skip to Main Content

世界一の高齢社会・ニッポン・だからつぶつぶ雑穀を食べよう!


2014年8月、

さいたま市在住の男性

111歳196日が

 

英国のギネスブックにより

 

『在命中の世界最高長寿の男性』

 

に認定されました。

 

 

こんにちは、つぶつぶの池田 義彦です。

 

すごい記録が打ち出されました。

 

日本はまさに、世界一の長寿国です。

 

 

実は、

 

小学校の頃、

 

長生きしたいと思っていました。

 

できることなら死にたくないとも思いました。

 

 

でも、

 

中学校の頃、

 

社会の授業で介護の問題に触れた時

 

長生きはしたいけど

 

健康じゃなかったら嫌だなと思いました。

 

 

高校生になると、

 

少子高齢化問題を知り、

 

長生きは本当にいいことなのか?

 

 

と思い直しました。

 

そんな考えがよぎった3年後の春、

 

生き方の目標がしっかり定まりました。

 

きっかけは

トライアスロンに出場したことです。

 

4km    水泳

 

180km   自転車

 

42,195km マラソン

 

ヘトヘトになりながら、

なんとか完走しました。

 

いい経験したなと

すこしナチュラルハイになりながら、

他の選手と語りあっていました。

 

 

“本当によくやりきったな!”

 

“若い頃しかこんなことできない!今体験できてよかった”

 

 

と思いながら、しばらく

ハイな状態を楽しみながら、レースの余韻に

ひたっていました。

 

 

朝8時からスタートした大会でした。

 

タイムリミットは深夜12時。

 

そろそろ、大会も終了にさしかかった

 

 

その時

 

なにやらゴール付近で大歓声が聞こえてくるのです。

 

その声量はどんどんと大きくなっていきました。

何があったのかとそばまで駆け寄りました。

 

 

びっくりしました。

 

 

なんと、

 

 

70歳近い男性がゴールしたのです。

 

達成感に満ち溢れた笑みを浮かべながら

 

 

正直、若い人だけのチャレンジだと思い込んでいました。

 

衝撃的な出来事に価値観が一気に崩れ落ち、

 

それと同時に強く思いました。

 

 

“こんな風に力強く、元気にいきたい!

 

そうすれば、介護や少子高齢化問題も解決する!”

 

 

私は探しもとめました。

 

どうすればそんな生き方ができるのか?

 

いろいろ試しました。

 

酵素、

 

サプリメント、

 

漢方、

 

などなど

 

健康的なものにはいろいろと触れました。

 

 

でも、今一腑に落ちず

暗中模索をしていました。

 

なぜなら

健康情報は氾濫し、

 

塩がいいという人がいれば、塩は悪いという人もいる

 

お酒はいい、お酒は悪い

 

砂糖がいい、砂糖は悪い

 

などなど情報が多すぎて

なにが正しいのかわからなくなっていたからです。

 

 

とにかく、ただひたすら

思いました。

 

“本物に出会いたい、

 

本物に出会いたい”

 

 

 

そして、これだ!と思えた出会いが

 

つぶつぶグランマゆみこでした。

当時こんな話をしてくれました。

 

 

 

90歳の女性で鍬を振り、畑を耕し、

元気に生きている村が

 

かつて、あちこちにあった。

 

医者も、薬もなく

 

もちろん、介護もない

 

誰にも迷惑がかからず、

 

ある日、どこからかお迎えがきたかのように

 

静かに息を引き取る

 

そんな理想な暮らしを昔はあちこちでしていたのだそうです。

 

そういった村で食べ継がれていた食事が

 

つぶつぶ料理のベースとなっているのだとも聞きました。

 

 

“私が追い求めている世界は

 

まさに、これだ!”

 

と思い、

 

まずは、未来食セミナーに参加し、

つぶつぶの基礎を学び、食べ始めました。

 

 

それから、11年が経ちました。

 

かつて、年3、4回は行っていた

医者にまったく行かなくなりました。

 

さらに、気力・体力は右肩上がり

 

この食事ならば生涯、迷惑をかけずに

 

元気で健康で生きられる!

 

そう確信しました。

 

 

さあ、みなさん

 

元気な長寿国世界一・ニッポン

を目指してつぶつぶ雑穀を食べ始めましょう!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

*   * *

 

 

次回は

 

“かつて、料理のりの字も知らなかった私が、

つぶつぶ料理を知ったその瞬間にスターになった出来事”

 

についてです。

 

 

 

つぶつぶ総店長

池田義彦

 

 

 

PS.

 

まずは、気軽に食べ始めて、

快適な体を体感することがおすすめです。

 

気軽に始めよう!

→ レシピ本購入

http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/158.html

 

百聞は一見にしかず

→ 料理教室に参加

http://www.tsubutsubu.jp/news/index.php?page=2#news_list255

 

根本をしっかりおさえ、みるみる健康に!

→ 未来食セミナー

http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

 

 

PPS.

 

今日のおまけコーナー!

 

◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 vol.8 ◆◇◆

 

『愛と感謝でいただきます。』

料理の素材を愛し、感謝

 

素材を販売している人を愛し、感謝

 

素材を運んでくれる人を愛し、感謝

 

栽培してくれる人を愛し、感謝

 

大地のめぐみを愛し、感謝

 

多くの愛と感謝をいただいていることを感じ、

 

ごはんを食べる

 

味わいがより広く、深く感じることができます。

 

料理に向き合う姿勢、視野がより広がります。

 

その心がいい料理人を育てる

 

これぞ男のキッチン美学


Back To Top