skip to Main Content

3.料理して食べる暮らしが無理なく日常に根付く ー つぶつぶの実践から得られること(3/6)

今日は、つぶつぶの実践から得られるもの

「3. 料理して食べる暮らしが無理なく日常に根付く」についてお届けします。

 

楽しく、
おいしく、
カンタンに、
忙しい方でも無理なくできる!

のが、つぶつぶクッキングの魅力です♪

 

 

未来食セミナーとその実践から得られるもの(3/7)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3.料理して食べる暮らしが無理なく日常に根付く

 

家族も友人も、どんな美食家も納得のおいしさ
シンプルでシステマティックな宇宙ルールに沿った料理術
年齢、性別、ライフスタイルの違いをカバーする食卓術
料理が楽しくなり、どんどん自分流のレシピが生まれる

 

「食べる」ということは、貴重な自分自身の生命を育て、維持するために
欠かすことのできない最重要の生活行動です。

 

そして、「生活」という言葉の意味は、「生命を活かす毎日の行い」
を表す言葉です。

 

生活行動の中でも、誰にも絶対に欠かせない基本行動、
それが、息をすること、飲むこと、食べることです。

 

何を飲み、何を食べるか、が生命の状態にとって
一番大きな影響を与えます。

 

そんなに重要な食生活がいつの間にか
誤解の連鎖のマスコミ情報と工場依存の商業主義によって、
汚染、破壊されてしまいました、

 

食の主権を家庭に取りもどすことは、
今、脱原発と並んで取り組むべき最重要課題です。

 

とはいえ、一億総グルメといわれるほどの贅沢な食卓で育った
現代人、現代っ子にそれを提案するには、
商業主義のどのグルメもかなわないほどおいしい、
見た目も魅惑的、という料理でなければ誰もシフトできません。

 

複雑な社会の中で孤立して暮らす現代人はとっても忙しいし、
食べることは毎日のことなので、
短時間で手早くできて保存も、活用も楽な料理法でなければ続けられません。

 

何より、楽しくないことを毎日実践するのは不可能です。

 

これらの難題をすべて解決する食の心と技が
つぶつぶ未来食です。

 

つぶつぶグランマゆみこ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

未来食つぶつぶは、
体のしくみにあった本来の食生活を
創造的に楽しむ新しいグルメの提案です。

 

「おいしい!」
新しいけど懐かしい未知のおいしさ!

 

Scene1では、いのちを輝かせる食の神髄がわかり、
基本レシピや速効サバイバル食術を学ぶことができます。

 

計算や制限のまったくいらない食の世界への入り口
それが、未来食セミナー・シーン1です。

 

不安や恐れから自由になって、のびのびと思いっきり食べることを
楽しめるようになるセミナーです。

 

 

つぶつぶの食世界にポーンとワープすると、

 

そこには、今のあなたには想像することもできない
自由と喜びの毎日があります。

 

残念ながら、本ではお伝えすることができません。
知識から自由になるプロセスは、
知識ではお伝えすることができないのです。

 

1日も早く知って、安心と健康を
手に入れて欲しいと思っています。

 

 

 

〜〜〜 未来食セミナーScene1を受講し、
未来食つぶつぶを実践されている方の声を紹介します 〜〜〜

 

自己流の菜食を始めてから痩せてしまった体重が、Scene1の後1ヶ月で元に戻りました。
主人が「これまでの野菜料理もおいしかったけど、おかわりしたいとまでは思わなかった。
でもつぶつぶの料理はおかわりしたいと思える」と言ってくれました。
(2013年2月受講、30代、山本さん)

 

 

・夫が、毎日の食事がさらに美味しくなったと言ってくれた
・メニューのレパートリーが増えた
・子どもにお菓子のリクエストをされてもパッと作れるようになった
(2013年4月受講、30代、匿名希望)

 

 

肉やら調味料やら余計なものを買わなくなったせいか、食費が少なくなった気がする。
また、買い物にいく回数も減り楽になった。
作りたいものがたくさんあって嬉しい!
(2012年12月受講、20代、橘絢子さん)

 

 

家族は肉食で、マクロビは大反対でしたが、
ゆみこさんのレシピはどれもとても美味しいので満足してくれました。
(2012年9月受講、50代、Kさん)

 

 

忙しい毎日の中、今まではため息をつきつつお料理をしていたことが多かったのですが、
つぶつぶに出会えてからは、お料理が楽しくなりました。新鮮な驚きの連続です。
(2013年2月受講、40代、匿名希望)

 

 

料理を作るのは嫌いではなかったのですが、
セミナーを受けて、つぶつぶの本を見てお料理をしてみて
「私はきちんと料理していなかった!」「素材と向き合っていなかった!」
とはっきり分かりました。
(2012年5月受講、40代、Hさん)

 

 

どんどん料理につぶつぶを取り入れています。
肉や魚がなくても完成度の高い料理ができるようになって楽しいです。
(2012年11月Scene3受講、30代、匿名希望)
PS.

「料理が楽しくなった!」っていう声は
とってもとっても多いです。

 

つぶつぶクッキングは、基本はシンプル&簡単。
なのに、誰もが驚くような新鮮でおいしい料理が作れるので
楽しいんです♪

 

家族や友人にふるまうと、
「え〜〜〜っ、これが雑穀!?」
「おいしい!!!」「はじめての味!」
ってとっても感激してくれるので、快感ですよ(笑)

 

 


365日毎朝届く雑穀×ビーガン×おいしい 未来食つぶつぶレシピメルマガ

詳しくはこちら»

Back To Top