究極のエコロジー

icon_mailmagazine2

こんにちは、

つぶつぶ総店長池田義彦です。

 

最近暑くなりました。
喉が渇き、水分補給が多くなる時期です。

 

そんな時!

つぶつぶ流は

 

『梅酢水』

 

梅酢を水で割っただけ!

 

いつもより、水の摂取量が増える夏だからこそ
これです!

 

うちの娘(2歳、4歳)も大好きです。

 

ついつい冷たいもの、水分補給が多くなり、

お腹が緩みやすい季節

ミネラルたっぷり、体が引き締まるので、おすすめです。

 

塩加減は自分が美味しいと思えるところ

 

さて、

 

今日は究極のエコロジーについてです。

 

実は、13年前、エコロジーに目覚め、

生活を一変させた経験があります。

 

大自然の大切さを描いたドキュメンタリー映画

をみたのがきっかけでした。

 

美しい風景、神秘的な大自然を見ているうちに

『地球に優しい事をしよう!』

と思ったのです。

 

その当時、アメリカ留学を企て、

資金をすごい勢いで貯めていました。

 

引越屋、

工事現場での肉体労働、

警備員などなど掛け持ちをして働いていました。

 

私の職場仲間は、

焼肉大好き、レジャー大好き、騒ぐこと大好きの

ガテン系男子ばかりです。

 

もちろん、私もその一人でした。

その私が、突然、エコライフを語り、

実践し始めたのです。

 

車より、自転車

エスカレーターには乗らずに、階段

水筒や箸を常にカバンに入れ、

割り箸は使わず、

自動販売機にも頼りませんでした。

 

野菜も家庭菜園で育て始めました。

すっかり様変わりした私に、

ガテン仲間はみんな白い目で、

『あいつは変な宗教にはまってしまった。』

と煙たがるような視線を向けるようになってきました。

 

でも、興味、関心は増していき、

環境団体に所属し、

勉強会にも頻繁に顔を出しました。

地球の裏側に位置するエクアドルまで、

飛行機で24時間かけて行き、

原住民の方との生活を体感し、

持続可能な社会とは何かを考えました。

 

鉱山開発の現場も目の当たりにして、

やるせない気持ちになりました。

 

お金は使わない!

物を増やさない!

ゴミは捨てない!

私の活動はどんどんエスカレートしていきました。

 

ガテン系仲間と

ワイワイ、楽しんでいた頃の私は

比較的前向きで明るい性格でした。

 

でも、

人格が少しづつ変わり、

自虐的、批判的になっていったのです。

 

『日本の企業はダメだ、

自分の生活スタイルはダメだ、

あいつはエコじゃない!』

 

そんな感じになってしまっていたのです。

『地球のために、私はいいことをしている!』

そのことだけをただひたすら思って活動していました。

 

そんな風に歩んでいた私の行き先を

180度ひっくり返してくれたのが、

つぶつぶグランマゆみことの出会いでした。

 

彼女は

『自分自身の体内環境を整え、心がキラキラ輝き出せば、

地球が喜ぶ社会になるよ!』

と言ったのです。

 

かなりのショックを受けました。

今まで、私は外に対しての問題ばかりにフォーカスをしていたのです。

 

自分のことはそっちのけでした。

 

だから、怒りや不安だけが膨らんで、

人を攻めるようになったんだと思います。

それでも、

『それが、善だ!』

と思い込んで前に進んでいたのです。

 

つぶつぶグランマゆみこの話を聞いて

『はっ!』としました。

『もしかして、戦争も同じなんじゃないか?

各々の国は善だと思って戦っているのではないか?

悪いことをしていると思いながら戦っている国は少ないのではないか?』

 

『今の私の行動、考え方はまさに、

善を掲げた戦いだったのではないか?』

 

そう思えたとき、

私はいてもたってもいられず、

未来食セミナーに参加しました。

 

そして、気づきました。

 

『究極のエコロジーは自分自身を輝かせること!』

なんだと、

そして、戦うのではなく、輝く自分を楽しむこと、

 

そうすると、人はどんどん寄ってきて、

笑顔が溢れる。

 

私も幸せだし、相手も幸せになれるのです。

これだ!と思いました。

 

そんな風に心が入れ替わった時、

かつて、私に白い目を向けていた友人が

時々、つぶつぶカフェやボナ!つぶつぶに

足を運んでくれるようになりました。

 

今は本当に毎日が幸せでいっぱいです。

 

つぶつぶの面白さ、

喜び、楽しさを発信していくこと、

それが私ができるエコ活動だと思っています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

つぶつぶ総店長

池田 義彦

 

* * *

 

次回は

 

”究極の節約、高級食材が叶える!? ”

 

についてです。

 

PS

 

つぶつぶを身につけ体内環境を改善しよう!

 

料理教室に参加がおすすめです。

 

↓ ↓ ↓

 

https://tubutubu-cooking.jp

 

イキイキボディーを手に入れ、キラキラ輝きたい人

 

未来食セミナーScene1への参加がオススメ!

 

↓ ↓ ↓

 

https://www.tubutubu-seminar.jp

 

PPS

 

今日のおまけコーナー!

 

◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 vol.22 ◆◇◆

 

『人件費を設定しよう!』

 

あなたの人件費はいくらですか?

 

東京の最低賃金は888円/時給

 

ホテルのバイト1500円/時給

 

家事歴何年?かで決めてもいいですね。

 

その上で振り返りましょう。

 

1日何時間家事育児をやっているのか?

 

家計簿をつける人はいます。

 

そこで、お金の使い方のプランをたてます。

 

人件費を意識すると、

 

時間の使い方のプランを立てるようになります。

 

それにより、

 

アイディアが生まれます。

 

自由な時間が増えます。

 

プロの視点が育まれます。

 

時間の使い方が上手になります。

 

いいことたくさん

 

これぞ男のキッチン美学