2月2015

医療費40兆円!を解決するつぶつぶ弁当プロジェクト

国の税収 約50兆円

 

(平成26年3月20日成立 財務省発表)

 

日本が1年間使えるお金です。

 

 

医療費 39.3兆円

 

(平成25年度 医療費 厚生労働省発表)

 

日本が1年間で使ったお金です。

 

 

が〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん

 

 

使えるお金の3/4以上が医療費なんて!

 

(※難しい事は好きではないので簡単に、ですが)

 

 

”・・・・・”

 

 

”・・・・・・・・・・・・”

 

 

さあ、

 

みなさん!

 

本腰入れて

 

健康になる時代がやってきましたよ!

 

 

 

* * *

 

 

 

こんにちは。

 

つぶつぶ総店長 池田 義彦です。

 

 

いよいよ

 

年2〜3回しか開催されない天女セミナーが

 

3月7・8日(土日)に開催されます。

 

まってましたと

 

続々と申し込みが来ています。

 

 

〜〜〜過去の天女セミナー受講生の声〜〜〜

 

『想像していた以上にパワフルで奇跡的な場でした。』(顕子さん)

 

『わたしを大好きになれました!』(Oさん)

 

『少しの動きや気持ちの持ち方で、こんなに世界が変わるなんて!』(梅沢さん)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

私も参加して、妻に優しくなったり、

 

自分に自信がもてるようになり、

 

毎日の暮らしがより楽しくなりました。

 

 

天女セミナー

 

おすすめです!

 

http://www.tsubutsubu.jp/seminar-tennyo/

 

 

 

さて、

 

ふと

 

ニュースを見ていたら

 

医療費がすごいことになっていました。

 

 

思わず頭を抱えて言いました。

 

 

“オォ〜〜ウ”

 

“ノォ〜〜〜〜ォ〜〜”

 

 

どうやったらこの現実を変えられるのか?

 

難しい事は好きじゃないので、

 

シンプルに答えを出したい

 

と思い

 

 

3日3晩考えました。

 

 

・・・・・

 

 

・・・・・

 

 

そして、

 

 

ある結論に達したのです。

 

 

“日本中の会社の社食が

 

つぶつぶ(雑穀)弁当に

 

なればいいんじゃないか?”

 

 

名付けて

 

“医療費40兆円を解決するための

 

つぶつぶお弁当プロジェクト”

 

です。

 

 

どうでしょう?

 

 

プロジェクトのコンセプトはこうです。

 

私も含め

 

多くの人達を健康にし続けている

 

つぶつぶ(雑穀)のお弁当

 

を平日のお昼だけでも日本中の会社員さんが食べたら

 

体が元気になって

 

医療費減ります!

 

 

さらに、

 

副産物として・・・

 

社員の気力・体力up↑

 

集中力・やる気up↑

 

気持ちが前向きになる

 

そうなればどんどん業績もよくなるに違いありません。

 

 

かつてメタボ路線まっしぐらだったわたしが、

 

つぶつぶ(雑穀)を食べ始めて

 

健康になりました。

 

*詳しくは→『つぶつぶで20kg痩せた2つの理由!』
http://tubutubu-officialblog.net/2015/01/28/2189

 

 

そして、

 

どこの会社も考える

 

企業PR。

 

 

社員の健康と共に

 

医療費削減を達成させること

 

こそ

 

最大の社会貢献!PRになります。

 

 

いいことだらけです。

 

 

4月から2千円台のお弁当を販売します。

 

6月から1,080円のお弁当を販売する予定です。

 

 

例えば

 

会社様が580円負担

 

(福利厚生の一貫で)

 

そして、社員様がワンコインで召し上がる!

 

 

こんな提案をしに会社訪問したいと思います。

 

社長さんと会うために、

 

普段着なれないスーツを買いました。

 

ネクタイも締めました。

 

 

私はやる気満々です。

 

社員様を健康にし、

 

元気な人を増やし、

 

医療費を下げる。

 

 

つぶつぶ(雑穀)弁当を

 

まずは、東京都内に配達します!

 

 

そして、

 

ゆくゆくは日本中に

 

・・・

 

そして、

 

世界へ!

 

これが私の願いです。

 

 

もし、私を御社の社長様

 

または、ご担当様の方に

 

合わせて、話を聞かせたい!

 

 

思っていただいた方は

 

是非、

 

お気軽にお問い合わせください。
(info@tubu-tubu.net まで)

 

 

笑顔全開で、訪問させていただきます。

 

みなさん、ご協力よろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

* * *

 

 

次回は

 

“離婚すれすれだった池田家がラブラブになった秘密”

 

についてです。

 

 

つぶつぶ総店長
池田義彦

 

 

PS.

 

まずは、気軽に食べ始めて、

 

快適な体を体感することがおすすめです。

 

 

気軽に始めよう!

 

→ レシピ本購入
http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/158.html

 

 

百聞は一見にしかず

 

→ 料理教室に参加
http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=232

 

 

根本をしっかりおさえ、みるみる健康に!

 

→ 未来食セミナー
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

 

 

PPS.

 

今日のおまけコーナー!

 

◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 Vol.5 ◆◇◆
『包丁は腹で切るべし』

 

野菜をうまく切ろうと

 

意識をしても、

 

うまくいかない時が多々あります。

 

手や腕できろうとするからです。

 

まずは腹を据えて、

 

切るときも腹を意識して、

 

包丁を使う!

 

そうすると

 

美しい体のラインが形成されます。

 

肩が凝らなくなります。

 

おいしく、野菜を切ることができるようになります。

 

料理が楽しくなります。

 

視野が広くなります。

 

スピードがアップします。

 

などなど

 

たくさんのメリットが訪れます。

 

 

これこそ男のキッチン美学

板麩の取材ウラ話

こんにちは、
つぶつぶオフィスの坂本智佳子です。

 

先日「板麩」の取材に行ってきました!

 

*板麩とは・・・?
つぶつぶクッキングに欠かせない!
プリプリした食感がおいしい板状のお麩。
焼き肉風やベーコン風、ヒエフィッシュの魚の皮(!)などに多彩に活躍します。
http://www.tsubutsubu-shop.jp/item/149.html

 

 

向かったのは、岩手県二戸市にある石田製麩所さん。
小さな商店街の中にある、小さな工場でした。

 

約80年続く製麩所で、従業員は5名。
製造責任者の石田誠さん・営業をしている石田豊さんのご兄弟に
親切に取材に対応していただきました。

 

板麩の作り方やこだわりは、
次号の「月刊つぶつぶ」に掲載するのでお楽しみに!

 

で、今日はちょっと取材ウラ話を紹介します。

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
☆ ウラ話その1 ☆
焼きたての板麩がうまい!
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

焼きたての板麩を試食させていただきました。

 

「固くないの?」と思ったのですが、
予想を裏切る食感!

 

サクッ!
軽い食感で、ちょっとモチッとしていて
香ばしくておいしい♪

 

例えるのが難しいですが、うーん、
ウエハースのような軽さかな?

 

石田さん兄弟は、子どもの頃のおやつは
いつも焼きたての麩だったそうです。

 

健康的でおいしい、最高のおやつですね♪

 

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
☆ ウラ話その2 ☆
板麩を食べると勝つ!?
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

つぶつぶの食生活に変えて、どんな変化があったか
という話をしていて

 

「穀物や野菜中心に食べていると持久力がつきます!
江戸時代の飛脚は麦飯のおにぎりだけですごい距離を走っていて、
それをみた西洋人がお肉を食べさせたら、
体が重くて走れないといって元の食事に戻したっていう話もあります」

 

「体だけじゃなく、精神的にも変わりました。
イライラしなくなったし、無気力になることもなくなったし。
つぶつぶを食べている子どもは、落ち着いていて
意志と判断力がハッキリしています」

 

ということをお伝えしたら、
石田さんが「・・・そうか!あれは、こういう理由だったのか!」と
面白いエピソードをお話してくれました。

 

 

岩手では、以前「闘犬」や「闘鶏」が盛んだったそうです。
特に冬は寒く閉ざされた地方なので、
人々の娯楽として広まったのでしょう。

 

そして、その闘犬や闘鶏のエサとして
板麩の切れ端を買い求めにくる方がいて、

 

その方が
「板麩を食べると勝つんだよ!」
と言っていたそうです。

 

そのときは「なぜ勝つんだろう?」と
分からなかったんですが、
今回私たちと話をしていて、その理由が
麩に・・・じゃなくて、腑に、落ちたとのこと。

 

持久力がつく&
精神的にも落ち着いて判断力がつく
ってことですね。

 

なるほど〜!
動物も食べ物によってそんな風に違うのか!
と興味深いエピソードでした。

 

 

・・・

 

 

取材ウラ話、いかがでしたでしょうか?

 

こんなに美味しくて健康にもいい板麩ですが、
その需要は落ち込み気味で、
二戸市でも5軒あった製麩所が今では3軒になってしまったとか。

 

おいしい板麩、作り続けていってほしいですね。

 

わたしたちにできる応援は、買っておいしく食べること♪

 

 

私のおすすめの食べ方は、
板麩をもどして(お湯に2回ほどくぐらせる)、
醤油・酒・水・しょうがおろしを混ぜたタレにつけてから
たっぷりの油で野菜と一緒に炒める「板麩炒め」!

 

これはつぶつぶの定番メニューですが、
肉のような旨味と食感にビックリ!
麩の概念がガラッと変わる大人気メニューです。

 

※ 詳しいレシピは『続・野菜だけ?』に載っています。
板麩でチンジャオロースーとか回鍋肉もできるんですよ!

 

 

心をこめて作られている日本の伝統食材、
これからも応援していきたいです。

 

 

つぶつぶナビゲーター
坂本智佳子

 

 

PS.

 

毎月会員さんにお送りしているメンバーズマガジン
「月刊つぶつぶ」、次の4月号で1周年\(^O^)/

 

誌面もちょっとリニューアルし
今回の板麩のような、生産者さんの突撃取材レポートが
スタートします。

 

他にも、食・体・子育て・ベジタリアン・暮らし・・・などなど
ほんっとう〜に役立つ情報がたくさん詰まった冊子です!
そんじょそこらの有料雑誌よりずっと価値あるのでは?と思ってます。

 

(普通の雑誌ってよく見ると半分以上広告だったりしますよね・・・)

 

この「月刊つぶつぶ」が毎月届くだけでも、会員になる価値あり!
http://www.tsubutsubu.jp/kaiin/

 

店舗や企業様には無料でお送りしていますので
読んでみたい、という方はこちらから見本誌を請求してください。
http://www.tsubutsubu.jp/contact/

 

 

PPS.

 

そして・・・ジャーン!!!

 

お待たせしました、
「月刊つぶつぶ」の最新号がWeb上でも見られるようになりました♪
下記ページからご覧くださいね。
http://www.tsubutsubu.jp/concept-gekkan/

 

人生初!雑穀を口にしたサプリ好きの友人

“20代と30代では気力と体力が違うよな!”

 

 

20代のころの活力を維持したいと

 

一生懸命サプリを服用している

 

35歳の友人がやってきて、

 

こんな話を切り出しました。

 

 

“サプリメントを服用すると

 

かつてのような体に戻るの?”

 

と私が訪ねると

 

 

“う〜ん、なんとなく効いている気はするけど”

 

 

“・・・・・”

 

 

“効いていない気もする。”

 

 

“・・・・・”

 

 

・・・・

 

 

こんにちは。

 

つぶつぶ総店長 池田 義彦です。

 

 

今年から本格的につぶつぶ料理初心者向けに

 

気軽に始められる教室がスタートしました。

 

おかげさまで、毎回大盛況です。

 

 

〜〜〜受講生の声〜〜〜

 

『つぶつぶ(雑穀)料理って意外と簡単だった、
これなら私もやれそう!』

 

『本で料理をやっていたけど、先生の手際を見て
コツがつかめました!もっと美味しく作れそうです。』

 

『つぶつぶ(雑穀)料理をやるモチベーションが
ぐっと上がりました。』

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

などなど、

 

受講生の方達から

 

多くの感想をいただいています。

 

http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=255

 

 

つぶつぶ料理教室

おすすめです!

 

 

 

さて、

 

11年間つぶつぶ(雑穀)料理を食べ続けて

 

私の体はしなやかになり、気力も体力も右肩上がり

 

で毎日エネルギッシュに活動をしているのですが、

 

そんなある日・・・

 

 

ふと、昔の友人が私に相談を持ちかけてきた

 

ことがあります。

 

 

“池田はなんでそんなに元気に働けるの?

 

俺は最近体力が落ちているよ!

 

なんだか精力も無くなってきたみたいなんだ”

 

 

深刻な友人。

 

 

“う〜ん”

 

 

一番簡単なのが

 

塩・味噌・醤油・油・酢・酒

 

基本調味料を

 

昔ながらの伝統調味料

 

に変えるのが手っ取り早いよ。

 

 

第2ステップとして

 

雑穀ごはんを食べる

 

 

料理教室に参加するのもおすすめだよ。

 

 

根本をしっかり抑えたければ

 

未来食セミナー受講がいいね。

 

 

といった形で

 

おすすめしました。

 

 

・・・・

 

 

でも、

 

彼の答えは

 

 

“でもさぁ~

 

高いよ!”

 

 

それを聞いた私は、

 

以前でしたら、

 

相手の気持ちそっちのけで

 

無理やりにでも説得し続けたでしょう。

 

 

“でも体の健康ってお金の問題じゃないでしょ、

 

絶対食事を変えたほうがいいよ!”

 

といった具合です。

 

 

しかし、

 

天女セミナーに参加し、

 

学んだワークを毎日実践していた私は

 

一味も二味も違う男になり、

 

相手の立場に立てるようになりました。

 

(詳しくは以前のメルマガ「相手も私も幸せになる話し方」
http://tubutubu-officialblog.net/2015/02/05/2204)

 

 

そんな私の第一声

 

“確かに高いです!”
 

相手の意見を相手の立場で素直に

 

肯定することがきたのです。

 

 

そんな心で

 

相手に向き合って話を聞いていると

 

不思議に

 

いろいろと話をしてくれました。

 

 

そして、

 

びっくりすることが分かったのです。

 

 

毎日缶コーヒーやジュースを4本くらいは飲む

 

体に気をつけて野菜ジュースも飲む

 

間食もする

 

夜食もちょっと食べる

 

 

トータル1,000円以上は

 

無意識のうちに浪費していたことに気づいて

 

びっくりしていました。

 

(“11年前、私もそんなように生活していたな”と懐かしくなりました。)

 

 

計算すると、

 

月30,000円以上

 

プラス

 

サプリメント10,000円

 

合計40,000円!

 

 

・・・・

 

 

つぶつぶを始めると

 

缶コーヒー、

 

缶ジュース、

 

間食

 

に対する

 

欲求が驚くほど消えます。

 

 

さらに、

 

野菜ジュース、

 

サプリメント

 

が必要なくなるのです。

 

 

つぶつぶ(雑穀)を食べ始めると

 

徐々に欲求が薄れ、

 

未来食セミナーに参加すると

 

一気に欲求が消えていきます。

 

しかも自然と・・・。

 

 

友人は一生懸命

 

電卓を弾いていました。

 

そして、

 

一念発起して、

 

調味料、雑穀、書籍

 

を一気に買い込みました。

 

 

1ヶ月後

 

 

“池田、ありがとう!”

 

 

“体が軽くなったし、

 

気力、体力がupしてきた。

 

以前とは全然ちがう!

 

なぜ、池田がそんなに元気なのかわかったよ!

 

もっと早く知りたかった。”

 

 

って言ってくれたのです。

 

 

私は幸せな気持ちになりました。

 

本当につぶつぶに出会って

 

よかったです。

 

 

私はこの幸せを

 

世界中の人達に

 

届けていきたい!

 

と考えています。

 

 

そこで

 

考えたのが「お弁当プロジェクト」です。

 

 

次回は

 

医療費40兆円を解決するための

 

つぶつぶお弁当プロジェクトについてです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

つぶつぶ総店長
池田義彦

 

 

PS.

 

まずは、気軽に食べ始めて、

 

快適な体を体感することがおすすめです。

 

 

気軽に始めよう!

 

→ レシピ本購入
http://www.tsubutsubu-shop.jp/category/158.html

 

 

百聞は一見にしかず

 

→ 料理教室に参加
http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=232

 

 

根本をしっかりおさえ、みるみる健康に!

 

→ 未来食セミナー
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

 

 

PPS.

 

今日のおまけコーナー!

 

◆◇◆ 総店長池田が考える男のキッチン美学 ◆◇◆

 

『早く・優しく・気持ちよく・ニコニコ・キョロキョロ・耳ダンボ』

 

このスローガンを完全に覚え、常に口ずさむべし!

 

 

台所にたったら作業はできるだけ素早くするよう心がける

 

でも体に優しく、気持ち良い動きを意識する

 

そして、顔は笑顔でニコニコと

 

時間を見たり、
部屋を見回したり、
家族を見たり、
視野は常に広くキョロキョロと

 

一つのことに没頭せずに
鍋の音を効いたり、
家族の声を効いたり
耳をダンボにする

 

この6つを心がけると

 

調理時間が短縮できる
明るい雰囲気を近くの人に与えられる
焦らなくなる
体が疲れにくくなる
段取りが驚くほどよくなる
頭の回転が早くなる
などなど

 

たくさんのメリットが訪れます。

 

 

これこそ男のキッチン美学

 

つぶつぶ実践コミックエッセイを紹介!

こんにちは、
つぶつぶオフィスの坂本智佳子です。

 

今日は、つぶつぶ会員さんが作成した
コミックエッセイを紹介します!

 

 

作成したのは、埼玉県にお住まいの会員さん、
イラストレーターとして活躍されている恵都子さん。

 

「つぶつぶ実践生活の
コミックエッセイを作っちゃいました!」

 

と、先日持ってきてくれました♪

 

 

題して
『つぶつぶわかばの穀民生活』!

 

 

つぶつぶを食べて細胞が目覚める様子や、

 

未来食セミナーScene1を受講して
1日で真実を知ったときの衝撃、

 

最初だんなさんに雑穀を拒否されながら、
料理の腕をあげて
だんだん受け入れてもらえるようになった過程などが、

 

ユーモアあふれるお話と
かわいいイラストで描かれています。

 

中に、砂糖や甘酒etcに関するコラムもあったりして
とっても分かりやすい1冊!
計36ページです。

 

何より、このマンガを作っちゃうっていう
その気持ちがとても嬉しい\(^O^)/

 

 

許可をいただいたので、
中身をちょっとだけ紹介しますね。
manga1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

manga2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

manga3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでみたい!という方は、300円で頒布中とのこと。
こちらのブログから問い合わせてみてください。
http://tubutubuwakaba.blog.fc2.com/

 

 

このコミックエッセイ内の体験談にもありますが、
家族がつぶつぶを食べてくれないって悩む方、
中にはいらっしゃいます。

 

このことについてちょっと分析してみます。

 

私は、つぶつぶは世界一おいしい!と思っているので
正直、食べてくれない一番の原因は

 

「おいしく作れていない」

 

からじゃないか、、、と思います。

 

レシピ通りに作ってますか?
ちゃんと材料はかってますか?
減塩にしていませんか?

 

材料は、おすすめしているもの使ってますか?
醤油とか味噌とか油、ケチって安いもの使ってませんか?
雑穀は「つぶつぶ雑穀1カップシリーズ」使ってますか?

 

コミックエッセイを描いた恵都子さんも、
最初は自己流で、材料もあるもので作っていたから美味しくできず
旦那さんが反発してしまったんだと思う、
とおっしゃっていました。

 

 

あ、そもそも!
作った料理がおいしいかおいしくないのか分からない。。
という方は、つぶつぶカフェやボナ!つぶつぶに
本物の味を体験しにきてくださいね。

 

つぶつぶカフェでは料理教室も開催しています。
http://www.tsubutsubu.jp/news/?id=255

 

 

また、レシピ通りに作っているし、
ちゃんとおいしく作れているはず!という方は
第二の原因は

 

「押しつけているから」

 

ということが考えられます。

 

これは私自身の子どもの頃の経験ですが、
父親がすすめる玄米菜食を、
食べろ食べろとおしつけられるのに反発して
おいしくても「おいしくない」と言って
食べなかった時期がありました。。

 

「これはダメ!」「あれはダメ!」
「体にいいから食べなさい!」とか言ってませんか?

 

おいしさと笑顔と楽しさは一番のごちそう!
笑顔でニコニコ「おいしいね♪」って
そんな食卓にしたいですね。

 

 

つぶつぶナビゲーター
坂本智佳子

 

 

 

PS.

 

それでも、家族のウケがよくない・・・というあなたは
未来食セミナーへ!

 

料理のコツが分かるのはもちろん、
なぜ食べるのか、ということが腑に落ちて
食の疑問や不安がなくなると

 

驚くほど料理の腕があがった!
料理が楽しくなった!
という方が続出なんですよ。
↓ ↓ ↓
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

 

 

合宿セミナー2014/9 山形いのちのアトリエ感想

2014年9月に開催した、未来食セミナーScene2・3山形合宿セミナー参加者の、
「山形いのちのアトリエ」で過ごした感想を紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
・懐かしいお風呂のフタ―昔の自分の家、土間―祖父母の家を思い出した。
・気のぬくもり―香り―色―肌ざわり、木目が気持ちいい。落ち着く。ホッとする。
・お風呂―短時間しかつかっていなくても、長時間ホカホカ。足の先まで。
・自由―夜遅く話し込んでも、昼寝をしても、朝手伝っても手伝わなくても自由。
・自分の心の中を映してくれる友に出会った。
 心地よい部分も、隠して押し込めていた感情も、気づく機会となった。
・朝のトイレ(小水)が普段より勢いよくなった!
・宇宙の輝きの存在に気づけた。宇宙が自分のためにあると思う瞬間があった。
 
。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
今日もいい天気で、とても気分が良いです。
これからどんなことが起きようとも、なんとかなるという感じ。
不要なものを手放して、もっと軽くしなやかに生活していきたい、
そんな気持ちです。
 
頭であれこれ思いをめぐらすのは疲れたので、自分はどう思っているのかを、
素直に表現していきたいです。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
何をしたわけでもないのに、体にエネルギーが充電されています。
おいしい食事と場所と、子どもたちからわけてもらったからだと思います。
 
朝、畑を散歩した時感じたのは、
平らではない高低差のある風景を俯瞰すると、
なぜか心静かな状態で不思議に感じました。
 
一番言いたいことは、「本当に来て良かった」ということです。
ありがとうございました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
山の中、自然(新鮮な空気、薪のにおい、満点の星、おいしい水)にかこまれ、
生命力いっぱいのごはんをいただけること。
 
それぞれに課題を持っていて、それぞれに変化していこうとする人と、
ゆっくり向き合ってみんなで話をすることができたこと。
そのことがとても良かったし、セミナー以外のここでの生活そのものが、
セミナーと同じくらいの学びでした。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
・空が広い!!
・空気がキレイだとか、リラックスしているなとか、
 そういう風にわざわざ感じる事がないくらい、とてもとても落ち着いています。
 私にとって大非日常なのに、日常の延長のような・・・不思議!!
 ゆみこさんも他の場所でお会いするときよりも更に素でおられるような気がして、
 とても近しく感じられて嬉しかったです。
 
・人をもてなすという概念を入れ替えたくなりました。
 いつもとは違う、キレイで整っていて、スマートでオシャレで・・・
 そんな風に「飾って」人をお迎えしていた事、少し恥ずかしくなりました。
 そのままで、人と対する事が、お互いに心地良いんだと思いました。
 
・いのちのアトリエに来られた事、とても感激しましたが、
 思いがけず(おもった以上に)たくさんの方とどっしり話ができて、
 合宿セミナーに参加できた事、本当に本当に幸せです。
 スタッフの皆さま、参加された仲間の皆さん、ついて来てくれた子ども達、
 送り出してくれた夫、こんなに遠くまで来られるようにしてくれた
 交通会社の皆さんにまで、大感謝です。
 ありがとうございました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
<勝手に芽を出し始める 宇宙のエネルギーが そのままある所>
外の景色やお家を楽しむよりも、
自分の内側を楽しむ事ができました〜
私の中心に向かって、光が集まってくるみたいです。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
あっという間の3日間、今はまだ自分で何を感じているのか
あまりわかっていませんが、
これから日々感じていくことを大切にしていきたいと思います。
 
山形に来て3日間とてもお天気がよくて幸せでした。
もっと自分自身が自然の中に来て、リラックスできるかなぁと思っていましたが、
思っていたより体が緊張していたり、思いとは反対でした。
でも、日頃思っている事を他の方とお話ができたり、
いのちのアトリエに来れた事は、ハッピーです。
 
Scene3でScene2でご一緒だった方が2人もいて嬉しかったです。
どこの場所にいても、自分の今を受け止めて、リラックスして、
生きていきたいです。
ゆみこさん、スタッフの皆さま、3日間ありがとうございました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
・緑が多くておちつく
・ゆみこさんとその家族がいる。話しているとすごく癒される・・・
・雑穀畑がある。
・水がおいしい!お風呂も楽しい!
・空気がとてもおいしい
・食事がおいしい
・星空がとてもきれい
 
今の気持ち・・・
現実を見て、そのルールを学び(知り)、自分の思想をどのように広げていくか、
きちんと今の社会の仕組みにのっとって活動しているゆみこさんを見て、
話をきき、とても感銘をうけました。
自然保護や、自然食、自然や季節と調和した生き方など、
一見ふわふわしがちなテーマを、きちんと現実を見てきめていらっしゃる
ゆみこさんの話をきき、今の社会に適合した生き方=自然に反すること、
と逃げてはいけないと強く思いました。
ありがとうございました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
あっと言う間の2泊3日でした。
初日はやや緊張ぎみでしたが、今はとてもリラックスしています。
星がきれい。水が冷たくておいしい。
まきでたいたお風呂。真っ暗すぎる夜道・・・。
私も田舎に住んでいますが、ここは又さらに自然の中で生きている感じが強くしました。
畑で実る雑穀や野菜をおいしく料理して食べるってとっても豊かで幸せなことだなー
色々な家族が集って自由にいられる空間がとってもびっくり。刺激を受けました。
そんな合宿形式で受けるScene3は学びも深かったです。
 
みんなのシェアもとてもよかったし、チャパティー作りの体験はすごく楽しかった!
家でもどんどん料理して、料理しながら心の変化を楽しんでゆきます。
3日間、ありがとうございました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
いろいろな事を思い、考えながら、歩きます。
考えを整理しようと思うと、何も考えずに、歩いているのが良かったりします。
この山形いのちのアトリエでのセミナー受講は、
僕にはぴったりの空間、環境だったようです。
季節も恵まれました。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
山形の自然の中でセミナーを受けることができて幸せでした。
街中でのセミナーより、気持ちが集中して、本能が蘇る気がします。
自然の中、五感を刺激されているので、
セミナーの内容も、しっくり自分の中に入ってきます
余計な雑音、人ごみ、スピード社会など、
通いのセミナーのように行き帰りに感じる事がなく、
セミナーが始まってから終わるまで、現実に戻されないのが良かったです。
 
最終日の今日、セミナーハウスに来る途中で鹿に出会い、第一発見者となりました。
自然が宇宙が私のこれからを応援してくれているよという気がして嬉しかったです。
セミナーが終わって戻る途中も、満天の星空がキラキラしていて、
本当に自然からエネルギーをいただけました。
山形で受けれて、本当によかったです。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
広々として、圧迫感がないので、とても解放された気分です。
天気がよいので、気持ちも晴れやかです。
東京に戻るのが、少しこわい気がします。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

にしはら

未来食セミナーScene3 2/7-8@早稲田 参加者の感想

2月7-8日に開催した、未来食セミナーScene2@早稲田会場に参加された方の感想を紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
私たちの(自分の)ために料理をしながら、地球のためにもなっている、
本当に感動しました。
 
私が長年ぼんやり考えていたこと、感じていたことが、
丸ごと明確に、そして分かりやすく学ぶ事ができて、
スッキリしました。
 
料理に始まる生活、環境、社会、そして一人一人の人生、
人とは、女性とは、地球とは。
深く深く知る事ができました。
 
今までINPUTばかりで、どこからどうOUTPUTしてよいか分からず、
沈黙を続けていましたが、今回のセミナー、ゆみこさんのお話から、
何かキッカケを得たように思います。
 
本当に参加してよかったです。ありがとうございました。
 
小椋 のぞ美さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
この二日間で学んだこと、全てを理解することは難しいですが、
テキストを毎日ながめながら、
(わからなくてもある時わかる時が来るとゆみこさんにいっていただいたので)
つぶつぶの料理を毎日作っていきたいと思いました。
 
自分の中に答えがあると気づかせてくださいました。
自分を大事に、日々の生活をていねいに生きて行きたいです。
 
そして、愛のあふれる私になりたいと思います。
 
前田 朝恵さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
この2日間、とても濃い内容のセミナー。
シンプルに料理すること=毎日の暮らしや出来事、行動と
同じであることに気づきました。
 
毎日、シンプル料理、つぶつぶを実践し、
行動も思考もシンプルに暮らそうと思いました。
 
そして、自分の役割とは?
一人一人役割をもっていること、私にもできることを、
行動に移していこうと思いました。
 
ゆみこさんと、そして同じ方向を向いている仲間に会えたこと、
これからもどんどんつながって、
楽しい時間を過ごしたいと思いました。
どうもありがとうございました。
 
匿名希望
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
私はこれまで自分の自信のなさや自己肯定感が低いことを、
育った環境のせいだと思い、周囲をせめ続け、
さらにスネている自分がいました。
 
だから、自己啓発などを学んでも、心からの幸せを実感出来ず、
ずっと変われない自分がいました。
 
でも、今回Scene3で食事で性格が決まるなら、
私はつぶつぶで自分自身で生まれ変わる事が出来るという事を、
確信することができました。
 
そして、人間であること。
それこそが幸せだという、ゆみこさんの言葉を聞いて、
「私、ずーっと幸せやったね」という思いがあふれ、
喜びで泣きそうになりました。
 
この2日間、素敵な学びをありがとうございました。
 
坂井 怜心さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
Scene1で気づきをもらい、Scene2で創造する楽しさを学び、
Scene3で大丈夫、やれるというサポートと自信を得たような気がします。
 
ここまでくるのに、3年かかりましたが、
その分料理の経験であったり、心の持ち方、自分との向き合い方の
経験が積まれてきたので、Scene3がストンと落ちてきました。
 
体験することが大切。失敗しても大丈夫。
キラキラ輝く自分を目指して、日常を大切にしていきたいです。
 
伊藤 久美子さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
真実は理屈なしに、すっと心と身体(と舌)で理解できること。
 
陰陽のしくみが明快にわかり、とても良かったです。
 
Scene3を受けて、本格的につぶつぶ生活を実践したくなりました。
 
二口 絵美さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
今まで実行してきた食生活が、
身体に有害であり、実際体を壊していたのに、抜け出せませんでした。
自分の成功体験と結びついてしまったダイエット(炭水化物恐怖症)が、
とても恐ろしい状況であり、
自己嫌悪や無気力感を生み出していたかもしれないという情報が
胸にささりました。
 
これが本当に食のせいなのか、食のせいと思いたい逃げの心だったのかは、
つぶつぶの実践が証明してくれると信じて、
続けて検証してみようと思います。
 
様々な情報と皆さまのエネルギーをもらえた2日間でした。
ありがとうございました。
 
匿名希望
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
昨年7月から、未来食セミナーScene1→2→3と受講して、
やっとゆみこさんの考えやつぶつぶの全体像がつかめて、
すっきりとしたと同時にほっとしました。
 
Scene2まででは、知識が断片的で、自分の中で点と点がつながってなくて、
そんな中でつぶつぶ料理を作って、
主人に「ほんとにこれ(つぶつぶ料理)だけで大丈夫なん?」と聞かれても、
はっきり答えられない自分がいたのですが、
Scene3まで受講し終えて、やっと「大丈夫」と自信をもって言えます。
 
今このタイミングで来れて良かったです。ありがとうございました。
 
これからは地元奈良で、大仏さんに見守られながら、
奈良の“小つぶ天女”になりたいと思います。
 
奈良の小つぶ天女さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

未来食セミナーScene2 1/11-12@早稲田 参加者の感想

1月11-12日に開催した、未来食セミナーScene2@早稲田会場に参加された方の感想を紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
あんなに好きだったクリームやチョコが、
本当に好きだったのか、自分で自分に疑問を感じます。
 
塩が好き、お漬物食べたい。まずは小さく切る切り方からかもしれません。
 
プルーンやアンズのように、今まで好きでなかったものへ感動が一番でした。
 
仕事から帰って、気持ちをおちつけたい時には、
スイーツよりもスープやサラダにしようかなと思います。
 
Yさん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
昨日に引き続き、とにかく全てがおいしかった。
高キビも洋酒が聞いたリッチチョコになっていたし、
こんなに手がかかっていないのに、どれもがおいしく、
心も身体も大満足できるつぶつぶスイーツは、
本当にすごいんだと実感しました。
 
あんなスイーツバイキングのような量をいただいたのに、
ペロッと胸やけせずに食べられちゃうなんて!!
まず、忘れないように家に帰って1個1個作ってみようと思います。
 
それと塩の大切さもわかり、
私の症状も塩不足からきているものだと思いました。
 
もう一度確認しながら料理しようと思います。
楽しい2日間でした。みなさんありがとうございました。
 
匿名希望
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
昨夜は寝ている時に暑く感じました。すごい冷え性なのですが。
 
受講者とのお話も楽しかったです。
冷え性を頑張ってなおそうと思います。
つぶつぶで元気になる人が多いと聞いていますので、
私も奇跡的に元気になって、人生でやりたいことを実現させたいです。
 
匿名希望
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
スイーツと一緒に食べる漬物がおいしかったです。
つぶつぶで作られるスイーツの満足感がすごかった。
砂糖なしのほうがむしろおいしいと感じられました。
 
昨日ですが、塩が足りないことで起こる症状の多さにびっくりし、
また自分や家族にもあてはまることがけっこうあったので、
改善できる希望が見えて良かったです。
 
匿名希望
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
あたり前のことに気づかせてくれて、ありがとうございました。
つぶつぶが特別なことではなく、普通のことだと分かりました。
 
いろいろな人のお話がきけたり、ごはんやスイーツはおいしいし、
本当に充実した2日間でした。
 
Scene3も楽しみにしています。
 
生天目 和香さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

未来食スクール応用(2014年12月修了) 参加者の感想

2014年12月に未来食スクール応用の1年コースを修了された方の感想をご紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
この1年、応用に通い、とても充実した日を過ごせました。
料理の出も上がり、レパートリーも増え、
家族にも喜ばれ、つぶつぶのお料理への心得も伝えられる程になり、
本当に成長できたと思っています。
 
野菜一つ切ることでも野菜の気持ちになり、
雑穀の気持ちになり、盛りつけにもひと工夫できるようになったりと、
応用なのですが、基礎の基礎を教えていただいて、
普段お料理する上でも楽しくなりました。
 
この1年で学んだ事をまた復習し、次へのステップへ進んでいきたいです。
 
スクールでの出逢いを大切にし、
ずっとつながっていたい仲間と出逢えてうれしいです。
 
一年間、大変お世話になった未来さん、スタッフのみなさん、
ありがとうございました。
 
匿名希望さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
毎回おいしく楽しく、とても勉強になりました。
周りの方々から、東京に行くのは大変でしょうと、
ねぎらわれることも何度かありましたが、
本人は全くそんな思いを抱いたことがありませんでした。
というか、毎回心底楽しみだったので、東京近いなとさえ、
思っておりました。
 
多分、慣れていたら気に留めずに進めてしまう手順でも、
一つずつ拾って、丁寧に解説しながら教えていただけて、
何度でも発見がありました。
 
技術だけでなく、姿勢も教えていただけたことが、
料理の腕のアップにつながっています。
 
おかげさまで、私の周りでは雑穀熱が高まっております。
つぶつぶ料理コーチ養成講座が修了したら、
「料理教室をまた再開してよー」という声もたくさんいただいておりますので、
半年の間に経験値をためておこうと思っております。
 
プク造さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
5月からは、前日の天女スクールとセットの受講で、
ホテルに泊まって、翌日AMは学びの仲間と遊学して、
応用のセミナーに参加するという流れが、
本当に楽しくて、リフレッシュさせていただいていました。
 
家でやったことがあるメニューの確認ができるのもありがたかったし、
元々のメニューの応用などを教えていただき、
雑穀の幅広さを知ることができました。
 
また、ちょっとしたコツなどは、家庭料理だけでなく、
料理教室にも役立ちました。
 
こんなの作ってみたいなーという、チャレンジの気持ちもおきました。
&何度も作ってみること、これに限ると思います。
少しずつでも、腕が上がっていくのは、本当に喜びでもありました。
 
学びの仲間とつながれたこと、とても楽しかったです。
未来さんやスタッフの皆さまも、本当にありがとうございました。
 
中村 美紀さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

未来食スクール基礎(2014年12月修了) 参加者の感想

2014年12月に未来食スクール基礎の1年コースを修了された方の感想をご紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
未来食スクール(基礎)に通ったことで、
自分では作らない料理にも挑戦したり、レパートリーがぐんと広がりました。
 
実際に講師の未来さんが料理をする様子を見て、
本だけでは理解できないコツを教えてもらい、
出来上がりの味を確認できたことで、
イメージが分かり、ポイントをつかむことができました。
 
また、毎月全国から集まってくるつぶつぶ仲間との交流も楽しく、
おいしい楽しい時間から沢山のエネルギーをいただきました。
ありがとうございました!
 
村上 美保さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
毎回凝ったメニュー構成で、作り方を学ぶことはもちろん、
試食も大変楽しみでした。
 
これからは学んだことを実践し、
周りにつぶつぶの輪を広げていきたいと思います。
ありがとうございました。
 
匿名希望さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
今年1月から1年、未来食スクールに通わせていただいていて、
お料理の腕は上がったのはもちろん、
家族との関係も良くなったなと思っています。
 
私が夫に対する想い、対応の仕方が、
スクールに通ってから少しずつ変わってきました。
いつもなら腹立たしさを感じるときも、
なぜかいいように気持ちをもっていくようになり、
家族との輪が円滑になりました。
 
子どもにはまだまだ振り回されていますが、
自分のやりたいことはしているので、毎日すごく充実しています。
 
つぶつぶに出会って3年、どんどん周りが変わり、自分が変わり、
素敵な事がたくさん起こって幸せです。
 
たくさんの方との出会いができて、本当にうれしかったです。
ありがとうございました。
 
匿名希望さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

未来食セミナーScene3 9/21-23合宿セミナー@山形 参加者の感想

2014年9月21日-23日に開催した、未来食セミナーScene3合宿セミナー@山形に参加された方の感想を紹介します。
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
最後の最後まで、一つ一つの料理が驚きと発見に満ちていて、
みんなも嬉しそうで、とっても幸せでした。
 
つぶつぶ光の食を作って食べていくことで、
体・心・行動が自然に変わって、
自分の人生に風を起こせるようになっていきたいな、
これからが益々楽しみだなと今思っています。
 
ゆみこさん、スタッフの皆さん、楽しくて幸せな3日間を
ありがとうございました。
 
テリーさん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
未来食セミナーScene1でカッコでくくって吸収していたあいまいな知識が、
すっと自分の中に入ってきて、スッキリとしています。
 
教えていただいたことを、つぶつぶを通して深めていきます。
 
すうさん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
強い意思と思想を持ち、自分の生活の実体験を通じ、
すばらしい研究を進めてきたゆみこさんという女性に出会えたことが、
本当に大きな収穫でした。
 
一度に全てを受け入れることは少し難しいですが、
こういう世界があると知れたのが、とても大きな気づきでした。
 
つぶつぶ世界とはある意味対極にいる私ですが、
環境や周りのことをもっともっと考えて、
責任を持って生きていきたいと思います。
 
舟生 春奈さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
つぶつぶ料理を実践し、家の中を断捨離する。
自分に今、何が必要なのかを見極める。
軽くなる。シンプルになる。
 
とても良い場のエネルギーに包まれて、
充実したセミナーを受講することができました。
 
ゆみこさん、スタッフのみなさん、そして受講生の仲間と5日間、
一緒に頑張ってくれた息子にも感謝します。
 
匿名希望さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。
 
今回また、私が楽しんでいいという許可を
自分で自分に出す後押しをいただきました。
 
良い情報、美味しいもの、素敵なことは、
私一人で楽しんではもったいない=私にはその価値がないと、
なぜだかずっと思い続けてきました。
 
「いいもの」は私に落とし込む前に人に渡すことでようやく意味をなす、
と、人に渡すとホッとしていました。
やーめよっと。
「いいもの」は私一人で存分に楽しんでやる!!そう決めました。
ありがとうございました。
 
匿名希望さん
 
・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。