2月2016

<未来食つぶつぶ講座23>和語から読み解く料理のコトバ「飯(メシ)」-③

icon_miraisyoku

③イネ、アワ、コメ、メシと変化する呼び名

 

「メシ」の前段階、つまり、殻をとって調整した炊く前の粒が「コメ」です。

和語で意味を読み解くと、「コメ」の意味は「コ=小さく凝縮した」「メ=生命発生の兆し」です。

 

そしてさらにコメの前の状態、つまり脱穀した粒は「アワ」と呼ばれていました。

「アワ」の和語的意味はこの世界を創造する2つの力の一つ、つながりと調和をもたらす女性性のエネルギーのことです。

 

それがたっぷり含まれている人間の食べ物がつぶつぶです。

5月に「アワ=種」を畑に蒔くと、秋には万倍の「アワ」が実ります。

 

畑で育っている姿が「イネ」です。

イネの意味は何度もあちこちに書いているし、書籍「ごはんの力」にも載っているので調べてみて下さい。

さらなる感動があります。

 

米だけでなく、畑で育つ穀物はみんな「イネ」「アワ」「コメ」「メシ」と呼んだと『雑穀博物誌』(草川俊著)に出ていました。

私たちの遠い祖先は、穀物は生命のエネルギーが凝縮されて、人間につながりと調和の女性性エネルギーをもたらす食べ物だということを知っていてその通りの 名前で呼んでいたのです。

 

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
おわり(3/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2まとめてお得!砂糖断ち応援キャンペーン
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

<未来食つぶつぶ講座23>和語から読み解く料理のコトバ「飯(メシ)」-②

icon_miraisyoku

②「メシ」は最高の尊敬語

 

「メシ」というと男言葉のようになっていますが、もともとは最高の尊敬語だったのです。

 

日本人が「飯」に「御」をつけて「ごはん」と呼んだのもうなずけますね。

 

和語を学んで20年を越えましたが、はじめてこのことを知った時は、生きる法則と言葉と行動が一つだった時代の言葉が今も残っていることに身震いがするほ ど感動しました。

 

反面、その意味が全く忘れさられていることや、野卑な言葉とされてしまっていることをとても残念に思いました。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(2/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

<未来食つぶつぶ講座23>和語から読み解く料理のコトバ「飯(メシ)」-①

icon_miraisyoku

①「ごはん」は中国語、本来の日本語は「メシ」

 

「ごはん」は「御飯」で、中国語の「飯(はん)」に尊敬語・丁寧語の「御」がついた言葉です。

 

大きな中国レストランに飯店と書かれています。

これ、中国では旅館のことだそう。

 

昔は旅が何日もかかったので、食事できるところ=旅館だったからですね。

 

ということで、漢字伝来前の日本語では「ごはん」は「メシ」でした。

だから「飯」の訓読みが「メシ」なのです。

 

メシを和語的にひもとくと、「メ=召」で呼び寄せる、取り寄せる等の意味の尊敬語です。

 

それが「召す」という上質のものを取り寄せて「食べる」、「着る」の意味になり、「召す」ものを「メシ」と言うようになりました。

 

召し上がるものの一番が「メシ=ごはん」だったのです。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(1/3)

 

 

PS.

美味しくなくっちゃ栄養にならない!
我慢は続かない!

今あなたが心から望んでいるエコ・ヘルス・グルメを同時に満足させる
世界最先端の食、それが「未来食つぶつぶ」です。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
全国で公認講師・つぶつぶマザーが開催中!
↓ ↓ ↓
https://www.tubutubu-seminar.jp/

 

Scene1・2・3まとめてお得!
おいしいベジ完全攻略キャンペーン実施中
http://www.tubutubu-seminar.jp/contents/learn-more/

 

 

PPS.
食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug

 

体と心の反応力を育てる子育て Vol.3

icon_kosodate

●キッチンからはじめる私革新●

つぶつぶメルマガ 食のちから

 

~ 2016 年 1 月 31日(日)~

 

 

こんにちは。

つぶつぶナビゲーター

郷田優気です。

 

 

さあ、より具体的に、

 

今日は、

つぶつぶマザーの実践術をご紹介!

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

 

つぶつぶde楽ちん子育て

体と心の反応力を育てる子育て  Vol.3

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

IMG_5328

 

 

 

 

 

 

子育てって、

大変なもの…

そう思っていませんか?

 

大変な子育て…

に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!

 

その秘訣は、巷の子育て情報を一切

手放すことと、つぶつぶの実践です。

 

※つぶつぶ 詳しくは

↓ ↓ ↓

http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

つぶつぶマザーの体験談1

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

blog_mo_sinozawa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長男10歳、長女7歳、

次男4歳、次女1歳を楽チン子育て中!

つぶつぶマザー篠沢真紀子

 

 

 

【あらゆる経験が子どもを育てる】

 

私が小さなときの話。

 

ヨチヨチ歩きであちらこちら、

小さな私を人が心配して「大丈夫?」と

母に聞くと「痛けりゃわかるでしょ」と

にっこり答えていたそうです。

 

また

 

「迷ったらなんでもやってみたらいい。

失敗したっていいんだから」

 

と育ててもらいました。

 

いろいろ失敗もしましたが、

過ぎれば笑いのネタです。

 

経験ができてよかったなと心から思います。

 

私もそんな子育てを実践中です。

本当にあらゆる体験が子どもの体と心を育ててくれます。

 

「あなたなら大丈夫。いい経験をしたね」って

にっこり見守りたいと思います。

 

心配されているより

信じてもらえている自分を感じられたほうが

どれだけ力になるかと思います。

 

もう一つ。

山形の冬のオープンハウスでは

小さい子から大人の男性女性が混ざって

雪合戦をしましたが、

 

郷田家の未来くんと太久くんが

みんなで楽しめるルールを考えてくれて、

汗だくで満喫しました。

 

学校に行かず、

自然の中で育ったふたりの頭の柔らかさ、

工夫することの楽しさに感動しました。

 

おもちゃや遊ぶ場所を

わざわざ用意することもないんですね。

 

 

親は子どもを気にするより、

自分の人生を楽しんで生き、

その姿を見せながら共に歩んでいきたいです。

 

 

つぶつぶ楽ちん子育て実践中の

つぶつぶマザー篠沢真紀子さんのブログはこちら

↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/honobonotubutubu/

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

つぶつぶマザーの体験談2

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

portrait

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長男10歳、長女7歳、

次男4歳、次女1歳を楽チン子育て中!

つぶつぶマザー伊藤信子

 

 

【子どもが遊びを「創り出す」】

 

先日「宿題は無理にさせない」と

学校と確認しました。

 

朝7時半に家を出て、

16時に帰宅する小1の長女。

 

家では遊ぶのに夢中で、

宿題はやったりやらなかったり。

 

ところが、放課後居残りで

宿題をさせられるようになり、

娘も嫌がるので、

夫が先生に手紙を書きました。

 

 

重要な場面では父親が前面に出るのがおススメ。

 

そして、保護者が全責任を負うと

はっきり伝えます。

 

子どもがのびのび過ごす時間と

空間を大切にするために、

時には思い切った行動も必要だと考えています。

 

 

さて、幼い頃から家庭菜園や

おにぎりを持って野山に出かける

「森の幼稚園」の活動をしてきたこともあり、

うちの子どもたちは外遊びが大好き!

 

最近は家の前にゴロゴロ転がっている

大きな岩の上をピョンピョン跳ねて渡るのがブーム。

 

自然の中は五感が刺激される最高の遊び場ですが、

家でも階段の飛び降りや、

壁のぼりなど、結構楽しめます。

 

 

大事なのは、親が「危ない!」と

必要以上に先回りしないこと。

 

特別何か用意しなくても、

子どもは新しい遊びを創り出し、

変化やスリルに富んだ体験にチャレンジしていくもの。

 

 

それを見守り楽しんでいます。

 

 

つぶつぶ楽ちん子育て実践中の

つぶつぶマザー伊藤信子さんのブログはこちら

↓ ↓ ↓

http://tsubutsubunonchan.blog60.fc2.com/

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

つぶつぶマザーの体験談3

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜

 

portrait

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9歳、3歳の2人の男の子を楽ちん子育て中!

つぶつぶマザー大森かおりさん

 

【親がおおらかな気持ちでいると、子どもも安心】

 

気が付くと外に出て

裸足で走り回っている冒険好きの次男坊と、

絵や工作など細かい作業が大好きな長男。

 

子どもたちは自分で考えて、

やりたいことを存分に楽しんでいます。

 

次男は、川に入ってみたり、

1人であちこち探検に行ってみたりしますが

 

「危ない」「無理」「汚れるからやめようね」

 

という言葉はかけず、

言いたくなっても我慢、我慢。

 

見守りはしていますが、

必要以上に手や口を出しません。

 

時には転んだり、

全身びしょぬれになったりするけれど、

それも経験。

 

私が「大丈夫だよ」と

おおらかな気持ちでいると、

子どもたちも安心してのびのび遊び、

遊びから色んなことを学んでいます。

 

 

一方私も、子どもの遊びのように、

つぶつぶマザーの仕事を

心から楽しめるようになってきました。

 

 

型にはまらず、楽しんで「やりたいからやる」。

 

 

そうなると、どんどん新しいアイデアが浮かび、

やればやるほどパワーが湧き上がってきます。

 

それが伝わるのか、どんどん人の流れ、

愛で循環するお金の流れができてきました。

 

楽しく、かつ真剣に責任を持って

仕事をする姿を子どもたちに見せ、

時には子どもと一緒に思いっきり遊ぶ、

そんな毎日が本当に幸せです。

 

 

 

 

つぶつぶ楽ちん子育て実践中の

つぶつぶマザー大森かおりさんのブログはこちら

↓ ↓ ↓

http://ameblo.jp/hinatabocco-tubutubu/

 

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

 

今日は、長くなりました!

 

それぞれ、各家庭ごとの実践をしながら、

親も子どもと共に成長し、

 

こどもは、いつか大人になっていくのですね。

 

つぶつぶ流子育て、1月のシリーズはいかがでしたか?

 

次回もお楽しみに。

 

 

つぶつぶナビゲーター

郷田 優気

 

PS.

リアルタイムなゆみこの

最新メッセージをメルマガ配信しています。

登録は↓↓↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

 

PPS.

つぶつぶ楽チン子育て記事のまとめはこちら

http://tubutubu-officialblog.net/category/rakuchin

 

 

 

スタッフMに迫る!《後編》

icon_mailmagazine2

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
橋ヶ谷風花です。

 

昨日に引き続き、
スタッフMに迫る!をお届けします。

 

※前編はこちら↓
http://tubutubu-offic
ialblog.net/2016/02/01/3018

 

未来食セミナーScene1・2・3を一気に受講し、
その後、人生が大きく変わった
セミナー運営部長・松井俊子。

 

今日は未来食セミナー受講後の様子に迫ります。

 

 

——————————–

スタッフMに迫る!《後編》
~未来食セミナー受講後~

 

【Q1】 未来食セミナーScene1・2・3を受けた感想は?

【A1】 期待以上でした。
特に未来食セミナーScene1では、何度も衝撃を受けました。
学んだことをすぐに実践できるのが、嬉しかったです。

 

【Q2】 未来食セミナーScene1・2・3を一気に受けて良かったと思うことは?

【A2】 もともと、ケーキを一度にワンホール食べてしまうほどの
ひどい砂糖中毒だったので、
スイーツ料理術を学べる未来食セミナーScene2を早い段階で受けておいて良かったです。

また、未来食セミナーScene3では、
Scene2を一緒に受講した方と再会したりして、
学びの仲間ができたことが心強かったです。

 

【Q3】 食を転換する過程で、
悩んだことや挫折したことはありましたか?

【A3】 私の場合は、特にありませんでした。
未来食セミナーScene3を受けたあとは、
すぐ未来食スクールに通い始めたので、
月に1回仲間と会い、情報のシェアができたのが良かったです。
モチベーションも保たれました。

最初は「本当にお肉や乳製品をやめられるのかな?」と思っていましたが、
おいしいから続けてみよう!と思ってやっていたら、スムーズに食転換ができました。

 

【Q4】 未来食セミナー受講後、体調に変化はありましたか?

【A4】 未来食セミナーScene1を受けたのが2011年8月でしたが、
その後、Scene2、3、未来食スクールと受けて、
2012年の春には、なんと花粉症の症状が一切出ませんでした。

冷え性もすぐに改善しました。

 

【Q5】キャンペーンの利用を迷っている方へ一言。

【A5】 未来食つぶつぶ実践への1番の近道は、
未来食セミナーScene1・2・3を一気に受けてしまうことだと思います。

未来食つぶつぶの全体像を知った方が、
食の転換もスムーズで、体も心も早く変化します。

ピンと来ている方は、その直感を信じて、ぜひ飛び込んでみてくださいね。
お待ちしてます♪

 

ーーーーーーーーーーーー

 

いかがでしたか?
自分の直感に従い、何の迷いもなく
未来食セミナーScene1・2・3に申込んだ松井。

その結果、無理なく食を転換し、
心身ともに元気に美しくなった彼女の活躍に今後も目が離せません!

 

ちなみに・・・
5年前は一人暮らしでしたが、
今では婚約中の彼とラブラブ2人暮らし中です♪

 

おいしいベジ完全攻略キャンペーン
> 詳細はこちら
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/2016/01/post.php

 

セミナー運営部長・松井俊子
> ブログはこちら
http://tubu-kitaru.blogspot.jp

 

PS.

つぶつぶの最新ニュースをリアルタイムで受け取ろう!

メルマガ登録はこちらから↓

http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 

スタッフMに迫る!《前編》

icon_mailmagazine2

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
橋ヶ谷風花です。

 

今日は、2016年のビックなキャンペーン
「おいしいベジ完全攻略キャンペーン」の名付け親
スタッフMの話をします。

 

※おいしいベジ完全攻略キャンペーンの詳細はこちら
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/2016/01/post.php

 

スタッフMとは、つぶつぶエンジンルームの
セミナー運営部長・松井俊子(33歳)のこと。

 

松井は5年前に、大谷ゆみこ著「未来食」に出会い
半年後に、おまとめ割引キャンペーンを利用し、

未来食セミナーScene1~3を一気に受講したのです。

 

そんな松井に当時の様子を聞いてみました。

 

 

——————————–

 

スタッフMに迫る!《前編》
〜未来食セミナー受講前〜

 

 

【Q1】5年前は、どんな生活をしていましたか?

【A1】東京で一人暮らしをしていました。
配送業者の仕事と、フリーランスの編集者を掛け持ちしていました。

 

 

【Q2】つぶつぶに出会う前にやっていたことは?

【A2】「食」に興味があったので、
自然食の料理教室に通っていました。

 

でも、学んだことが実践に結びつかず
結局3ヶ月くらいで通うのをやめてしまいました。

 

しかも、料理教室でお腹いっぱいになるまで試食をするのに、
帰り道では毎回、コンビニに寄って、お菓子を買って食べていました(笑)
心も体も満たされていなかったのかもしれません。

 

 

【Q3】未来食セミナーScene1~3を一気に申込んだ理由は?

【A3】「未来食」を読んだとき、
未来食セミナーにいけば、私が求めていたことが知れる!
と、確信しました。

未来食セミナーScene1を受けたら、
絶対にScene2、3も受けたくなってしまうだろうと思ったので、
だったら、キャンペーンを利用して、お得に受講しようと思いました。

 

 

【Q4】参加費に対する懸念や、
まとめて申込むことへの不安はありませんでしたか?

【A4】一切ありませんでした。
食を本気で学ぶために、大学に行くことも考えていたので、
4年間の学費に比べたら、
セミナー代の20数万円は、安いと思いました。

 

 

——————————–

 

今日はここまで!
明日は、未来食セミナー受講後の様子をお届けします!

 

 

おいしいベジ完全攻略キャンペーン
> 詳細はこちら
https://www.tubutubu-seminar.jp/contents/2016/01/post.php

 

セミナー運営部長・松井俊子
> ブログはこちら
http://tubu-kitaru.blogspot.jp

 

PS.

つぶつぶの最新ニュースをリアルタイムで受け取ろう!

メルマガ登録はこちらから↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug