4月2014

あたらしい私になる!をサポートする2つのセミナー

yumiko_blogicon01

「あたらしい私になる!」ブログに

下記の記事がアップされました。

 

http://tubutubu-grandma-yumikoblog.net/2014/04/30/796

美味しいはずなのに、家族が食べてくれない・・・

icon_mailmagazine

「せっかく作った料理を、
家族が食べてくれないんです・・・」

 

つぶつぶを実践し始めた方から、
こんなお悩みを聞くことがあります。

 

私は、つぶつぶ料理は世界一美味しい!と思っているし、
実際、玄米菜食からつぶつぶ料理に切り換えたら
家族が喜んで食べてくれるようになった♪という方がたくさんいるので

 

「それは、料理の腕をあげれば大体は解決しますよ。
必ずレシピ通りに作ることと、いい食材・調味料を使うこと。
あとは、レッスンを繰り返してください!」

 

とアドバイスすることが多いです。

 

が、それでも

 

「絶対に、美味しいと思うんですが、
食べてくれないんです・・・」

 

っていう方もいらっしゃいます。

 

 

そういう場合、
さらに腕をあげるっていうこともありますが、
もしかしたら、他に原因があるのかもしれません。

 

 

その原因とは?

 

 

何を隠そう・・・

 

私自身が、過去に
【おいしいのに食べるのを拒否していたことがある】
ので、その話をちょっと聞いてください。

 

 

話は、私が小学生のときに遡ります。

 

ある日、父親が突然、玄米菜食になりました(!)

 

白米が、イキナリ玄米に!
さらに、肉はダメ、お菓子もダメ、コーヒーもダメ・・・

 

もう、家族は猛反発。

 

私「甘い物が食べた―い!!」
弟「肉が食べたーい!!」
母「こんなの作るの面倒くさーい!!」
の大ブーイングでした。

 

でも、父は理論派だから
何を言っても「これが正しいんだ」と譲らない。
理論的には正しいわけだから、口では絶対に負けない。

 

食事が原因で、ふだんは物静かな母が父と口論になったことも、
しばしばありました。

 

そして、そんな戦いがしばらく続き、
次第に家族の食べる食事がバラバラになっていきました。。

 

(それからどうなったか、はまた今度書きますね。)

 

 

そんな経緯があり、
本題はここからです。

 

 

母が「そんなの面倒だし、作れない!」ということで、
父が台所に立つことも、しばしばありました。

 

もちろん野菜オンリーの食卓。
玄米、ゴマ塩、きんぴら、大豆ミートのなんとか、とか・・・
それが、7割くらいがあんまり美味しくなかったんですね。

 

だから私は「こんなの食べたくない!」と言って反発していました。

 

 

でも、実は、、
残りの3割は、美味しかったんです!

 

例えば、
インゲンをゴマ油と醤油だけで炒めたシンプルな炒め物。
野菜たっぷりのブイヤベース風スープ。
レーズンとクルミが入った薄焼きクッキー。

 

素材の旨味が生きていて
「え~、動物性の食材を使わなくても、こんなシンプルな材料で美味しいんだ!」って
ビックリしたのを覚えています。

 

 

でもね、、、

 

私、その美味しい料理に対しても
「美味しくない!!」って言ってたんです。

 

   (お父さん、本当にごめんなさい。
    せっかく頑張って作ってくれていたのに・・・)

 

じゃあ、なんでそんな風に言ったのか?
というと、
理論ばかり押しつける父への反発だったんですね。

 

もう、戦いでしたから(笑)

 

「美味しいと言ったら最後、負けだ!」
みたいに思っていました。。。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

あなたがもしも、
料理が美味しいと思っているのに、家族が食べてくれないのなら
その原因は「押しつけ」かもしれません。

 

ついつい、

 

「これを食べちゃいけない!」
「これが正しいんだ!」

 

って、言いたくなること、ありますよね。

 

だって、
それを食べたら健康を害することも、
これを食べたらもっと元気になることも、
知っているんだから。

 

その気持ちは私もよーく分かります。

 

 

でも、そこをグッとがまんして!

 

「はい、ど~ぞ」って、笑顔でおいしい料理を出したら、
食べてくれるかもしれないですよ。

 

(肉が入ってない、とか何も言わずにね!)

 

 

ゆみこはよく、「正しさ暴力」って言っています。
正しさを振りかざして、それを押しつけること。

 

暴力からは、平和は生まれません。
必ず、反発が起こります。

 

 

家族で囲む食卓は、みんなが集まって
楽しく食事と会話を楽しむかけがえのない時間。

 

栄養って、
ビタミンがどうとか陰陽がどうとか、そういうものだけじゃなくって、
美味しさや笑顔、会話、場の雰囲気も
大事な栄養素だよな〜って思います。

 

 

「おいしいね」
「楽しいね」

 

あなたは、
そんな風に食事を楽しめていますか?

 

 

つぶつぶナビゲーター
坂本智佳子

 

 

 
PS.

それでも解決が難しいというあなたは、
こちらのセミナーがおすすめです。
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

調理のコツが分かって料理が美味しく作れるようになるだけじゃなく、
食の全体図や意識のもち方が分かり、
自分も家族も無理なく食事を転換していく方法が分かります。

 

 
先日は、2月にこのセミナーを受講された方から

 

「今まで、鳥の餌だと言って雑穀料理を食べてくれなかった母が、
セミナー受けてから、なぜか
美味しい、もっと習ってきて!って言ってくれるようになりました!」

 

って、うれしい報告をいただいたんですよ♪

 

 

 

 

未来食セミナーScene2 4/19-20@東京 参加者の感想

icon_seminar

4月19日、20日につぶつぶセミナーホールで開催した、

未来食セミナーScene2に参加された方の感想を紹介します。

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

10年間マクロビオティックをやってきて、

でも、何て今まで食べることに対してネガティブになっていたんだろうと思います。

食べ物をつくって食べる喜び、

家族においしいと思ってもらえる喜びがどんどん満ちてきています。

 

少し前までは、数時間のしごとでもすぐ疲れて横になる私でした。

この一週間つぶつぶを食べただけで、

シーン2に2日間とも元気で出られました。

本当に元気になる食べ物と出会うことができました。

感謝です。

 

(匿名希望)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

元々めんどうくさがりで、

スイーツの本を見てもなかなか腰があがらなかったのですが、

作りたいスイッチが入りました!

 

常にお菓子のある家にしたい。

息子が学校からかえってきて、おやつ~~と言ったら、

サッと出せるようにしたいし、

スナック菓子やチョコが大好きで買ってきては夜ごはん後に食べている主人。

自然に買わなくて済むようにしたいです。

 

(こまさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

甘酒を作って飲みたい&食べたいです。

そして、周りの人にも食べてほしい!

 

今の自分に必要な言葉がスッと心に入ってくるようでした。

きっと、まだまだ食(雑穀)と自分の体に対する信頼が

足りていなかったのだと気づかされました。

自分の体を乗りこなす(使いこなす)のがしばらくの課題になりそうです。

 

やはり、レシピとにらめっこしているより、

見た方が早い・食べた方がわかると実感しました。

なんとなくして見ていなかったレシピにも今後は挑戦していけそうです。

 

(近藤美保さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

塩の大切さを感じた。

スイーツにも意外と塩を入れることによって
深くてコクのある甘味が出るのだと実感した。

くるみみそだれを食べた時に、

自分の体は甘味だけではなく塩分も求めていたのだ、とわかった。

 

結構、白砂糖中毒で感情の浮き沈みが激しいので、

つぶつぶスイーツを食べることにより、それが改善するのを期待したい。

ゆみこさんも昔は繊細だったけどつぶつぶ食で性格が変わった

とおっしゃっていたので励まされました。自分もそうなりたいです!

特に高キビチョコの豆乳入りがおいしかったです。

 

(アンズさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

永い年月、マクロビの知識で自分も他人も正しい、間違っているという見方、

自分の意識の中の間違った事をした時は責めてしまったり、

そしてその事で落ち込んだり悩んで、自信も持てなくなり、新しい情報に飛びついてみたり、

つぶつぶを知って私の魂がワクワクしているのが分かります。

 

頭で考えず、もっと自分に聞いていく事、

ワクワク、ドキドキ、キラキラを意識してもっともっと楽しんで、

生活していきたいと思いました。

 

~してはダメ!とそんな考えの中で生きてきて

頑固で苦しかったなぁと気づいているのに、どうしていいかわからなかった。

でも、ワクワク、ドキドキ、キラキラを目指して食事も生き方も楽しくやっていきます。

 

(大澤記代子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

2日間ありがとうございました。

おいしいスイーツをいただく事ができ、

料理の技を教えていただけたのでさっそく家で実践してみます。

 

作る事が苦手で子供の顔色をうかがってましたが、

自信をもって出す事ができそうです。

市販のおやつに負けないくらいのおいしいスイーツを作れるように頑張りたいです。

 

(M・Hさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

・美味しくて、幸せで、笑顔いっぱいでした。

・これからまたよりいっそう、つぶつぶ料理をつくりたいです。

今までよりもっと楽しく生きていけそうです。

 

(金子里美さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

本を読んで我流でやっているだけではわからないコツがたくさんある。

まさに「百聞は一見に如かず」だなーと思いました。

未経験のことは文章だけだとイメージが湧かず、

とても難しいことのように感じてしまうのですが、

難しそうに感じていたレシピが目の前で見るとすぐできてしまったりして、

作るためのハードルがぐんと下がった気がします。

 

今までは「作りたいけど難しそう、、、無理かな、、、」と

悶々としていることも多かったのですが、

これからは「作りたい→作ろう!」が素早く行動に移せるようになるのではないかなと思います。

 

(斉藤彩さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

楽しかったです。

高きびがこんな風になるんだとか、驚きがいっぱいでした。

家でも作ったことのある料理も出たんですが、おいしさが全く違いました。

家に帰って再チャレンジします。

本当に何でも作れそうな気がしてワクワクします。

想像していたのと味が違っていた物もあってびっくりです。

 

(M・Nさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

自分が今まであまりにも「~ねばならない」の枠に閉じ込められていたんだなってこと。

ゆみこさんの大らかなのびのび、人生を楽しまれている姿を見て、

私もしばられない生き方をしようと思った。

自分のカラをやぶって人生を楽しまないともったいなーーーい。

そして、つぶつぶを周りの人にもお伝えしていけたらいいなと思いました。

参加して良かったです。

 

(匿名希望)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

天女セミナーScene2 2/27@東京 参加者の感想

icon_seminar

2月27日につぶつぶ早稲田・セミナーホールにて開催した天女セミナーScene2。参加された方の感想を紹介します。

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

今日の学びでまた自由になれました。

ありがとうございます。

意味がないので、これからは日々実践して完全に上書きして目覚めて生きます。

 

天女セミナーを受ける前にも、この世の仕組み、スピリチュアルetc.ある程度はわかったつもりでいましたが、天女セミナーはそれをどう生かしていくかということに非常に有効な方法を教えてくれました。

 

実際、変わった自分を実感しています。

これからさらに変わっていく自分が楽しみです。

一生の財産です。

ありがとうございました。

 

(Nさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

少しの動きや気持の持ち方で、こんなに世界が変わるなんて!

 

今までのセミナーでも同じように感じていましたが、

今回は今までで一番の変化を感じています。

 

私の頭にこり固まっていたのは、おそれと不安でした。

でも今日のセミナーで頭が軽くなり、

マイナスことばを言わないと決心できました。

 

(梅澤友子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

入門(※注:天女セミナーScene1)を受けてから

しばらくはやっていたことが、だんだんと薄れていたので

「あぁ、そうだった!」と思い出すことができました。

 

姿勢や言葉に意識を向けて、毎日を真剣に楽しんでいこうと思います。

自分の可能性に期待しておいしいつぶつぶをたくさん食べて、さらに進化していきます。

ありがとうございました。

 

(山田博子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

2013天女セミナーや天女シーン1を受けてから、

どこででも生きている自信がつき、思いが現実化することも実感でき、絶好調。

毎日が楽しいです。

 

今回のシーン2では、毎日の生活の中で感じていたことを

裏づけるような話が出てきて嬉しかったです。

例えば迷ったらワクワクするほうへ進むとか。

出したものがふくらんで返ってくるとかです。

 

天女のセミナーのたびに熱や風邪で浄化が出る私ですが、

スッキリ抜けたら、与える人になります。

私の周りの人たちを抱えて上へつれていきます。

町内の波動を上げます。

将来は音楽とつぶつぶを伝える天女になります。

 

(うめだりえこさん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

すべては自分がこうある!と思った通りになる。

すごい話を教えてもらったなと思いました。

 

これからはもっと自分を大切にして、

今までよりもっとキラキラな毎日にします。

ありがとうございました。

 

(松下紀子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

ここに来る前に久しぶりに尾を引くようなショックなことがありました。

そのことがずーと頭にあり、セミナー中も頭にずっとありました。

それを解決する解放されるヒントを得たいなと思っていました。

 

今日習った上書きを信じて行う!

これしかない。そう決意したら心が軽くなりました。

 

迷わずつぶつぶ天女になります。

「自信のある」私になります!!

ありがとうございます。

 

(小林礼子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

> 天女セミナーについてはこちらから

http://www.tsubutsubu.jp/seminar-tennyo/

 

天女スクール [ファイル4] 参加者の感想

icon_seminar

天女スクール[ファイル4](テーマ:お金)を修了された皆さんの感想を紹介します。

 

1)今沸き上がる想い、心や体が感じていることを書いてください
2)日常生活で実践しているワークや、それによって感じた変化はありますか
3)その他、感想やゆみこへのメッセージなどを自由に書いてください

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

これから、今からの私にわくわくします。

心も体もスッキリと軽くなりました。

私の周りにあった見えない壁がなくなったように感じています。

自分の思うところへ進めそうです。

 

2)

毎朝(できない日もありますが、、、)天女の学びで得た天女メモを声にだして読んでいます。

実践した日は、より充実した一日となっているように思います。

 

3)

ゆみこさんのセミナーを受けみとしてただきくのではなく、同じ方向を向いた仲間と学びあえた貴重な時間でした。

お互いの成長が目に見えてわかり、相手の成長から自分の成長を知る、そんな学びあいの場を、ありがとうございました。

毎回のお昼ご飯やシェア会ディナーがとても美味しく更に元気になりました。

 

(40代、佐々木尚子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

この1年間の自分の内側の変化、外見の変化を思うと、この場で学べたことの奇跡に

感謝の言葉しか浮かんでこない。

自分の考え方のくせを理解し、解除し、キラキラ輝く変化を楽しむことができた1年だった。

自分自身の変化を喜び、仲間の変化を喜び、素敵な時間を共有することができました。

 

2)

“天女の歌”を歌っています。

自分たちがどこから来たのか、本質を思い出しています。

嬉しくて、輝いて、しなやかな私のイメージで生きています。

 

3)

いくつもの殻がハラハラとはがれ落ち、伸びやかな私が現れました。

どうもありがとうございました。

つぶつぶ料理をこれからも実践し、天女の道を歩んでいきます。

 

(40代、大山千佳さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)
ありがとうございました。このセミナーに参加できて嬉しかったです。
毎回とても楽しみに参加していました。
母でも妻でもない「わたし」の時間
こんなにも具体的に生き方、意識の持ち方を学べる場は今までありませんでした。
あまりにも無知な自分、無意識にダラダラとすごしてきた自分がもったいないです。

 

3)

毎回どうもありがとうございました。

ひとりひとり具体的に見て下さり、自分のことも他の方の経験も客観的にみることができました。

参加してる皆さんがどんどん変わってイキイキしてるのをいると、すごいなーと思い、自分もそうなのだと思うと嬉しい気分です。

学びと成長の場をありがとうございます。

今後も今を楽しみながら進化していきます!!

 

(30代、早川直見さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

この学びの場にこれること、とってもすてきなつぶつぶ仲間とともに学べることに感謝しています。

さいごに歌をうたって、心も体も解き放たれて満たされています。歌うことはきもちいい。

 

3)

この1年間、学びを通じて仲間に恵まれたこと、子どもを預けることをお願いできるようになったこと、決断したら道がひらけたこと、自分自身とても変わったと思います。ありがとうございました。

 

(40代、本多恵津子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

素の自分を生きたい、新しい私を生きると決めてから1年余り、

天女スクールでの学びのお陰で、ほぼ達成できたかなと思います。

時々、以前のネガティブな自分が表れる事もありますが、

上書きする術を身につけられました。

 

2)

意識と言葉と行動を一致させる事により望む現実が表れてくる事を

何度も体験しました。

 

3)

つぶつぶを知ってから10年、ゆみこさんの終始一貫して変わらない

つぶつぶに対する情熱に感動します。

そして、どんどん進化し続け、私達に向けて下さるメッセージに

ワクワクします。出会えたことに、心から感謝します。

 

(60代、佐々木眞知子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

1何前ほんとに軽い気持ちで通い始めた天女スクールでしたが、

この1年間続けられた奇跡、そして1年前の自分とは全く違う新しい自分がここにいます。

こんな自分を発見できたことがうれしいし、この自分を生かし、そして、

どんなものを生み出していけるのか、楽しくてたまりません。

ありがとうございました。

 

2)

天女スクールのテキストの言葉を毎日読むこと。

→自分が困った時などにふと思い出し「そうだった」と前に進める自分がいます。

 

3)

このような学びの場をもうけていただいたことに深く感謝します。

自分一人ではここまでの気づきはなかなか得られなかったと思います。

 

(30代、増田千寿栄さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

おもいっきり息を吸って、はき出す。失敗したっていい。

それを包み込む程の愛がある仲間がいることに、歌の最後にぐっと音が高くなって

皆がエネルギーいっぱいに唄った時に肌で感動し、鳥肌が立ちました。

 

3)

あふれる程の愛をありがとうございます。

この1年で大きく変わった私。

これからもよろしくお願い致します。

一緒に学びあう仲間に感謝しています。

すべては私の鏡なのですね。

 

(50代、岩崎信子さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

1年間の天女の学び、とても濃かったです。

自分の悩んでいたことが毎回テーマとなり、皆とシェアすることで心が軽くなりました。

隠していたものは、隠す必要がなかったと知り、肩の力が抜けました。

 

3)

たくさんのことを教えて下さるゆみこさんが、私たちの考えること、感じることをピタリと言い当てるのがすごい!

だからこそ信頼できます。

ダウントゥアースな師から学べて良かったです。

 

(30代、前田彩さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

お金は流して、価値がでるもの。

皆が幸せになるために気持ちよく使って、そして頂く。

今日学んだことをレッスンして自分のものにしていこう!

ジュピターの合唱がとても気持ち良かった!

 

3)

つぶつぶは人を幸せにする仕事だと改めて思いました。

ありがとうございました!

 

(40代、柏倉八潮さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

1)

お金のワークは自分にとってとても必要なものでした。

この3ヶ月の学びで自分の中のブロックが解除されました。

最後の歌の後、エネルギーを使ったあとの興奮が冷めません。

 

2)

お金を気持ちよく支払うことができるようになりました。

セミナーの勧誘も積極的にできるようになりました。

ふたばさんのレッスンで体の中心軸を意識するようになりました。

 

(30代、大森裕司さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

つぶつぶグランマゆみこから「13の生き方レシピ」の実践術を毎月学ぶ、天女スクール。

今まで誰も教えてくれなかった、ほんとうの自分を楽しく生きるための知識と知恵を具体的な形で伝えます。

 

この感想からも分かるとおり、その効果は絶大。

参加した全員が「あたらしい私」へと脱皮しています。

 

2014年度の天女スクールは、5月より開校。

本気で、あたらしい私になる!あなたの参加をお待ちしています。

 

> 天女スクール詳細はこちらから

http://tsubutsubu.jp/news/?id=100

美味しく食べることで、地球を救える

icon_jissensha

今日は、未来食セミナーScene1広島会場の開催世話人、
加藤裕子さんからのメッセージをお届けします。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

 

 

こんにちは、
未来食セミナーScene1広島会場の開催世話人、加藤裕子です。

 

 

「美味しく食べることで、地球を救える」

 

これは、初めてつぶつぶに出逢った時の鮮烈な印象です。

 

 

私は母親の影響で、10歳ごろから自然食やスピリチュアルなことに慣れ親しんでいました。
世の中の食は生命に反している、現代社会は害悪・・・そんな話を耳にする中で、
私の無意識下に生まれていたのは、
「人間が生きていることの、地球への罪悪感」でした。
 
 

その後、母が制限だらけの自然食から抜け出し、
「この世に無駄なものは何一つない、美味しく感謝して食べ物を頂くことが一番」
と、世間一般の食事に戻ったのですが、

 

「だからといって、添加物や農薬などの
 薬入りの食べ物を食べ続けていていいのだろうか?」

 

「(あちこちのスピリチュアル情報をかじっては)
 お肉を食べないほうが良いのだろうけど、特に子供には栄養が足りないのでは・・?」

 

「結局お肉を食べない考え方は、
 今の時代には単なる自己満足の偽善にすぎず、ナンセンスなのだろうか?」

 

と、矛盾や葛藤を抱えながら生活をしていました。

 

 

そんな中で出逢った「つぶつぶ」。
衝撃でした。

 

私が抱いていた矛盾や葛藤を全て解決してくれ、
そればかりか、食を変えることで、現代の社会や、そして地球を救うことができる!

 

目からウロコが落ちる想いでした。

 

社会や地球を救うって、なんか難しそう~って思いますか?
どんなストイックな食事なんだろうって、思いますか?

 

 

それが・・・
食べてみたらオイシイんです!!!

 

 

こんなに幸せに地球を救えるなんて、

 

「あ~~私たち、生きていていいんだ!!」

 

と、長年の私の中の葛藤と罪悪感が、
いとも簡単に消え去ってしまいました。

 

 

それからは、もう夢中で。

 

当時広島在住だった、つぶつぶマザー神門佳代さんの元へ通い詰め・・
もっと知りたい、色々な料理を食べてみたい!とレシピ本を買いあさり、
家で実践しては、キッチンで出来立てを一人で平らげてしまったり(笑)

 

ただおいしくて夢中で食べていたら、体も心もいつの間にか変わっていきました。

 

まずは、1ヶ月も経たないうちに、肌がみるみる変わりました。
今年の冬は、20数年ぶりに足指のしもやけから開放されました。

 

また、クヨクヨ考えすぎる性格がいつのまにか影を潜め、
建設的に前を向いていられるようになり、心の安定感が増していきました。

 

 

そんな変化もさることながら、
何より、つぶつぶの効果のひとつとして挙げられている、
「地球との一体感を感じられるようになる」・・・???

 

どういうこと?本当になるのか?と半信半疑だったのですが、
いつの間にか実感できるようになっていました。
この感動は、言葉ではうまく伝えられません。。。

 

 

「地球」というと随分と大それたことのように感じてしまうかもしれませんが、
今、私たちが生活しているこの場こそ「地球」そのものですよね。
特別なことでなく、当たり前すぎて身近すぎて、忘れているだけなんですね。

 

そして地球だけでなく、
今、当たり前すぎて忘れられている、大切なことがたくさんあるように思います。
つぶつぶは、最新の情報を知ると共にそれらを思い出させてもくれます。

 

そして、
「じゃぁこれからどうやっていけばいいの?」という具体的な方法も、
即実践できるところまで分かりやすく伝えてくれるのが
「未来食セミナー」です。

 

 

なぜ、つぶつぶなら地球を救えるのか?

 

その答えは・・
イジワルな言い方ですが、セミナーの中にあります。
滅多にない、生のゆみこさんの言葉で・声で、どうか感じ取っていただきたいのです。

 

広島のセミナー会場は、ほかではあまり見られない、お寺の本堂です。
信仰や思想を超えた「真理」を、
この清清しい会場でより多くの方々に知っていただきたいのです。

 

大げさではありません。
食べることは「生きること」そのものだから。

 

 

食べるものが変われば、人生が変わります。
だって、体が変わるのだから。
毎日を清清しく軽やかに過ごせたら、心だってウキウキですよね。

 

全~然っ!!難しくありません。
だって、つぶつぶはサイッコ~~にオイシイから!!!

 

オイシイから続けられるんです。
楽しいから、作るんです。

 

「おいしいね」「たのしいね」って毎日を過ごすことで、
美しい地球と共に自分で世界を創り続けられる・・

 

こんな贅沢を、一緒に楽しみませんか??

 

 

つぶつぶグランマゆみこさんから直接学べて、
つぶつぶ総シェフ・郷田未来さんの美味しいお料理もいただける!
こんな貴重な機会を皆さんに楽しんでいただけるよう、
心を込めてお手伝いさせていただきます。

 

広島限定のプチイベントもご用意していますので、
受講される方は、エコバッグをご持参下さいね♪♪

 

たくさんのキラッキラの笑顔にお会いできることを、
心から楽しみにしています!!

 

読んでくださってありがとうございました。

 

 

             未来食セミナーScene1広島会場
             開催世話人 加藤裕子

 

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

あなたのカラダとココロを、楽々とおいしく、楽しく輝かせる
革新的な手料理術「つぶつぶ」の基本を学ぶ
未来食セミナーScene1
http://www.tsubutsubu.jp/LP/scene1/entry.php

 

2014年4月27日(日)広島・広島市 正善坊
2014年5月9日(金)東京・新宿区 つぶつぶ早稲田セミナーホール
〈時間〉9:30〜18:30 + つぶつぶグルメ体感交流パーティー 〜21:00
〈参加費〉 50,000円 + つぶつぶグルメ体感交流パーティー 5,000円

 

*上記日程の他にも、つぶつぶマザーが全国で開催中!全日程は>
 http://tsubutsubu.jp/seminar-booking/

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

PS.

 

未来食セミナーScene1の翌日に、
「未来創造セミナー 7歳までの楽ちん子育て編」の開催が決定しました!
http://www.tsubutsubu.jp/LP/miraisozo/entry.php

 

以前は、子ども中心で振り回されっぱなし、子離れできなかった私が
つぶつぶに出会って、子どもも私も思いっきり伸び伸びと
日々の暮らしを楽しめるようになりました。

 

そのベースは、やっぱり自分が変わったこと。
以前は子育てにも自分にも自信がなかったのが、
自分を信頼して、毎日わくわく過ごせているという
私の心の満足感が、子育てのゆとりに繋がっているのでしょうね。

 

超甘えっ子だった長男は、今では会う人に「のびのびしてるね〜」と言われます。
次男は生まれたときからつぶつぶっ子、離乳食いらずの楽ちん子育てまっ最中。

 

そして、私も子どもたちと一緒に自分育て真っ最中です。
今も課題はありますが、些細なことからの気づきの直後から、
子ども達の表情や反応が一瞬で変わるから面白いです。

 

人生のほんのわずかな期間のこの貴重な体験を、美味しく楽しく、一緒に味わいましょう!!
未来食セミナーScene1とあわせての受講がオススメです。

 

 

PPS.

 

最後に、私の夫について一言・・・
なんと夫は「つぶつぶダンディーの会」会長兼「つぶつぶダンディー広め隊」隊長として、
私の今回のセミナー開催などの活動を色々とアドバイス・サポートしてくれています。

 

隊長に会ってみたい方・ご家族ともっとつぶつぶを楽しみたい方で
隊長にご相談したい方も是非、広島へお越し下さいませ。。。

 

暴れていたのは娘ではなく私だった! / 松村みどり(3/3)

icon_mother

娘の悩みや不安が心や体に現れだしたのは、
19歳になるころでした。

 

それまでの娘の生き方はまさしく競馬馬のよう、
視野を狭くして全力疾走、
そんな感じでした。
portrait
 

大学に入学し、時間もでき、自分でいろいろ考え始めた頃と、
体の不調を訴え出した時とが重なります。

 

あるカウンセラーの話では
「今までいい子で反抗期がなかった分
ここにきて反抗期と思春期が一緒にきてしまい、
よけい大変になっている。」
ということでした。

 

大学を2年で勝手に終了して、
帰ってきて自宅で暮らすようになりました。

 

そのまま大学に行っていたら、もう2年あったわけだし、
その2年間でいろいろ考えてみればいいと
受け入れていたつもりですが、
自然にしているつもりでも、
体調やいろいろに波があるので、どうしても、知らず知らず
腫れものに触るようになっていました。

 

あるとき、とうとう私が爆発してしまい、
取っ組み合いになってから、どんどん悪化していきました。

 

パニックを起こして
眠れない日々が続いたり、
ほんとうに泥沼でした。

 

出口を求めて
いろいろな方に出会いました。

 

鍼灸、足裏マサージ、頭がい仙骨療法、整体、
どちらかというと東洋医学に近い考えの方たちでした。
カウンセリングももちろん行きました。

 

家で過ごすようになって2年目
どうなるのか目途もつかないまま、
体調のいい時は畑の草刈をしたり、
食事の支度をしたりして過ごしていましたが
祖母が倒れ、娘はさらに重傷のパニック状態に!
そのエネルギーは凄まじく
心から怖れを感じるほどでした。

 

義母の看病と、農作業と、不安定な娘との
緊張した状態が重なって
修羅場というのがふさわしいような状態でした。

 

その娘が、未来食セミナーを受けて
変わったのです。

 

直後に研修生募集の呼びかけを見て
「これしか無い!」と
思い定めました。

 

 

私自身も、それほどの反抗期なく大人になりました。
反抗するとなんだか親がかわいそうと思えて、
自分の言いたい事が言えない、
なんとなく親の耳ざわりのいい言葉に変えて
話す私がいました。

 

親や周囲に反対されて結婚したことや、
親のやらなくてはいけない事を、周りの人に迷惑になるからと思って
母の代わりにやっていた悲しい日々、
こんな経験は子供にはさせない、と決心して
私の子育てがはじまりました。

 

子供は親の作品、
外から見て優秀な子供にしあげるために、
親が教えなければ、親がしつけなければ
と思っていたのです。

 

「親は子供をなにがあっても守る。」

 

私自身が、甘えられなかった、守ってもらえなかった反動でした。
天女の学びを経た今だからわかりますが、
社会に出るという事は、
私が子供に触れさせないようにしてきた事の連続なわけで、
そういう事を通して大人になっていくのが人生なのに
当時の私にはまったく分かっていなかったのです。

 

だから、娘が自分の考えでいろいろ動こうとしたとき
理屈は本などを読めば入ってきて、
自分もできそうなのだが、
実際の経験が少なく思うように動けず、
行き詰まってしまったのです。

 

防波堤になって子供を守る、
そのことが娘を動けなくしたのです。

 

その苦しみの矛先が母親の私に向きました。

 

「お母さんが悪い、育て方が悪い」
全力で津波のごとく立ち向かってきました。

 

その勢いで防波堤はくずれ、
そうはしたものの娘自身なにをどうしたらいいかわからず、
津波に呑まれて、私という防波堤もガレキとなって一緒に漂いました。

 

 

今ではつぶつぶと天女の学びを経て、
夢のようなパートナーと出会って結婚し、
健康な2児の母とつぶつぶシェフの仕事を両立して
あの頃の影がみじんも残っていない美しい娘と
笑い話になっています。

 

振り返ってみると、
助けを求めて二人でほんとうにいろんなところへ行き、
いろんな経験をしました。

 

助けを求めていった先の一つが
未来食セミナーだったのです。
やっと、出口が見つかったのです。

 

 

今思えば、娘とさまよった経験は
私自身が望んでいたことでした。

 

娘のためと言えば何でも自由にすることができたのです。
娘を暴れさせていたのは私でした。

 

私が自分を自由にしたかったのです。

 

裕福な家庭に育ち、
小学校の頃の私は元気印でどんどん前に出て行くような、
負けず嫌いが服を着ているような子供でした。
勉強もそこそこ出来たし、運動も出来ました。

 

家には家電はもとより
ステレオ、テープレコーダ(オープンデッキ)
新し物好きの父がいろいろ買ってきました。
外から見たらきっと羨ましがられる環境、
生活だったのではないかと思います。

 

それが、父の体調が思わしくなくなり
オイルショックがやってきました。
経済の成長が止まり、父の仕事がうまくいかず、
家庭の中も暗い雰囲気が漂っていました。

 

中学の頃に家庭の状況、社会の情勢が、
ガラッと変わってしまったのです。

 

その結果、私は.それと知らずに
本来の私を閉じ込めてしまいました。

 

未来にどう夢を持ち生きていけばいいか
分からなくなってしまい途方に暮れました。
その頃から長く暗いトンネルに入ってしまった私が続いていました。

 

トンネルの出口を探しながらも見つからないまま
家庭科中学教員と栄養士の免許を取りました。
そして、神奈川県の教員採用試験にも合格したのに、
辞退してしまいました。

 

自分に自信がなかったのです。
こんな私では教員にはなれない。
自分を認める事が出来ませんでした。
こんなわたしでは周りが認めてくれないだろう
と思い込んでいました。

 

それでも学校栄養士として働き出しました。
数字を並べるだけの栄養計算。
本当に児童生徒に栄養が足りているか不安の日々でした。

 

ここでも自信がない、続けられない。
当時、仕事を続けられない自分、周りの期待に添えない自分に
不甲斐なさを感じていました。
どうしたら期待に添えるのか、愛される存在になれるのか
と思い悩んでいました。

 

22、3歳の頃でした。
小さい頃から、それ以上の自分を思い浮かべる事が
何故か出来ませんでした。
大人になった自分が想像できなかったのです。
結婚願望はありました。
この頃主人と出会い結婚することになりました。

 

はじめて自分の意志を通した出来事でした。
だから、自分でそのことに対して責任を持とうと思ったのです。

 

社会に出てから仕事というものにたいして不完全燃焼感があって、
農家に行けばそれなりの仕事もあるし、仕事ができると思いました。

 

しかし現実はそんな甘いものではなく、
もっともっと不完全燃焼になっていきました。

 

親、親せきみんなにも反対されての結婚だったので、
「結婚してから失敗は出来ない」「子育ても失敗出来ない」
と思い詰めていました。

 

ここから、またまた勝手に理想像を作りあげ
いい嫁、いい母を演じて
自分を窮屈にしていきました。

 

子育ては布おむつでなくてはいけない、
お菓子は食べさせてはいけない、
ミルクはやってはいけない。

 

子どもは8時には寝なくてはいけない、
そして、私自身が育てられた時に悲しかった事嫌だった事
辛かった事は私の子どもにはしない。私で止める。

 

そういうスタンスで始まった子育ては初めから
ボタンの掛け違いをしていました。

 

義父母の報われなかった過去、義祖父母との関係をよく聞かされ、
こんなに苦労をした義父母を困らせてはいけないと、
優等生の嫁を演じていました。

 

でも演じ切れるはずもなく、
ちょっとしたきかっけで心の闇が噴き出し、
落ちつくと罪悪感にさいなまれていました。

 

私自身のやりたい事はなかなか言いだせなかったけど、
子どものことは何でも言えました。
私が子どもに関する事をやるにはだいたいなんでも
許される、そんな状況でした。
子どもの言いなりになる、子どもの召使いになる
というより、私の場合は、
子どもを通して私自身がやりたい事や、
やり残したことをしていたのです。

 

娘のためにと思っていた未来食つぶつぶの学びで、
まさか、自分自身の答えが見つかるなんて!
思っても見なかった結果に、私自身最初は戸惑いました。

 

でも、最後のトンネルをくぐり抜けようとしている
娘を理解するためにと決心して参加した
つぶつぶマザーセミナーで、私は封印していた
ほんとうの自分を発見することができたのです。

 

夫婦共通の夢、3人の娘たちと家族共通の夢ができ
清々しい気持ちで、今を楽しんでいる新しい私がここにいます。

 

私のように、輝いているはずなのに
自分を封じ込めている
多くの女性たちにつぶつぶと天女の学びを
伝えることが、私のもう一つの仕事になりました。

 

 

つぶつぶマザー
松村みどり

 

おわり(3/3)

 

 

毎日の食事で汚染を跳ね返す強い体を作れる / 松村みどり(2/3)

icon_mother

今の地球上の文明国と呼ばれる国々に
住んでいたら、
添加物や放射性物質を100%排除することは
不可能です。

 

有毒物質を怖がり、
排除することに必死になればなるほどportrait
無力感に苛まれ、心が病んでいきます。

 

私は、未来食セミナーで
はじめて、体のしくみとその大きな力について
知りました。

 

食べものがどういう働きをするものか、
そして、その働きをできる本来の食べものについて、
そして本来の料理法について学ぶことができました。

 

そのおかげで、絶望感や果てのない不安から
解放されました。

 

体には、異物を排出する力、毒を中和する力、病原菌と戦う力、
体全体の働きを常に正常に維持する力等々、
何が何でも健康に生き抜こうとする力が具わっていることを
あらためてはっきりと知ったことで、
自分自身の体を信頼することができるようになりました。

 

いえ、それまで、体をとても弱いもの、
もろくて壊れやすいものと思い込んでいたことに
気づかされたのです。

 

そして、ごはんとみそ汁と漬け物を基本とする
和食の意味とそのパワーをあらためて教えてもらいました。

 

ごはんのどろどろねばねばの食物繊維は
有害成分を包み込む力が強く、
重金属や放射性物質を吸着して排出する力があります。

 

ごはんのおねばにそんな力があるなんて
信じられないかもしれませんが、
最近、ネバネバ食品で健康になろうという話題が
飛び交うようになっているのはご存知ですよね。

 

でも、ごはんのモッチリふわりのおいしさを生み出す
ごはんのとろみやおねばこそが
最高のネバネバ食物繊維だったことに気づいて
それが主食だから、元気に生き抜いて来れたのだと
心から納得しました。

 

こんなにも素晴らしいごはんに
味噌や醤油の自然塩がプラスされると
素晴らしさは倍増されます。

 

体の働きを調節する役割のミネラルが
豊富にあることで、
食べものの消化吸収も
体の新陳代謝も
種々の働きも
スムーズに進むので、
元気な体が作れるのです。

 

ところが、昭和47(1972)年、
私が中学1年くらいのときに、
日本で伝統的におこなわれていた
塩田式の自然な製塩法が廃止され、
全面的にイオン交換式の
工業的な製塩法に切り替えられました。

 

食塩の登場です。
工業的に作られた塩はミネラル、
微量要素が排除されていて
本来の塩では無くなってしましました。
効率ばかりが優先された結果です。

 

それから1997年に廃止されるまで
35年もの間、日本人は、
微量ミネラルをほとんど含まない
塩化ナトリウムしか食べられなかったのです。

 

発酵した塩の味噌や醤油も
値段の安いものは醤油もどきになってしまい、
添加物や化学物質で適当な味付けを
しているだけになっています。

 

添加物や放射性物質の危機だけではなく
塩を始めとする食材の変質、
日本の風土に会わない肉や牛乳や砂糖の多食など
食文化の崩壊によるダメージが先に
私たちの体を蝕んできました。

 

だから、こんなにも難病があふれ、
心の病が広がっているのです。

 

私は、未来食つぶつぶのルール、じつは人間の食のルールにそって
雑穀などの穀類やごはん、新鮮野菜に海藻や発酵食品を
組み合わせて食べていたら、
山のようにいいことがありました。

 

昨年春に発刊された「ごはんの力」にある、
ごはん食生活13のメリットに照らし合わせて
私の実感を、書いてみます。

 

(1)便秘知らずの体に。
私は子供の頃から便秘で大人になっても
それはかわらず、オーバーですが、
一生便秘とお付き合いしていくもんだと
覚悟をきめていました。
それが、いつのまにか朝つるんと
排便されるようになったんです。
ほんとに爽快で一日がたのしくなります。

 

(2)ごはんを食べると痩せる。
精白しない穀物を食べ始めて
3か月で5kg体重が落ち、
徐々にもう5kgくらい体重が落ちました。
冬は少し体重が増え夏は少し体重が減ります。
リバウンドという感じではなく、
冬は寒いし少し脂肪増やして体温めようかなみたいな感じで、
春からまた体重が落ちていきます。

 

(3)精神を調え、心を安定させるごはんの力
以前は何もイライラの直接的な原因がわからないのに、
ま~大家族で食事の準備がたいへんだった。
というのはありましたが、
包丁でトントン集中すればするほど
イライラがわきでてくるんです。
これは本当に困りました。
周りの誰かに何かされたわけじゃないので、
当たるところもなく…。
それが、つぶつぶ料理三昧の毎日で解消しました。
娘が三人いるんですが、それぞれの娘に
「おかあさん料理してる時たのしそうだね~。」
って言われて、そんなはずないじゃん。
と思ったんですが、「あれ、イライラしてない」
私を発見したのです。
セミナーでは「心と体と食べものの三角関係」を
学びますが、ほんとうにその通りでした。

 

(4)栄養が行きわたって病気になりにくくなる。
この年になると周りではなんだかんだと
体の不調をかこつ話が続出。
夜寝られなくて、睡眠導入剤を飲んでいるとか、
糖尿病で薬を飲んでいるとか。
でもつぶつぶ食のおかげで
私は、村の健康診断でいつも問題なしです。
特に老化現象を感じることもありません。

 

(5)持久力がつく。
48歳から水泳を始めましたが
結構泳げるもんですよ~。
11月12月は忙しいので泳ぎにいけないのですが、
年明けの1/4に泳ぎ初めにプールにいったのですが、
久しぶりだったのに結構2000m泳げました。
持久力あるな~。って自分ですごーいと思っちゃいました。

 

(6) 若さを保つ
私の場合は髪です。いつも美容院で褒められます。
同じ年代の人と比べるとこしがありツヤがあるそうです。

 

等々、まだまだいい足りないくらい
いろんなメリットを感じています。

 

 

つぶつぶマザー
松村みどり

 

つづく(2/3)

 

 

未来食つぶつぶで安心安全を手に入れた / 松村みどり(1/3)

icon_mother

長野県豊丘村を拠点に活動している
つぶつぶマザーの 松村みどりです。

 

山の斜面の、昔ながらのりんご園を夫と切り盛りしています。
地域ぐるみで雑穀も育てています。
つぶつぶ農家民宿を目指しています。
portrait

 

じつは、娘の引きこもりが縁で出会ったつぶつぶですが、
娘はすっかり魅力的な妻、母、つぶつぶシェフになりました。

 

そして、あきらめていた
私の長年の課題の答えが見つかったのです。
さらに自然に体の不調が解消し10キロもダイエットしていました。

 

娘が引き合わせてくれたつぶつぶのおかげで、
私自身が変わり、夫が変わり、家族みんなが変わって
夫婦共通の夢もでき、ぐっと仲良くなれました。

 

今では、清々しい気持ちで、私自身が本当の自分、
最高の自分でキラキラ,わくわく生き、暮らすことで、
周りの人に「人生って楽しんでいいんだっ。」
というメッセージを伝えていく
つぶつぶマザーの活動を楽しんでいます。

 

 

わが家は専業農家で、りんごを主に、
梅、市田柿を作っています。
自家用にお米、野菜も作っています。

 

お米は売るわけではないので
カメ虫がついてもいいし、
収量が少なくても家で食べるだけの量があればいいので
ならば農薬不使用で作りたいという事になりました。

 

という訳で
私の夏の主な仕事は田の草取りです。

 

近くには、田の草取りしている人はおらず、
興味深々の目でみられますが、
「どう思われようと自分の食べる物だしいいか。」
と思い、けっこう夏中、田んぼに通っています。

 

それと、昨年豊丘村で雑穀研究会が発足したのをきっかけに
我が家でも雑穀栽培をはじめました。

 

アマランサスともちキビの二種類を作ってみました。
もちキビは黄色くて、食感はもちもちして御餅に混ぜてつくと、
御餅が黄色くなってとってもきれいで、御餅も少し軽い感じになります。

 

豊丘雑穀研究会の雑穀ポップバーは
テレビや新聞に何度も取り上げられて
作っても作っても売れてしまいます。

 

ちょっと前の「食べるラー油」ブームみたいに
いつも商品の棚は空っぽみたいな感じです。

 

 

私たちは、知らぬ間に、
安心安全な食べものが消えてしまった
社会に住んでいます。

 

自然の摂理を無視して、
遺伝子組み換えや食品添加物などを使って
経済が都合よく効率よくまわることを優先に
社会が回っているのです。

 

こんな現実の中で、途方に暮れているのが
子どもを産み育てる役割の私たち女性ではないでしょうか。

 

私は、運良く未来食つぶつぶに出会ったおかげで
この現実に怯えるのでも憂えるのでもなく、
自分の手で安心安全な現実を、
確信を持って整えることができるようになりました。

 

日本人は昔から食事をすることも「ごはん」と呼び、
炊いた穀物も「ごはん」と呼んでいたというあたりまえのことを
すっかり忘れていたことに気づかされました。

 

小さいころ、おかあさんに
「ごはんよ~っ。」って呼ばれると、
なんか幸せな気持ちになった記憶は
みなさんにもまだ残っていませんか。

 

昔はお米に限らず、穀物の稔った姿をイネと呼んでいて、
古代人にとっての意味は イネは命の根っこという意味だと、
教わった時、ストーンと何かが腑に落ちました。

 

私が子供のころお米やごはんは食べ物のなかでも
特に大切にしていました。
そして、炊いた穀物=ごはんをたべる事で
元気に生きてきた歴史があります。

 

今の食生活は精白しすぎない穀物どころか、
白米も食べる機会が 少なくなっています。

 

白米に2割の雑穀を混ぜて炊くことから
あなたのいのちの自立がはじまります。

 

雑穀入りスープを毎日食べるだけでも効果があります。
続けることが大切です。

 

 

宇宙開発のNASAが南米の雑穀のキヌアを宇宙食に指定するくらい、
雑穀は完全な栄養バランスの良い食べ物で
日本の雑穀もほとんどキヌアの栄養素と変わりないそうです。

 

それと昔は5大栄養素で炭水化物、脂質、タンパク質、
ビタミン、ミネラルだったのが、
今は6大栄養素で食物繊維が栄養素として認められるようになり、
以前なら栄養のないカスと思われていたものが注目されるようになりました。

 

食物繊維の多いものというと
野菜とかその中でもセロリとかレタスとか歯ごたえのある
繊維質のイメージだったのですが、

 

実はごはんには食物繊維がいっぱいで、
なんとごはんを炊いたときのねばねばも
水溶性の食物繊維と知った時は驚きました。

 

さらに、雑穀の色のポリフェノールが、
私たちの細胞を酸化から守ってくれます。

 

それと
「雑穀には1割のタンパク質と
7割の炭水化物が含まれていて、
たんぱく質を消化するのには7倍の炭水化物が必要」
という体の生理にぴったりという事を知り、

 

栄養計算いらないじゃん、
ごはんに雑穀入れて食べればいいんだ!
と分かったとき
すごく納得し、感激したのを覚えています。

 

 

つぶつぶマザー
松村みどり

 

つづく(1/3)

 

 

おんな開き!ひな祭セミナー2014 / 2014.4月

icon_event

4月2日(水)に開催した

「おんな開き!ひな祭セミナー2014」の様子をお伝えします。

 

「おんな開き」という、前代未聞のこのセミナー。。

 

晴天のこの日、渋谷シダックスカルチャーホールに

約120人もの女たちが集合、

 

<未来食つぶつぶ創始者>つぶつぶグランマゆみこ

<からだクリエイト・きらくかん代表>奥谷まゆみさん

<聖なる性の語り部>夏目祭子さん

 

3人のスペシャリストによる、熱くパワフルなおんなの祭がスタート!

 

 

ゆみこ太鼓2

 

 

 

パート1は「おんな開きレッスン」

テーマは「It’s my Body!おんなの体を取り戻す」

 

講師3人がそれぞれ、体、性と本能、食と言葉という切り口から

魅力あふれるトークや、

誰でも簡単にできるおんなを開くためのワークをレクチャー。

 

おんなの体の洗い方や、春のカラダの作り方、

ホントの性の話、自分を愛するワーク、言葉の力、などなど・・・

 

 

奥谷さんワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭子さんワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート2は「つぶつぶラジオ公開収録」

 

4月配信の4回分を、会場で生収録!

 

ラジオがスタートすると、3人のエネルギー溢れるトークがとまらない!

おもしろくって、パワフルで、え、もう20分たったの!?と

ビックリするくらい、あっという間に収録終了。

 

「おんなの体を取り戻す」や「女性の仕事創造」をテーマに

ここでしか聞けない個人的な暴露話も飛び出しました。

(詳しくは、ラジオ聴いてみて!)

 

 

また、この日ラジオのイントロ

「つぶつぶインターネットラジオ、あたらしい私になる!」の部分を

会場のみんなで声を合わせて収録。

 

4月放送分はその声が冒頭で流れるから、聞いてみてね。

https://itunes.apple.com/jp/podcast?id=769591341

 

 

ラジオ収録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、ディナー&交流タイム♪

 

つぶつぶレストラン&つぶつぶマザーによる出店ブースには、

桜ごはんおにぎり、太巻き、高キビタコライス、ヒエのフィッシュバーガー、ヒエのシュウマイ、玄米おかゆパン、ピザ、ババロア、桜アイス・・・などなど

 

おんなパワーをアップする

豪華つぶつぶ料理&スイーツが勢揃い!

 

つぶつぶマザーやスタッフの趣向を凝らした

衣装や演出も必見☆

 

 

ディナータイム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーガー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッシュ②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せいろうず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つぶつぶカフェの女たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてついに、おんな開き本番!

パート3「秘密のおんな祭」に突入。

 

さぁ、何が行われたかというと。。。

 

ん~~言いたいけど!やっぱり秘密です。

でも、少しだけ写真を公開!

 

 

マザー歌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート3②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何やら楽しそうでしょ?

 

聞くだけじゃなく、自分で動き、表現する時間。

自分を縛っていたものを解き放ち、

心も体も開放!

 

 

聴いて、感じて、食べて、動いてー

五感を総動員しておんなを楽しんだ、超充実のセミナーでした。

 

改めて、おんなって楽しい~!

 

 

最後に、参加者の感想をどうぞ。

 

 

・。・。・。・。・。参加された方の感想 ・。・。・。・。・。

 

今日一日で本当におんな力が開けた!と感じました。

レッスンは「あー!そっかー!」と納得の連続で、公開収録もとても面白かったです。

パート3でからだを動かし声を出して表現することで心も、未来も動き出したように思います。

お三方ともとても美しく輝いていて、

わたしも自分も表現して内側から輝き出したいな、と思いました。

(小林ほたるさん)

 

ゆみこさん、まゆみさん、祭子さんの活き活きとしたパワーに改めて魅了されました。

具体的なワークもできて家でもやってみようと思います。

マザーの皆さんがまるで文化祭のように楽しそうに出店されているのを見て、こちらまで楽しく、自分もそんな風に働いていこう!と思いました。

(岡田千鶴さん)

 

他では聞いたことのない、でもとても根源的で

女性が生きる上でとても必要で素晴らしい言葉をたくさんいただきました。

単純に女性たちが歌って、舞って、ニコニコしている空間は

とても平和で、愛に満ちていて、心が洗われました。

(白鳥秋子さん)

 

「女性に生まれて良かった。」

これまで気がつかなかったこと、知らなかったこと、勘違いしていたこと、

いろんな発見がありました。

自分だけでは絶対やらないワークも楽しくできて気分が上がりました。

ラジオでは知れないこと、場を共有できたことで

自分の中で確かめることができたことが良かったです。

( I.Hさん)

 

「あたらしい私」が生まれ、初乳をごくごく飲んだ元気な気持ちです。

会場のみなさまと一体となれて楽しかったですし、

自分が心とからだを大分オープンにできたこともうれしかったです。

ゆみこさん、まゆみさん、祭子さんの表現には、女の生命がきらめいていて、

その美しさと、私たちを表現に誘う愛の大きさに胸打たれました。

私も太鼓にダンス、歌に白熱。

私たちは、生まれ、そして夢は叶っている。

私の母に宇宙の子守唄のことを話しました。

母が何気なく子守唄を口ずさんだら、ゆみこさんの母なる歌声とひとつになって、

幼い頃の記憶、さらに宇宙の粒子の私が呼び起こされたように、

からだ中が一斉に沸き立ちました。

宇宙と私たちのひとりひとりは、命綱で結ばれている。

例えようのない幸福と平安に、涙が溢れます。

この生命の幸せを、私の道、母性の道へ、私の生命で表現していきます。

ゆみこさんのお話と唄が、私の前途を優しく照らしてくださったと感じております。

(M.I.さん)

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

 

PS.

 

そしてそして、セミナー中に重大発表が!!!

なんと、おんな開きセミナー、第2回の開催が決定しました!!!

 

日程は6月27日(金)予定。

タイトルは「おんな開きセミナー ~真夏の夜の夢~」

 

なんて怪しいタイトル!

でも、好きでしょ~こういうの。ふふふ

 

今回参加できなかった方も、真夏の夜はみんなで弾けましょう!

詳細は決まり次第お伝えします。お楽しみに♪