〈未来食講座4〉食といのちのバランスシート -②

< 未来食講座 4 >食といのちのバランスシート

 

② 伝統食サークルの素晴らしさ

 

 

食べものがバランスシートのどの位置にあるかが解れば、
毎日の食事のバランスを自分でとることができます。

 

 

なぜ、ごはんが主食の座に位置しているのかは
これで解りますよね。

 

ごはんは人間の体に必要な栄養のほとんどを含み、
2つの指針のどちらも中性です。

 

だから、元気になれるし
食べる量を気にしなくても体のバランスは崩れないのです。

 

 

また、暑い夏は水が飲みたくなったり、
水っぽい野菜が多く出回るのもうなづけますよね。

 

反対に
寒い日は温かい料理を多めにとれば、
寒さに負けない体調が作れます。

 

 

酸性の食べものを食べたら、
アルカリ性の食べもので中和することもできるようになります。

 

料理のバランスシートが解れば、
冷える食べものを温める食べものに変えることもできます。

 

 

食といのちのバランスシートで、
世界の伝統食をチェックしてみると、
美しい円の中に収まった健康的な食べ方をしていたことが
解りました。

 

アルカリ性の温かい血液を作る食生活です。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(2/3)

 

 

PS.

 

未来食つぶつぶは、
あなたのカラダとココロ、そして地球を平和に導くために
生まれた、全く新しい食スタイルです。

 

その食の智恵とおいしい手料理術を1日で学べる
【未来食セミナーScene1】
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

全国各地で開催しています。
> 全日程はこちら