《4の鍵》「食といのちのバランスシート」

◆———◆———◆———◆———◆———◆———◆

美と健康をもたらす食を楽々実現する7つの鍵

《 4の鍵 》
「食といのちのバランスシート」

◆———◆———◆———◆———◆———◆———◆

 

 

 

「いのちは数字で計れるものではない!」

 

ということを、多くの医療に携わる人々が

 

それぞれの現場で感じ始めています。

 

 

 

ところが、栄養学も

 

現代の医療システムも

 

いのちの健康度を数値で

 

計るしくみになっています。

 

 

 

あなたをはじめほとんどの人が

 

数字に表れたものが

 

絶対的という勘違いの価値観に縛られています。

 

 

 

だから、自分の考えを行動に移すことが出来ません。

 

 

 

人々は、疑問を感じながらも

 

予防注射、ワクチン、薬、検査に

 

依存してしまいます。

 

 

 

その結果、それと知らずに

 

病気を予防するという名目の、様々な医療行為の

 

犠牲になっています。

 

 

 

じつは、健康は生命のバランスが整っている

 

という状態のことです。

 

 

 

病気というのは、

 

バランスの崩れが表面化したものです。

 

 

 

体を攻撃する種々の方法では

 

体に本来備わっている

 

しくみと働きを壊してしまうので

 

一時的に症状が消えても

 

結果的には、体そのものが壊れてしまうのです。

 

 

 

 

 

食卓のバランスを見分けるための
2つの指針

 

 

 

未来食つぶつぶには

 

体の生理的欲求に合う食べものを

 

簡単に見分けることを可能にする

 

「食といのちのバランスシート」

 

があります。

 

 

 

縦軸は、体を温めるか冷やすかのスケール、

 

横軸は血液を酸性にするかアルカリ性にするか

 

のスケールです。

 

 

 

食べものがバランスシートのどの位置にあるかが解れば、

 

毎日の食事のバランスを、トータルな視点で

 

自分でとることができるようになります。

 

 

 

いのちと食のバランスシートを

 

学びマスターすることが

 

あなたの体と心と頭を総合的に

 

安心させ、健康に導く大きな鍵になっています。

 

 

 

つぶつぶグランマゆみこ