自然食の落とし穴から抜け出す

今日は、セミナー受講者からのうれしいお便りを紹介します。

 

未来食セミナーScene1を受けられた方です。

 

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。

 

つぶつぶに出会う前の私は、
子供の病気に重ねて自分にも病気が発覚するというダブルパンチで、
人生どん底の状態でした。

 

何か希望を持てるものはないかと
様々な食事療法を調べていましたが、
当時の私は、不安を煽る情報にただただ振り回されるばかりで、
調べれば調べるほど「あれはダメ。コレも危険」と制約が増え、
家族との衝突も絶えませんでした。

 

「じゃあ何を食べたらいいの?
そんな食事で栄養は大丈夫なの?」

 

という突っ込みに何も答えられず、
そんな自分がもどかしくて常にイライラピリピリしていました。

 

好きなものを好きなように食べて
あっけらかんと楽しく生活している友人を羨ましく思いながら、

 

「病気になった以上、
食べる喜びは求めてはいけないんだ」

 

と自分に言い聞かせていました。

 

そんな頃、

偶然見つけたつぶつぶのお料理教室。

 

シンプルで、おいしくて、何より印象的だったのは
講師のキラキラの笑顔でした。

 

「卵もお肉も魚も使わないのに、美味しくて、しかも栄養満点?
それってどういうこと?」

 

と、半信半疑ながらもどんどん引き込まれていきました。

 

病気や汚染などの不安に焦点をあてるのではなく、
自分を信じ、生命力溢れる体をつくっていくということ。

 

心と身体はつながっているということ。

 

だからこそ「おいしい」が大切だということ…

 

今までの食事療法とは根本から違う
つぶつぶの明るく前向きな考え方に、
固まっていた心がどんどんほぐれていくのを感じました。

 

未来食セミナーScene1では、なぜつぶつぶなのか、
そしてなぜ動物性を食べなくても大丈夫なのかという
今までの疑問のひとつひとつがクリアになり、

これなら大丈夫!と、確信を持って
つぶつぶワールドに飛び込むことができました。

 

堂々と料理ができる!

堂々と食べられる!

 

…長い間忘れていたワクワクする気持ち、
美味しさに感動する心がよみがえってくるのを感じました。

 

家族の疑問にも自信を持って答えられるようになり、
ピリピリしていた我が家の食卓にも笑顔が戻りました。

 

今は始めてまだ数ヵ月ですが、
自分の病気はずっと異常値だったものがやっと正常になり、
子供の病気も順調に回復しており、
少しずつ体が変わってきているのを感じています。

 

心も変わったのか、表情が明るくなったねと言われることも。

 

何より、自分の感覚を信じて生きられるようになったことが
いちばん大きな収穫だったように思います。

 

これからも、つぶつぶのおいしさを存分に味わいながら、
病気に負けない、たくましい体を作っていこうと思います。

 

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。

 

 

あれもダメ、これもダメと制限していた心が、
つぶつぶに出会って解放された、

 

おいしいものや甘いものを我慢していたのが、
食べていいんだと分かって毎日楽しい、

 

どの情報を信じていいか分からなかったのが、
自分の感覚を信頼できるようになった、

 

そんな声が圧倒的に多いです。

 

 

こう言うと「えっ!」と驚く方もいらっしゃるのですが・・・

 

批判、不安、恐れ、制限といったネガティブな感情では
いくら食事を変えても、健康にはなれません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

それは何故か?
ゆみこが、ブログで科学的に説明しています。

 

ここ、ほんとーに大事です!!
ぜひ見てくださいね。
↓ ↓ ↓
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

美しい細胞、元気な細胞を育てれば 美と若さと健康を保てる
http://tubutubu-grandma-yumikoblog.net/2013/12/12/583

自然食の落とし穴から抜け出す力は ごはんへの信頼の心から
http://tubutubu-grandma-yumikoblog.net/2013/12/13/590

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –