ずっと治らなかった冷え性が改善!パワフルに動ける体に

今回は、4月に開催するゆみこの未来食セミナーScene1広島会場の開催世話人、増田千寿栄さん。広島から天女スクール に通いながら料理教室も開催しているパワフル千寿栄さん、つぶつぶに出会ってから体も心も大きく変化したそうです!

 

 

masuda

 

 

 

 

 

 

 

 

増田千寿栄さん(広島県広島市)

 

 

 

■つぶつぶに出会ったきっかけは?

 

実は10年くらい前からつぶつぶの活動は知っていましたが、当時の私は「おもしろそうだけど、今は必要なさそう。もしご縁があれば、いつかセミナーを受けてみてもいいかも。」という程度でした。

もともと食べ物に全く興味がなかった私でしたが、カナダ留学中にベジタリアンのオーガニックガーデンで住み込みでボランティアをする機会があり「食が変われば体が変わる」というのを実体験してから、食への追求がはじまりました。

帰国後はマクロビオティックに出会い、それなりに満足した食生活を送っていましたが、結婚後、旦那さんが満足してくれない、調理に時間がかかる、どう味に変化をつけようか?などと悩み、行き詰まりを感じていました。ちょうどその時、広島で未来食セミナーScene1と天女入門セミナー(現:天女セミナーScene1)が開催されることを知り、「今の状況の打開策になるかも」と受講を決めました。

 

 

■セミナー後の変化で、印象的なことは?

 

受講してみてびっくり。マクロビオティックとは考え方も違うし、薄味に慣れた私には、つぶつぶの料理が濃すぎると感じたのを覚えています。セミナーの内容は半信半疑でしたが、「私と旦那さんの体で実験してみよう。」と実践の日々がはじまりました。

すると、マクロビオティックを5年くらい実践しても治らなかった冷え性が、つぶつぶを始めて1年もたたないうちに緩和。手足もあたたかく、体温も上がりました。体のだるさもなくなり、どんどん動ける体に。今は月イチで仕事の後に夜行バスに乗って東京に出発、翌日の天女スクールを受けて深夜に広島に帰宅、次の日も仕事というハードスケジュールをこなせるまでになりました。内面的には、イライラすることが減り、物事の決断ができるようになった(以前は決断ができず、ぐるぐると同じ事を悩んでいる時間が長かった)、優しい気持ちで日々を過ごせるようになった、といった変化を感じています。

気がついたら、砂糖の入った甘いお菓子を欲しなくなっていました。以前の私の体の不調は塩不足&砂糖の取り過ぎだったと今でははっきりと自覚しています。さらに天女の学びのおかげで、色眼鏡で世界をみることが減り、ありのままの世界、ありのままの自分を感じられるようになってきました。生きていること、生かされていることに素直に感謝し、静かなワクワク感とともに日々過ごしています。

 

 

■家族でどんな風につぶつぶを楽しんでいますか。

 

一番うれしいのは旦那さんが「おいしい、おいしい」と私の作る料理をもりもり食べてくれることです。以前は物足りなかったようで、食後に甘いスイーツやスナック菓子などを欲していましたが、今ではそれもなくなり、つぶつぶの食事を夫婦で楽しんでいます。

私が開催している自宅での料理教室も理解してくれ、教室当日の朝は掃除を手伝ってくれたりと助かっています。以前、旦那さんの実家に行く際に「もちキビポテト」を作っていったのですが、見たことのない料理に最初はとまどっていましたが、食べてみるとおいしかったようで、たくさんおかわりしてくれました。私が食材にも気を遣っているのを知り、お義母さんも、「これ、無農薬のだから」などと野菜や食材をくださったりするようになりました。

 

 

■今後の展望・夢を教えてください。

 

なんといっても大きな目標は、今春開催の広島での未来食セミナーScene1を満員御礼に!そして参加者のみなさんとともに響き合い、おもいっきり楽しむことです。広島につぶつぶの芽がたくさん育つよう、地域の方とご縁をたくさん紡いで活動をしていきます。今後の夢は海外進出して、世界中の人につぶつぶの料理を食べてもらい「こんなに美味しいものは食べたことがない」と言わせることです。