20年勤めた公務員を辞め移住、新しい暮らしを創造中! ~村上美保〈講演会@安曇野 開催世話人〉

icon_event

今日は、
7月4日(土)に長野県安曇野で開催する
つぶつぶグランマゆみこ講演「雑穀で世界に光を」の開催世話人、
つぶつぶマザー村上美保さんからのメッセージをお届けします。

 

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

 

 

今日も、ありがとう。
みんな、ありがとう。

 

朝起きて、目の前に広がる世界に向かって口ずさむ言葉。
私の1日の始まりです。

 

こんにちは。つぶつぶマザーの村上美保です。

 

1年前に、ご縁を頂いた安曇野に家族で移住しました。
今は、新しい環境の中で、
新しい出会いや日々の出来事にワクワクしながら、
新しい暮らしを創造中です。
http://www.tsubutsubu.jp/community-mother/mother-murakamimiho/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

長野県内2カ所で初開催!
つぶつぶグランマゆみこの講演会「雑穀で世界に光を」安曇野会場、
いよいよ7月4日(土)開催です!

 

お申し込みは今すぐこちらから
    ↓ ↓ ↓
http://kokucheese.com/event/index/276848/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

私は、1年前まで、国家公務員として約20年間、
東京・霞が関を中心に働いてきました。

 

仕事は生活していくために必要な生計を立てる手段。

 

何事にも慎重で自信のない私は、自分が傷つかないように、
いつも安心・安全な道を選んできました。

 

他人と衝突しないように、摩擦を起こさないように。
周りの人が自分をどう思うか、どう感じるか。
他人目線で生きてきたので、自分の思いや意見は後回しに、
相手の意見、他人を尊重することが大切だと思っていました。

 

 

社会的に安定した職、不安のない生活、
家族もいて、住む家も食べる物もあり、娯楽を楽しむ余裕もある暮らし。
有り難いほどに恵まれた環境の中で、幸せであるはずの暮らし・・・
それなのに何故か心はいつも不完全燃焼。

 

その空虚感を埋めるための何かを求めて、
自己啓発本やセミナー、旅行や習い事など、色々やりました。
前職での貴重な経験や人との出会いも、私の成長を促してくれました。

 

でも、何か違う、どうしても満足しきれない自分に、
自分の居場所ではない違和感や窮屈さを感じながら、
生活していくために、何かを妥協し、何かをあきらめながら、
自分ができることを淡々とこなすように仕事をし、暮らしていました。

 

 

人生はこんな風に過ぎていくもの、私の人生ってこんなものかな。
定年までの暮らしさえも想像できるような平坦な生き方でした。

 

それでも「食」に対する意識を変えたことで娘のアトピーが治った経験より、
「食」に関わることをライフワークにしたいと思うようになっていましたが、
現状を変えるほどの勇気も覚悟もなく、どうしたら良いのかわかりませんでした。

 

 

そして、起こった311東日本大震災。

 

見えていなかった現実、見えない不安の中で、
どうやって子供を守っていったら良いのか、
この先の未来はもちろん、自分さえもどう保てば良いのかわからなくなりました。

 

不安な未来、無力な自分。

 

私は何のために、ここにいて、
何のためにこの仕事をして、一体何に向かって生きているのか・・・
途方に暮れました。

 

 

そんな中、出会ったのが「つぶつぶ」でした。

 

実際、私が「つぶつぶ」で学んだのは、
「食」はもちろんですが「生き方」そのものでした。

 

それまでの私は、
あまりにも無自覚に自分の人生を曖昧に生きてきました。

 

自分の人生の目的や照準を合わせずに、なんとなく日々暮らしていたので、
自分自身の軸がなく、目の前で起こる小さな出来事にすぐに影響され、
不安になることが多くありました。

 

ゆみこさんから、
「不安にフォーカスすると不安が増大するだけ。
 不安ではなく、喜びや希望、夢を膨らませて生きることの大切さ」
を教えてもらった時は、まるで暗闇に差し込む光のようでした。

 

光に向かって歩けばいい。

 

ただそれだけのこと。

 

そんなシンプルな生き方のルールもわからずに、
私は、ただ暗闇の中で目隠しをしたまま右往左往して
不安に怯えていたのです。

 

自分の中に見え始めた一寸の光。
その光を辿るように「つぶつぶ」での学びを深めました。

 

 

ゆみこさんが日々の暮らしの中で検証、実体験する中で得られた学びは、
私には目から鱗の真実ばかりでした。

 

自分の中に植え付けられた常識、先入観、固定概念。
「こうあるべき」といった狭い思考が、自分の心と身体をガチガチに縛っていました。
自分の感情も思考も心も身体も、
フリーズしそうな狭い世界の中でしか動けなくなっていました。

 

 

私を不完全燃焼にしていたのは、実は、
仕事でも、人間関係でも、環境でも、社会問題のせいでもなく、
自分の意識や間違った心の向きでした。
自分で自分を縛り、苦しめていたのです。

 

自分を縛っていた固定概念、自分を塞いでいたネガテイブな心、
一つ一つ剥がしていく度に、
心と体がクリアに、軽やかに自由になっていきました。

 

 

退職、移住、つぶつぶマザーになる時など、
これまで経験したことのない世界に飛び込む時は、
不安や恐れに取り憑かれそうなこともありました。

 

でも、
今に留まりたくない、
私は、自分が望むような私を生きたい、
その思いで踏み出してきた一歩。

 

その先には、
これまで見たことのない美しい景色が広がっていました。

 

私が全てだと思っていた世界は、
私の経験の中でしか見えていなかった狭い世界。

 

覚悟を決めて自分の中の何かを超える度に、
あたらしい世界で生きる、あたらしい私に出会えました。

 

目の前の世界がキラキラと輝いて見えるようになりました。

 

 

毎日違って、毎日おもしろい。
日々の出来事に感謝し、喜び、今ここに生きていることに幸せを感じる。
そんな自分になれたことが嬉しいです。

 

臆病で自信のなかった私にできたこと。
望めば、誰もができること。

 

 

あなたは、今、幸せですか?

 

 

ゆみこさんは、
自分の人生を思い切り楽しみ、自らのいのちを輝かせながら、
周りの人や世界も光で照らそうと真剣に生きている人です。
そして自然体なのにチャーミング。

 

それぞれ一人一人が、自分らしく自分の人生を輝かせて生きる。

 

そんな生き方のヒントを、ゆみこさんに会って感じてほしいのです。

 

わたしが変わる。
暮らしが変わる。
世界が変わる。

 

どうぞ、いのちを輝かせるための、
新しい自分の扉を開いてみてください。

 

皆様の笑顔に会えるのを楽しみにしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

《つぶつぶグランマゆみこ全国講演ツアー@安曇野会場》

 

〈日程〉
7月4日(土)13:30〜16:00(開場13:00〜)

 

〈会場〉
あづみ野池田クラフトパーク内「創造館」
長野県北安曇郡池田町大字会染7770
http://www.ikedamachi.net/wp/?page_id=135

 

〈参加費〉
早割3,500円、7/1〜当日4,000円
ペア割6,500円(6/30まで)

 

〈お申込み〉
1)こくちーずの申し込みサイトから
http://kokucheese.com/event/index/276848/
2)メール:marunohi000@gmail.com
3)ファックス:0261-62-0711
4)電話:090-1850-0520

 

こくちーず以外でお申し込みの際は、以下の点をおしらせください。
1)お名前
2)お電話番号
3)メールアドレス
4)ペア割申し込みの場合は、ペアの方のお名前、お電話番号
をおしらせください。


 

折り返し入金方法をご連絡いたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

             講演会安曇野会場 開催世話人 つぶつぶマザー・村上美保
             Blog:ま〜るい暮らし@つぶつぶ雑穀の家「まるのひ」@長野県あづみの
             Facebook:https://www.facebook.com/miho.murakami.94695
             Mail:marunohi000☆︎︎gmail.com(☆︎を@に変えて返信)

 

 

PS.

 

ゆみこさんの講演会は、日本全国で開催しています。

 

今月末は、6/27(土)滋賀・28(日)大阪で開催!
来月は、長野の他に北海道・新潟でも開催します。

 

全日程はこちらからご覧ください。
  ↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/LP/tour2015/