アウトドアとつぶつぶのマリアージュ

こんにちは、
つぶつぶ総店長 池田 義彦 です。


暑い夏

アウトドア好きな私は

海、山、川

どこに行くか

考えるのが楽しみでしかたありません。

中でも食事は何にするか
私にとって、かなりの重要ポイントです。

今日はつぶつぶ雑穀料理がアウトドアを
大自然とハモりながら、いかに盛り上げるかについてのお話です。



12年前までは、アウトドアには
肉・魚介・チーズは当たりまえだと思っていました。

時にカップラーメン、
サラミ、
チーカマ、
コンビニパスタ、
ビールそんなメニューで

海、山、川

のレジャーを楽しみました。

仲間とワイワイやり、
それなりに楽しかったです。

でも、後味が何かすっきりしない
感覚も覚えていたのです。


なにか、
体がモワッとした感じで、
ちょっとした不快感です。


飲みすぎたか?
食べすぎたか?
はしゃぎすぎたか?


そんな風に思って、
特に、そこまで気にはしていませんでした。


でも、

その正体が未来食セミナー
https://www.tubutubu-seminar.jp
を受講してはっきりしたのです。


レジャーに行き、
大自然に身を任せ、
カラダの細胞は気持ちよく高ぶり、
開放感に満ち溢れます。


そんなカラダも喜ぶ好環境にもかかわらず、
食べるものは


肉や魚、
化学調味料、
添加物だらけの加工品


そう!
その場所と食事のギャップに体はびっくりしたのです。

きっと、
カラダは悲鳴をあげて、
モワッとした違和感で私に訴えかけたのです。

その事に気付いた後、

レジャーでの食べ物を
大自然のルールに沿った
つぶつぶ雑穀料理に切り替えました。


舌にも、カラダにも
美味しいつぶつぶ雑穀料理を
一口食べた時

正直、
びっくりしました。


ワインで例えるならば、
まさしく、大自然の空気、光、水、素晴らしい景色と
つぶつぶは最高にマリアージュするのです。

こんなにも私が自然と溶け込み
最高の気分を味わったことは今までにありませんでした。

レジャーに対する価値観が一変しました。


かつて、

山頂に辿り着いた時、

せっかくの素晴らしい景色、

澄み切った清らかな空気、

の中で、
私はインスタントラーメンを食べていました。


今思えば
もったいなかった!


でも、今は山頂に辿り着く醍醐味が
増えた喜びでいっぱいです。


かなり、おすすめですよ。




さあ、みなさん!

今年の夏は大自然とつぶつぶのマリアージュ
どうぞお楽しみください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
 


*   * *



次回は

“つぶつぶレジャーはシンプル爽快! ”

についてです。 


             つぶつぶ総店長
             池田 義彦



PS.

今年の夏は、
大自然でつぶつぶを食べてみたい人!
料理教室に参加してみてください。
http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=304

どうせやるなら、本格的に身につけて、
とびきりの夏のレジャーを楽しみたい方!
未来食セミナーがおすすめです。
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php


PPS.

今日のおまけコーナー!


 ◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 vol.17 ◆◇◆

         『テーマにあったBGM』

いつもと少し違う演出をするために
できることはたくさんありますが、

あまり凝りすぎると
疲れてしまいます。

でも、料理のテーマにあったBGMを流すだけで、
かなり特別感を演出することができます。

中華には中華の
エスニックにはエスニックの
イタリアンにはイタリアンの
BGM

手軽に、
相手を喜ばせる空間演出、

たまには日常と違う食卓をコーディネートして、
ちょっとした感動を届ける

さりげない心配り


これぞ男のキッチン美学