきり覚えています。

 

4年生でパンも焼くようになりました。

 

6年生の謝恩会の演目は、3分間クッキング。

最後に出来上がった苺とチョコの2種類のロールケーキを、先生にプレゼントする演出付きでした。

 

 

毎日のように作るので、だんだんと腕も上がってきました。

生クリームでデコレーションしたふわふわケーキや

甘~いババロアなどを作るのが大好き。

上手にできると家族が喜んでくれるのがまた嬉しくて、

本当によく作ったものでした。

 

 

そんな私に転機が訪れます。

 

 

あれは大学3年生の頃。

経済学の授業で、それまで考えても見なかった現実を

教えられたのです。

 

私が嬉々として作っていたスイーツが、

みんなの健康を蝕むものであること。

さらには地球をいじめているということを。

 

それを知った時は本当にショックでした。

 

みんなを笑顔にするスイーツ。

あの色、あの香り、あの感触。

 

スイーツが持つ、その場を和やかにする不思議な力で、

みんなをハッピーにしたい!

そう思ってせっせと寝る暇も惜しんで作っていた自分が、

どうしようもなく愚かに思えました。

 

実はみんなを不幸にしていたのか。

落ち込みました。

 

そして、あんなに大好きだったスイーツ作りを、

封印してしまいました。

 

 

代わりに、いわゆる「健康食」や「自然食」について調べ始めました。

そして、片っ端から実践を続けました。

確かに、やってみると、健康になったように感じました。

 

でも、意固地になって周囲の反発を受けて孤立したり、

私自身も「おいしさ」や「楽しさ」という点では

なかなか満足が得られませんでした。

 

結局、試しては飽きて、試しては飽きて、

の繰り返しで、いろいろジプシーする日々でした。

 

 

一方、お菓子作りはやめられても、

自分がお菓子を食べることはやめられませんでした。

 

デザートを食べるために、ごはんを抜くこともしょっちゅう。

 

レストランでも、ごはんは半分か無しでお願いして、

代わりにアイスクリームを注文していました。

 

 

西洋栄養学をかじり、

カロリーとかビタミンの類が気になり出して、

ノンカロリーや低カロリーのドリンクやスイーツを、

コンビニで買っては飲み食いしていました。

 

健康や食の安全を学び始め、

理性では、砂糖や添加物も悪いとわかっているのに、

やめられませんでした。

 

 

この私に限って、

甘いものだけはやめられるはずがない。

半ば開き直っていました。

 

実は、セミナーに通い出してからの数ヶ月も、

いつもの習慣で、職場にはチョコの入った箱菓子を常備。

休み時間になるとつまんでいました。

 

でも、つぶつぶグランマゆみこの、

「自分の家を、つぶつぶのスイーツでお菓子の家にしてしまえばいいのよ~!」

のひと言を思い出し、せっせとつぶつぶスイーツを作り始めました。

 

そして、食べる食べる食べる食べる。

一単位を、たいてい一人でぺろっと平らげていました。

 

同時に、普段の食事も、

シンプルなつぶつぶ食に切り替えていきました。

ごはん抜きの生活から、

ごはん、ごはん、ごはんを楽しむ毎日へ……

 

はじめは、いくらつぶつぶとは言え、

スイーツを食べ過ぎていたと思います。

 

でも、そうこうするうちに、自然と、

市販の箱菓子に手を出さなくなり、やがて、

つぶつぶスイーツの量も減っていったのです。

 

つぶつぶの食生活に切り替わったら、超甘党から、

「砂糖のいらない、かる~い甘党(笑)」に変わっていきました。

これは、本当に奇跡のような事実でした。

 

なによりうれしかったのは、

つぶつぶスイーツは、砂糖や動物性をいっさい使わない、

身体も地球も喜ぶスイーツたち。

 

だから、堂々と作って人にもプレゼントできることでした。

 

私の趣味、「お菓子作り」の封印が、正々堂々と解かれたのです。

 

 

つぶつぶのスイーツも、料理同様、基本はとってもシンプル。

でも、凝ったものだって楽しめます。

 

またパティシエ魂が目覚めてきて、

週末は、ゴージャスなスイーツ作りも楽しんでいます。

 

砂糖からの脱却をはじめ、

つぶつぶによって私の食生活が調うと、身体だけではなく、

私の心の状態も変わってきたように思います。

 

 

振り返れば、私は、気持ちが散漫で、集中力がなく、

ぼんやりしていることが多かったのです。

 

加えて、おっちょこちょい、優柔不断、

短気、泣き虫で、気分にムラがありました。

 

躁鬱なところがあり、

落ち込むと死にたいと思うことさえありました。

 

そして、これは性格なのだからしかたがない、

努力して、ひとつずつ、克服していかなければいけない、

それが大人になることだ、と思っていました。

 

しかし、大人になってその性格は改善されるどころか、

大学に入り、外食が増えると、ひどくなっていくようにすら感じられました。

 

夢にまで見た楽しいはずの大学生活。

しかし、気持ちの浮き沈みが激しく、嫌になることも多くなりました。

 

上の空のことが多く、友だちとの帰宅途中、

「ちょっと、F、聞いてないでしょ~!」と言われて、はっとすることがありました。

悪気はないけど、いつの間にかどこかにワープしていたんです。

 

「あー、今日も友だちの話聞いてなかったな~」

と、自己嫌悪に陥ることもありました。

 

 

それが、砂糖中毒から脱出し、

さらに、つぶつぶ食生活が定着したことで、

いつのまにか、上のどれもが自分の性格とは言えなくなっていることに気づきました。

 

食を調えることで、落ち着きも集中力もある、

穏やかな性格になっていたのです。

 

 

 

 

 

▼甘酒で作るいちご大福 もちろんNOシュガー!

o0480036013575636906

 

 

 

 

 

 

 

▼砂糖もバターも使わない甘酒ショートブレット

o0480036013574724490

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● ・ ○ ・ ● ・ ○ ・ ●

 

 

体を温め腸を元気にするミラクルスイーツの秘密と
簡単おいしいスイーツ料理術30点以上を一気に学ぶ
「未来食セミナーScene2」

詳細はこちら

 

「はじめての未来食つぶつぶ講座」

メルマガ登録はhttp://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-③

③IHでない炊飯ジャーがお勧め

 

合わせて、炊飯ジャーについては釜自体を温めて炊くので、だいじょうぶと伝えましたが、詳しい方に確認したところ、

IH炊飯ジャーの場合は、内釜の金属内部の電子を利用して温めているので、ごはんからも電気エネルギーが減ってしまう可能性があるということです。

 

危険度から順番を表すと、

電子レンジ



IH調理器(電磁)

電気調理器

の順になります。

 

炊飯ジャーは、IHではないシンプルなものを選ぶようにするといいです。

安価な上にエネルギーの高いごはんがおいしく炊けます。

私はシンプルな5合炊きを使っていますが、とてもおいしいです。

 

火力で良い順に並べると

 

炭火



ガス

となります。

 

ガス、薪、炭だとエネルギーを損なわないだけでなく、新たなエネルギー(電子)が付加されるので、よりおいしく炊けるのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
おわり(3/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-②

②電子レンジごはんはエネルギー不足

 

電子レンジは食品の最も基本的な要素の1つである水分に直接アプローチして発熱させます。

水の分子が持っている電気エネルギーが、マイクロ波によって発熱させられているのです。

 

だから、ごはんを食べてエネルギーを得ようとしても、すでにその多くが、食品を温めるという行為によって損なわれています。

 

IH調理器は、食品から奪った熱で調理するので、やはり、エネルギーの足りない料理を毎日食べることになります。

冷え性の人は特に気をつけてくださいね。

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

<未来食つぶつぶ講座24>ごはんを炊く-①

①「炊く」と「煮る」の違い

 

関東以北では「ごはんを炊く」と言います。
関西では、煮ることも炊く、と言います。
「火を焚く」というコトバがありますが、「タク」の和語的意味には、「何かの状態にする」「そうなるように操作する」というものがあります。

 

「煮る」については1月号でお伝えしたが、鍋の中でエネルギーが生まれ、定着して行く様子から表現した言葉です。

「炊く」は、「食材を組み合わせて、操作を加えてある状態にする、生かす」という行為者の行動から表したコトバです。

 

ごはん炊きが炊く人の技術を要することから、関東でもそこだけは、「炊く」と表現するしかなかったのですね。

 

かまど のコピー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(1/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/