家族ぐるみでつぶつぶ街道爆走中!

今回は、2014ゆみこの未来食セミナーScene1広島会場の開催世話人、加藤裕子さん。以前はなかなか行動できない性格だったというのが嘘のように、自分の殻を破り、家族ぐるみでつぶつぶ街道爆走中の裕子さんのストーリー、必見です!

 

 

kato

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤裕子さん(広島県東広島市)

 

 

 

■つぶつぶに出会ったきっかけは?

 

実家のある鳥取県の自然食品店に行ったことがきっかけです。そこでつぶつぶのランチ会に参加し、「東広島在住なんです」と伝えたら、当時広島で活動していたつぶつぶマザーの神門佳代さんを紹介していただき、それから佳代さんの料理教室に通い始めました。

話は遡りますが、実は、私が小学生の頃、母が自然食をした経験があります。が、母は4年程で自然食をやめてしまいました。ストイックで、スーパーに行っても何も買えない、制限だらけの中で苦しくなったとか。ですが、私自身は、特に子どもができてから食に対する不安がよみがえり、疑問をもちながら、世間一般の食事をしていました。

そんなときに出会ったつぶつぶ。はじめは、今までの経験から頭でっかちで批判的な自分もいたのですが、料理教室に通っているうちに、すっかり美味しさの虜になっていました。あとはもう、お決まりのループ。美味しい楽しい!!→食べたいから作る!!→もっと知りたい!!と、どんどんはまっていきました。

 

 

■セミナー後の変化で、印象的なことは? 

 

とにかく、セミナー受講までが長かったんです(苦笑)お金や子ども、時間などを理由に、なかなか殻を破れない自分がいました。

一番最初に受けたのが「つぶつぶ天女セミナー2013」。実は、それまでに立て続けに3回も車を修理に出したりと悪循環の一途を辿っており、夫からも「そんなに行きたいなら行ってくれば」、極め付けには「車の修理代より安い(爆)」と言われ、ようやく決心(笑)。すばらしい講義の数々もさることながら、私にとってははじめの一歩を踏み出すことに一番意味があったような気がします。

その後、6月に滋賀で受講したScene2では、セミナー中に「明日のパーティー(※ページ下部参照)も行きたい!」とスイッチが入り、23時に広島に帰宅したあと、翌日7時に子どもと一緒に再び滋賀へ!ひらめきのままに行動してみたら、何もかもスムーズに運び、ラッキーなハプニングの連続!ここでまた自分の殻がふきとびました。

また、つぶつぶスープを週に3日くらい取り入れて1ヶ月頃から肌が変わりました。それから今でも、−5歳に見られます(嬉)以前よりもくよくよ悩まなくなり、前向きになりました。何より、周りもどんどん動いてきて、私が望む方へと自然に導かれているように感じます。たくさんの方々に助けていただきながら、11ヶ月でここまで成長できた私がいます。本当にミラクル、ありがとう、です!!!

 

 

■家族でどんな風につぶつぶを楽しんでいますか。

 

2013夏のオープンハウスに家族で参加し、私はもちろん、夫も素晴らしいつぶつぶご一家の皆さんと出会い、仕事を離れ、心許せる仲間に出会えて、心の底から満喫しているようでした。帰りの新幹線で、すかさずScene1の話を持ち出したら、一緒にオープンハウスに参加した方と一緒に9月に受講。今では「つぶつぶダンディーの会を作らんといけんなぁ!」と言い出すまでになり、つぶつぶ広め隊にも登録。気がつけば、ご家族をつぶつぶに巻き込みたい方のサポーター的存在に。全国どこへでも加藤家が営業に向かいます(くらいの勢いです笑)。

子どもたちも、最長3晩の留守番も乗り越えて、甘えん坊の長男が「美味しいお料理作れるように、いっぱい勉強してまた作ってね」と言ってくれるまでになりました。

 

kato2

 

 

 

■今後の展望・夢を教えてください。

 

目下の目標は、ゆみこさんをお招きしての、広島での未来食セミナーScene1大成功!!現在の人類創世の地(なんだそうです)に全国から皆さんをお招きして共に学び、広島につぶつぶ文化を根付かせたいです。

それから、つぶつぶマザーさんや、会員さん皆さんの「いのちのアトリエ」にも遊びに行きたいです。全国に素敵な仲間が増え、一段と日本が狭く感じられます・・・この勢いで、世界にも!!