食と意識を変えたら、娘の湿疹がなおった!

今日は、現在天女スクールに通われている

会員の滝沢さんの

5ヶ月になる赤ちゃんに起こった

嬉しい出来事についてお伝えします。

 

今年2月に生まれたまゆちゃんは

生後2ヶ月からひどい湿疹がでるようになりました。

 

つぶつぶだけの生活に変えてから、

少しずつは良くなっていたのですが

先月まではまだまだつらそうでした。

 

それが、7月のスクールでは

まったく跡形もなくキレイなツルンとした

色白肌になっていて、ビックリ!

 

「先週くらいに意識が変わったら、

急に良くなったんです」

 

と滝沢さん。

 

 

写真はこちらです。

 

 

3ヶ月頃の写真

mayu1

 

 

 

 

 

 

 

 

今月の写真

mayu2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、滝沢さんをインタビュー!

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

生後2カ月頃から出始めた湿疹。

 

整体の先生から「ママが妊娠中に甘い物を食べてると出やすい」と

聞いていたのですが、それほど食べていないので、

すぐによくなると思っていました。

 

家ではもちろん砂糖は使わないけれど、

たまに外食しなければならないときは、

「甘いしおいしくない、添加物もいっぱいで体に良くないし」

と思いながら食べていました。

 

3ヶ月になる頃にさらに湿疹が悪化。

外食を一切やめたけれど、よくなったり悪くなったりの繰り返し。

 

痒くて顔をこすってしまう娘がかわいそうで、

もしかしたら小麦粉かも?と、特定の食材をやめてみたりして原因探し。

 

外出すれば、「アトピーなの?かわいそうね」と言われるので、

一緒に出かけるのもツライくらいでした。

 

毎日つぶつぶ料理を食べて、

5ヶ月になる頃にはだいぶよくなってきました。

 

5月からの天女スクールに通い始め、

自分の意識がどんどん変わっていった

ある日

 

ある記事が目にとまりました。

 

自然食をやっている人に多い「それ以外はダメ」と思ってしまうこと、

心の持ちようによって、良い食べ物も毒になってしまう、というような

内容でした。

 

それを見て気づきました。

つぶつぶを始めてから、それ以外はよくないと思っていたこと。

 

たまに外食しなければならないときには、

批判や罪悪感によって、

単なる毒を猛毒に変えてしまうほどの気持ちで食べていたということ。

 

未来食セミナーScene1でも、2でも、3でも

何回も繰り返し学んでいたのですが

批判心と罪悪感が抜けきっていなかったことに

気づかされました。

 

 

体によくないと思いながら食べるのではなく、

食べるのなら、楽しく食べる。

 

食事だけでなく、ふだんの生活も子育ても、

悪いところに目を向けるのではなく、いいところに目を向ける。

今を楽しむ。

 

記事を見たころは、

天女スクールでのセルフイメージの学び

がじわじわと心に入って来始めていました。

 

意識の変化を感じた日から、1~2週間で

急速に娘の湿疹がよくなりました。

 

食と意識、この2つが揃うと

こんなにも変化があるのだと驚き、実感しています。

 

滝沢奈保奈

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

つぶつぶの実践で体がきれいになっていたところに

意識の転換がタイミングよく重なった例です。

 

意識、って見えないものですが、

 

「自分の意識が変わると、まわりが変わる」

 

というのは、つぶつぶを実践したり、

天女の学びを続けている会員さんには

あたりまえのように起こっています。

 

私もその効果を実感している1人です。

 

 

例えば、

 

未来食セミナーを受けた直後、今までつぶつぶ料理を敬遠していたお母さんが

「もっと作って!」と言ってくれるようになった、とか。

 

これもセミナーを受けた直後、甘えん坊の息子さんが自分で行動するようになり、

「僕が僕のことをちゃんとすれば、お母さんつぶつぶのこと出来るでしょ」

って言ってくれた、とか。

 

自分が変わると、周りも変わる!

 

なんだかワクワクしてきませんか?

 

 

つぶつぶナビゲーター

坂本智佳子