skip to Main Content

暮らしの責任を果たす積み重ねが子どもを育てるVol.1


●キッチンからはじめる私革新●
つぶつぶメルマガ 食のちから

 

~ 2015 年 12 月 25日(金)~

 

こんにちは。
つぶつぶナビゲーター
郷田優気です。

 

今日のテーマは、
自分を肯定できな子供たち。

 

実は、わたしも自己肯定ができない
タイプでした。

 

 

自己肯定は育てられて行くものであり、
「自分で気がついていくこと」
でもあったのです。

 

私たち日本人、
そして子供達が
自己肯定できない、
本当の理由とは?

 

つぶつぶグランマゆみこがお届けします。

 

゜+.——゜+.——゜+.—— ゜+.——

 

つぶつぶde楽ちん子育て
暮らしの責任を果たす積み重ねが子どもを育てるVol.1
 
つぶつぶグランマゆみこ
(大谷 ゆみこ)

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

somen4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てって、

大変なもの…

そう思っていませんか?

 

大変な子育て…
に振り回されていませんか。

 

ホントの子育ては、とっても簡単!

その秘訣は、巷の子育て情報を一切
手放すことと、つぶつぶの実践です。

 

※つぶつぶ 詳しくは
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/concept-atarashiiwatashi/

 

゜+.——゜+.——゜+.——

自分を肯定できない
子どもたち

゜+.——゜+.——゜+.——

 

「あなたは、自分に価値があると思いますか?」と
高校生に問いかけたところ、
自分を価値ある人間と認めたのは、
日本36%、米国89%、中国88%、韓国75%、

 

「自分を親が認めてくれていると思うか?」との問いには、
日本33%、米国91%、中国77%、韓国64%
というデータがあるという話を聞きました。

 

日本の高校生は、アメリカや中国、
韓国と比べて、自己肯定感が半分以下、
親に認められている意識も
同じような結果だそうです。

 

つぶつぶを訪れる大人たちも、
その多くが自信が無いと言います。
親に認められなかったと思っています。

 

先月号に書いたように、本人の意識が
そのまま現実になるので、
自信が無いと思って生きるのは
とても損な生き方なのです。

 

では、どうしたら
自信を持って生きられるのでしょう。
まずは原因を知る必要があります。

 

一番の原因は、
敗戦と今も続くその後の占領政策によって
日本の大人たちが自信を失ってしまったことです。
 
夢も志もない大人を見て育って

自信を持つことはできません。

 

その子ども世代が自信のない大人になって
さらに自信なく生きているのですから、
この結果でもまだましということかもしれません。

 

二番目の原因は、
素晴らしいものは外にあって
自分にはないという教育システムと
マスメディアの情報です。
 
特別なスター、特別な地位の人、
特別なお金持ち、特別な才能の人だけが

素晴らしい生活を楽しめると
思い込まされて育つのです。

 

そして、親ができなかったことを
学ぶことに時間を奪われて育ち、
さらに挫折感を味わい続けます。

 

そして三番目の原因が、
時間の大半を机上の勉強に奪われて
その躍動する成長期のエネルギーを
心から楽しむ経験のない日々、
テストで評価され続けるストレス生活が、
できていないことにフォーカスする
厳しすぎる評価の心理パターンを形成してしまう。。

 

つづく、、、

 

゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——゜+.——

 

明日は

 

『暮らしの責任を果たす
積み重ねが子どもを育てる vol.2』

 

テーマは

「達成感と満足感のある
誇らしい気持ちの種を
たくさんまく」

をお届けします。

 

社会的原因があるなかで、
わたしがその中で
のびのびと子育てするには、

いったいどうしたらいいの!?

と、
思いますよね。

 

じゃあ、こうしてみたら?
という具体的な方法や、
アイディアなども、
つぶつぶマザーの実体験をご紹介!

 

お楽しみに。

 

つぶつぶナビゲーター
郷田 優気

 

PS.

リアルタイムなゆみこの

最新メッセージをメルマガ配信しています。

登録は↓↓↓
http://tsubutsubu.jp/mailmagazine/

 


Back To Top